創造設計プロジェクト

科目基礎情報

学校 舞鶴工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 創造設計プロジェクト
科目番号 0174 科目区分 専門 / 必修
授業形態 実験・実習 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 電子制御工学科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 4
教科書/教材 適宜、指導書を配布する。また、moodleからも配布する。いまからはじめるNC工作、眞柄賢一、オーム社、いまからはじめる電子工作、町田秀和、オーム社 2008年度の様子 http://www.maizuru-ct.ac.jp/control/machida/4spbl2008/
担当教員 仲川 力,町田 秀和,若林 勇太

目的・到達目標

1.ロボットコンテストの要求を把握する。
2.アイデアをまとめ、役割を分担する。
3.各部の開発を計画的に行う。
4.新規性・特許性を調査し、特色を発表する。
5.どうすれば性能を発揮できるかの知見を得る。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1修得した知識を統合し,製品やシステムを考案できる。修得した知識を統合できる。修得した知識を統合できず,製品やシステムを考案できない。
評価項目2課題の提案・報告などを適切にまとめ,発表できる。課題の提案・報告,発表を間に合わせられる。課題の提案・報告などを適切にまとめられず,発表できない。
評価項目3責任を自覚し、互いに協力し合い、チームの目的達成に貢献できる。自分の役割を果たし、チームの目的達成に貢献できる。責任を自覚し、互いに協力し合えず、チームの目的達成に貢献できない。
評価項目4新規性・特許性を十分に調査し、特色を発表できる。新規性・特許性を調査し、特色を発表できる。新規性・特許性を調査できず、特色を発表できない。
評価項目5どうすれば性能を十分に発揮できるかの知見を得ている。どうすれば性能を発揮できるかの知見を得ている。どうすれば性能を発揮できるかの知見を得ていない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (C) 説明 閉じる
学習・教育到達度目標 (G) 説明 閉じる
学習・教育到達度目標 (I) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
 1チーム4名、合計10チームに編成する。そして年度毎に新しく考案されるロボットコンテスト課題の要求を把握し、チーム内討議、資料調査に基づきアイデアをまとめる。ここで、新規性・特許調査を行い、自チームの特色をプレゼンテーションする。
 機構設計製作、組込マイコン開発、戦略構築、そしてそれらをまとめるリーダーの四つの役割を分担し、それぞれの開発方法の説明を受け、計画的に開発を進める。
 コンテストは予選および決勝リーグ戦で行い、性能発揮のための知見を得る。
授業の進め方と授業内容・方法:
【授業方法】
 1チーム4名、合計10チームに編成する。そして年度毎に新しく考案されるロボットコンテスト課題の要求を把握し、チーム内討議、資料調査に基づきアイデアをまとめる。ここで、新規性・特許調査を行い、自チームの特色をプレゼンテーションする。
 機構設計製作、組込マイコン開発、戦略構築、そしてそれらをまとめるリーダーの四つの役割を分担し、それぞれの開発方法の説明を受け、計画的に開発を進める。
 コンテストは予選および決勝リーグ戦で行い、性能発揮のための知見を得る。
【学習方法】
1.事前に、種々のロボットコンテストを調査し、参加するための心構えをしておく。
2.競技課題説明書(ルールブック)を詳しく検討し、チーム内討議、資料調査に基づきアイデアをまとめる。
3.役割分担を明確にし、それぞれ担当の開発方法を良く把握し、計画的に開発を進める。
4.新規性・特許性を調査して特色を発表し、コンテストにおいては、どうすれば性能を発揮できるかの知見を得る。



注意点:
【成績の評価方法・評価基準】
 成績の評価方法は、毎回の作業報告(30%)、各担当部門の提出物(40%)、プレゼンテーション(30%)に基づく。その評価は、プロジェクトを成功に導くための、各チーム内の貢献具合が到達目標に対する到達度を基準とする。
【履修上の注意】
 工具、グラフ用紙、電卓を持参すること。
電子工作の作業が多いので慎重さを要する。
【学生へのメッセージ】
ロボットコンテストは20年を超える歴史を持ち、すっかり恒例イベントとして定着した。これに参加するためには、競技課題に上手く対応した画期的なアイデアを思いつくことがまずはじめに来る。次に、そのアイデアを実現するためには、どのような材料や部品があるのか、また機構、電子回路、プログラムなどなどの定番の開発を計画的にこなしていかねばならない。そして、コンテストにおいてはコンテストにおいては、どうすれば性能を発揮できるかの知見を得られれば勝ち抜いて栄冠を得られる。また、コスト管理や新規性・特許性を調査して特色を発表することも、会社での新製品開発のための貴重なシミュレーションとなる。
 思い通りに自在に動作するロボットを構築できるよう、環境を整えるので思う存分に戦って欲しい
【連絡先】
教 員 名 仲川力、町田秀和
研 究 室 S棟3階、A220 
内線電話 8959、8957
e-mail: chica/machida@maizuru-ct.ac.jp

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 ガイダンス:ルール説明会、材料の説明/配布、ルール検討会、基本アイデアディスカッション 1.ロボットコンテストの要求を把握する。
2週 COC+の一環として、地元地域企業からスケジューリングを中心とした開発方法のレクチャーを受ける 1.ロボットコンテストの要求を把握する。
2.アイデアをまとめ、役割を分担する。
3週 リーダー、機構設計開発、マイコン開発、戦略構築を並行に進行する。
各週の初めにはミーティングとスケジュール確認を行う。
3.各部の開発を計画的に行う。
4週 作業継続 3.各部の開発を計画的に行う。
5週 作業継続 3.各部の開発を計画的に行う。
6週 作業継続 3.各部の開発を計画的に行う。
7週 作業継続 3.各部の開発を計画的に行う。
8週 作業継続 3.各部の開発を計画的に行う。
4thQ
9週 作業継続 3.各部の開発を計画的に行う。
10週 作業継続 3.各部の開発を計画的に行う。
11週 作業継続 3.各部の開発を計画的に行う。
12週 作業継続 3.各部の開発を計画的に行う。
13週 作業継続 3.各部の開発を計画的に行う。
14週 作業継続 3.各部の開発を計画的に行う。
15週 コンテスト:予選、決勝リーグを行い、COC+の一環として地元地域企業から開発の成果の評価および今後の課題を指摘していただく。 4.新規性・特許性を調査し、特色を発表する。
5.どうすれば性能を発揮できるかの知見を得る。
16週 プレゼンテーション、反省会、来年度のルール検討 4.新規性・特許性を調査し、特色を発表する。
5.どうすれば性能を発揮できるかの知見を得る。

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合040300300100
基礎的能力0000000
専門的能力040300300100
分野横断的能力0000000