日本語Ⅳ(留学生科目)

科目基礎情報

学校 明石工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 日本語Ⅳ(留学生科目)
科目番号 0029 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 電気情報工学科(電気電子工学コース) 対象学年 4
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 『日本語能力試験スーパー模試N1』監修:岡本能里子
担当教員 金子 明美

目的・到達目標

 日本語を正しく使う能力を向上させ、授業および日常の様々な場面で日本語が正しく理解でき、その場面にふさわしい日本語を用いた表現が自由にできるようにする。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1授業および日常の様々な場面で日本語が正しく理解できる。授業および日常の様々な場面で日本語が理解できる。授業および日常の様々な場面で日本語が理解できない。
評価項目2その場にふさわしい日本語を用いて自由に表現できる。その場にふさわしい日本語を用いた表現ができる。その場にふさわしい日本語を用いた表現ができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
漢字・語句・文法・長文読解・聴解練習・朗読・論文・川柳・敬語・面接練習  
授業の進め方と授業内容・方法:
留学生を対象に、下記の授業内容に関する練習を含む講義を行う。
注意点:
・授業に集中する
・宿題を確実にする
・忘れ物をしない
合格の対象としない欠席条件(割合) 1/3以上の欠課

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 授業の進め方・受け方の説明、敬語 左記に関して日本語が正しく扱える。
2週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、敬語 左記に関して日本語が正しく扱える。
3週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、文法 左記に関して日本語が正しく扱える。
4週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、文法 左記に関して日本語が正しく扱える。
5週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、文法 左記に関して日本語が正しく扱える。
6週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、文法 左記に関して日本語が正しく扱える。
7週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、文法 左記に関して日本語が正しく扱える。
8週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、文法 左記に関して日本語が正しく扱える。
2ndQ
9週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、文法 左記に関して日本語が正しく扱える。
10週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、文法 左記に関して日本語が正しく扱える。
11週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、民話 左記に関して日本語が正しく扱える。
12週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、民話 左記に関して日本語が正しく扱える。
13週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、川柳 左記に関して日本語が正しく扱える。
14週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、川柳 左記に関して日本語が正しく扱える。
15週 期末テスト 左記に関して日本語を正しく用いて学習の成果が出せる。
16週 なし
後期
3rdQ
1週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、論文の書き方、慣用句 左記に関して日本語が正しく扱える。
2週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、論文の書き方、慣用句 左記に関して日本語が正しく扱える。
3週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、論文の書き方、四字熟語 左記に関して日本語が正しく扱える。
4週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、論文の書き方、四字熟語 左記に関して日本語が正しく扱える。
5週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、論文の書き方、故事成語 左記に関して日本語が正しく扱える。
6週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、論文の書き方、故事成語 左記に関して日本語が正しく扱える。
7週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、論文の書き方 左記に関して日本語が正しく扱える。
8週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、論文の書き方 左記に関して日本語が正しく扱える。
4thQ
9週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、論文の書き方 左記に関して日本語が正しく扱える。
10週 漢字、語句、音読、長文読解、聴解、編入試験対策 左記に関して日本語が正しく扱える。
11週 漢字、語句、音読、長文読解、ディスカッション 左記に関して日本語が正しく扱える。
12週 漢字、語句、音読、長文読解、ディスカッション 左記に関して日本語が正しく扱える。
13週 漢字、語句、長文読解、聴解、面接演習 左記に関して日本語が正しく扱える。
14週 漢字、語句、長文読解、聴解、面接演習 左記に関して日本語が正しく扱える。
15週 期末テスト 左記に関して日本語を正しく用いて学習の成果が出せる。
16週 なし

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週

評価割合

試験課題・ノート整理・小テスト合計
総合評価割合7030100
基礎的能力7030100
専門的能力000
分野横断的能力000