日本文化論

科目基礎情報

学校 舞鶴工業高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 日本文化論
科目番号 1050 科目区分 一般 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 総合システム工学専攻 対象学年 専2
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 田村修一『芥川龍之介 青春の軌跡』(晃洋書房)ほか適宜プリント配布
担当教員 田村 修一

到達目標

➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1近代文化が古典文学を如何に吸収したかの理解が顕著にできている。近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できると認められる。近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できない。
評価項目2近代文学作品を顕著に読み解くことができる。近代文学作品を読み解くことができると認められる。近代文学作品を読み解くことができない。
評価項目3日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質の理解が顕著にできている。日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できると認められる。日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できない。
評価項目4古典文学の鑑賞をすることが優れてできる。古典文学を鑑賞することができると認められる。古典文学を鑑賞することができない。

学科の到達目標項目との関係

(E) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
本講義は、芥川作品とその典拠となった古典文学を読むことによって、近代日本文化の本質の一端に触れることを目的とする。芥川文学は日本の古典文学と西洋の近代文学を融合・発展させたものであり、そのことは、近代日本文化(また文明にも)全体に通ずる普遍性を持っている。
授業の進め方・方法:
講義を中心に進める。適宜学生を指名し、音読させ、発問する。質疑は自由にしてよい。課題レポートも与える。
注意点:
定期試験の結果(50%)・課題レポートの評価(50%)の合計をもって総合評価とする。到達目標に基づいた達成度を評価の基準とする。
研究室 B棟3階(B-303)
内線電話 8905
e-mail: tamuraアットマークmaizuru-ct.ac.jp (アットマークは@に変えること。)

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 シラバス内容の説明、「羅生門」と『今昔物語集』① ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。
2週 「羅生門」と『今昔物語集』② ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。
3週 「羅生門」と『今昔物語集』③ ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。
4週 「鼻」と『宇治拾遺物語』・『今昔物語集』① ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。
5週 「鼻」と『宇治拾遺物語』・『今昔物語集』② ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。
6週 「蜘蛛の糸」と鈴木大拙『因果の小車』① ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。
7週 「蜘蛛の糸」と鈴木大拙『因果の小車』② ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。
8週 「地獄変」と『宇治拾遺物語』・『平家物語』① ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。
4thQ
9週 「地獄変」と『宇治拾遺物語』・『平家物語』② ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。
10週 「地獄変」と『宇治拾遺物語』・『平家物語』③ ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。
11週 「奉教人の死」と『聖人伝』・『南蛮本平家物語』① ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。
12週 「奉教人の死」と『聖人伝』・『南蛮本平家物語』② ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。
13週 「奉教人の死」と『聖人伝』・『南蛮本平家物語』③ ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。
14週 「芋粥」と『今昔物語集』・『宇治拾遺物語』 ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。
15週 「芋粥」と『今昔物語集』・『宇治拾遺物語』 ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。
16週 定期試験、定期試験返却・到達度確認 ➀古典文学を鑑賞することができる。
②近代文化が古典文学を如何に吸収したかを理解できる。
③近代文学作品を読み解くことができる。
④日本の伝統文化と西洋の近代文化を融合・発展させた近代日本文化の特質を理解できる。

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合50000500100
基礎的能力50000500100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000