CAD演習ⅠA

科目基礎情報

学校 舞鶴工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 CAD演習ⅠA
科目番号 0162 科目区分 専門 / 必修
授業形態 演習 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電子制御工学科 対象学年 3
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 「基礎からのマシンデザイン」(森北出版)
担当教員 仲川 力

目的・到達目標

1 機械設計製図の概要について理解する。
2 機械設計製図に必要な投影法について理解する。
3 機械設計製図の寸法記入について理解する。
4 公差・表面仕上げについて理解する。
5 各種材料の性質と用途について理解する。
6 機械要素設計について理解する。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1機械設計製図の概要について十分に理解している。機械設計製図の概要について理解している。機械設計製図の概要について理解できていない。
評価項目2機械設計製図に必要な投影法について十分に理解している。機械設計製図に必要な投影法について理解している。機械設計製図に必要な投影法について理解できていない。
評価項目3機械設計製図の寸法記入について十分に理解している。機械設計製図の寸法記入について理解している。機械設計製図の寸法記入について理解できていない。
評価項目4公差・表面仕上げについて十分に理解している。公差・表面仕上げについて理解している。公差・表面仕上げについて理解できていない。
評価項目5各種材料の性質と用途について十分に理解している。各種材料の性質と用途について理解している。各種材料の性質と用途について理解できていない。
評価項目6機械要素の製図法を十分に理解している。機械要素の製図法を理解している。機械要素の製図法を理解できていない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (H) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
設計とは機能や工程を考え構想する活動である。図面は設計者が線,文字,記号などを用いて立体形状を正確に製作者に伝達する手段であり,工業の技術情報を表現する言語である。この科目では機械設計製図の規格や標準(通則)を理解し,機械部品などの作図できることを目標とする。
授業の進め方と授業内容・方法:
講義の前半は教科書と配布物による説明を行い,後半は簡単な製図の実技を行う。講義内容は,必ずノートに記録すること。
注意点:
【成績の評価方法・評価基準】
定期試験(90%),課題等(10%)を評価方法とする。到達目標の各項目について,理解や計算の到達度を評価基準とする。

【備考】
演習を行うので定規,コンパスを持参すること。

【教員の連絡先】
教 員 名 仲川力
研 究 室 S棟3階
内線電話 8958
e-mail: chikaアットマークmaizuru-ct.ac.jp(アットマークは@に変えること。)

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 シラバスの説明
機械設計製図の概要
1 機械設計製図の概要について理解する。
2週 設計の定義,投影法 2 機械設計製図に必要な投影法について理解する。
3週 製図用具,文字と線 1 機械設計製図の概要について理解する。
4週 寸法記入(その1) 3 機械設計製図の寸法記入について理解する。
5週 寸法記入(その2) 3 機械設計製図の寸法記入について理解する。
6週 公差と仕上げ(はめあい) 4 公差・表面仕上げについて理解する。
7週 公差と仕上げ(表面性状) 4 公差・表面仕上げについて理解する。
8週 中間試験
2ndQ
9週 中間試験問題の解説
幾何公差(その1)
4 公差・表面仕上げについて理解する。
10週 幾何公差(その2),図面・部品管理
4 公差・表面仕上げについて理解する。
11週 機械材料
5 各種材料の性質と用途について理解する。
12週 ねじの製図
6 機械要素設計について理解する。
13週 軸固定要素の製図
6 機械要素設計について理解する。
14週 歯車の製図
6 機械要素設計について理解する。
15週 ばね,溶接部の製図 6 機械要素設計について理解する。
16週 期末試験

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合90000100100
基礎的能力0000000
専門的能力90000100100
分野横断的能力0000000