測量学Ⅱ

科目基礎情報

学校 舞鶴工業高等専門学校 開講年度 令和04年度 (2022年度)
授業科目 測量学Ⅱ
科目番号 0013 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 建設システム工学科 対象学年 2
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 堤隆著「改訂測量学I」(コロナ社),岡林巧著「改訂測量学Ⅱ」(コロナ社)
担当教員 粟野 周一

到達目標

1 平板測量の器械の据付と取扱いを説明できる。
2 細部測量の方法、誤差を説明できる。
3 トラバース測量を説明できる。
4 閉合トラバースの計算ができる。
5 測定結果から、面積や体積の計算ができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1平板測量の器械の据付と取扱いを十分に説明できる。平板測量の器械の据付と取扱いを説明できる。平板測量の器械の据付と取扱いを説明できない。
評価項目2細部測量の方法、誤差を十分に説明できる。細部測量の方法、誤差を説明できる。細部測量の方法、誤差を説明できない。
評価項目3トラバース測量を十分に説明できる。トラバース測量を説明できる。トラバース測量を説明できない。
評価項目4閉合トラバースの計算が十分にできる。閉合トラバースの計算ができる。閉合トラバースの計算ができない。
評価項目5測定結果から、面積や体積の計算が十分にできる。測定結果から、面積や体積の計算ができる測定結果から、面積や体積の計算ができない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (B) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
測量は建設分野における設計・施工・維持管理において必要とされる技術である。測量学Ⅰ、Ⅱ、および測量実習で測量学概説・距離測量・水準測量・平板測量・角測量・トラバース測量・三角測量などの測量方法と面積体積の計算につ いて学習する。

授業の進め方・方法:
【授業方法】
主にトラバース測量,面積及び体積の計算方法について学ぶ。

【学習方法】
教科書や授業中の演習課題を中心に学習すること。

注意点:
【成績の評価方法・評価基準】
2回の定期試験(70%),演習等(30%)を評価方法とする。試験時間は50分とする。到達目標の各項目について,理解や計算の到達度を評価 基準とする。

【備考】
毎授業には電卓を持参すること。

【教員の連絡先】
電話 (090-8821-9876)
e-mail: awanouhei アットマーク ares.eonet.ne.jp(アットマークは@に変えること)

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 平板測量(器具、平板測量の方法) 1
2週 平板測量(平板測量の方法) 1
3週 平板測量(細部測量、誤差の取扱) 2
4週 トラバース測量(トラバース測量の種類) 3
5週 トラバース測量(トラバース測量の手順) 3
6週 トラバース測量(トラバース測量の計算) 4
7週 トラバース測量(トラバース測量の計算) 4
8週 課題学習
2ndQ
9週 トラバース測量(トラバース測量の計算) 4
10週 トラバース測量(面積計算) 5
11週 トラバース測量(演習) 4
12週 面積と体積の計算(面積の計算) 5
13週 面積と体積の計算(面積の計算) 5
14週 面積と体積の計算(体積の計算) 5
15週 面積と体積の計算(演習) 5
16週 (15週目の後に期末試験を実施)
期末試験返却・達成度確認

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合70000300100
基礎的能力0000000
専門的能力70000300100
分野横断的能力0000000