構造力学ⅢB

科目基礎情報

学校 舞鶴工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 構造力学ⅢB
科目番号 0186 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 建設システム工学科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 崎元達郎著「構造力学[第2版] 下 ~不静定編~」森北出版
担当教員 玉田 和也

到達目標

1 エネルギ法の基礎を理解できる。
2 単位荷重法による計算ができる。
3 カステリアーノの定理による計算ができる。
4 最小仕事の原理を用いた不静定構造物の解析ができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1エネルギ法の基礎を理解し,エネルギ保存則によるたわみの計算ができる。 エネルギ法の基礎を理解できる。 エネルギ法の基礎を理解できない。
評価項目2仮想力の原理を理解し,単位荷重法による計算ができる。 単位荷重法による計算ができる。 単位荷重法による計算ができない。
評価項目3仮想力の原理を理解し,カステリアーノの定理による計算ができる。 カステリアーノの定理による計算ができる。 カステリアーノの定理による計算ができない。
評価項目4最小仕事の原理を理解し,不静定構造物の解析ができる。 最小仕事の原理を用いた不静定構造物の解析ができる。 最小仕事の原理を用いた不静定構造物の解析ができない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (A) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
【授業目的】
この教科は企業で橋梁の設計を担当していた教員がその経験を活かし,構造力学について講義形式で授業を行うものである。
本科目の目的は、不静定構造物の概念の理解とたわみ角法,エネルギ法の基礎の修得である。
【Course Objectives】
The aim of this course is focused on the understanding of the concept and the fundamental understanding of the solution method on statically indeterminate structures and the understanding of the slope-deflection method. And the aim of this course is focused on the understanding of the basic energy method.
授業の進め方・方法:
【授業方法】
講義を中心に授業を進める。その展開の中では,すでに修得しているべき基本事項について復習や学生に質問しながら,基本事項の整理を行う。構造力学Ⅲの対象は実務を行う上での素養として,また就職・編入試験にも出題されることから理論と問題解決手法について説明する。また,理解を深めるために,必要に応じて授業時間内での演習問題や授業時間外学習としての課題を課す。
【学習方法】
予習:教科書を事前に読み、疑問点を明らかにしておく。
授業:演習には自ら積極的に取り組むこと。
復習:授業の知識を整理するとともに、練習問題を各自解いてみる。
注意点:
【定期試験の実施方法】
中間・期末の2回の試験を行う。
試験時間は80分とする。
持ち込みは電卓を可とする。
【成績の評価方法・評価基準】
成績の評価方法は,中間・期末,2回の試験の平均値で定期試験結果を評価する(70%)。その他,各単元の演習や必要に応じて課すレポート課題の内容の評価(30%)との合計をもって総合成績とする。
到達目標に基づき,エネルギ法による解法についての到達度を評価基準とする。
【履修上の注意】
毎授業には電卓を持参すること。
【学生へのメッセージ】
4年の構造力学は、それまでの構造力学の理解がその基礎となっている。したがって、理解が不充分の場合は、よく復習をしておいてほしい。また、演習に対しては、積極的に取り組んでほしい。就職試験や大学への編入試験を想定した演習課題もあるので,積極的に取り組んでほしい。
【教員の連絡先】
教 員 名 玉田 和也
研 究 室 A棟2階(A-222)
内線電話 8983
e-mail: tamadaアットマークmaizuru-ct.ac.jp (アットマークは@に変えること。)

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 シラバス内容の説明 エネルギについて~復習 1 エネルギ法の基礎を理解できる。
2週 仕事とエネルギ 1 エネルギ法の基礎を理解できる。
3週 エネルギ保存則 1 エネルギ法の基礎を理解できる。
4週 仮想仕事,仮想変位 1 エネルギ法の基礎を理解できる。
5週 エネルギ保存則によるたわみの計算 1 エネルギ法の基礎を理解できる。
6週 仮想力の原理によるたわみの計算(単位荷重法) 2 単位荷重法による計算ができる。
7週 演習 2 単位荷重法による計算ができる。
8週 中間試験
4thQ
9週 カステリアーノの定理 3 カステリアーノの定理による計算ができる。
10週 カステリアーノの定理を用いた解法 3 カステリアーノの定理による計算ができる。
11週 演習 3 カステリアーノの定理による計算ができる。
12週 最小仕事の原理 4 最小仕事の原理を用いた不静定構造物の解析ができる。
13週 最小仕事の原理を用いた不静定構造物の計算 4 最小仕事の原理を用いた不静定構造物の解析ができる。
14週 演習 4 最小仕事の原理を用いた不静定構造物の解析ができる。
15週 演習 3 カステリアーノの定理による計算ができる。
4 最小仕事の原理を用いた不静定構造物の解析ができる。
16週 期末試験

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
専門的能力分野別の専門工学建設系分野構造仮想仕事の原理を用いた静定の解法を説明できる。4後1,後2,後3,後4,後5,後6,後7,後8,後9,後10,後11,後16
建築系分野構造不静定構造物の解法の基本となる応力と変形関係について説明できる。4後12,後13,後14,後15,後16

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合70000300100
基礎的能力0000000
専門的能力70000300100
分野横断的能力0000000