アクティブラーニング入門

科目基礎情報

学校 明石工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 アクティブラーニング入門
科目番号 0010 科目区分 一般 / 必修
授業形態 演習 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 建築学科 対象学年 1
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 『学習設計マニュアル』(北大路書房)
担当教員 竹岡 篤永

到達目標

1)高専(高等教育機関)で必要とされる自律的な学び方を実践することができる。
2)協同学習の基本技法を実践することができる。
3)授業時間外に自主的な学習することができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1(1)自分自身の学習スタイル・特徴に基づいて、自分にふさわしい自律的な学び方がどういうものであるかを説明できる。自分自身の学習スタイル・特徴を判定でき、学んだ範囲の自律的な学び方について説明できる。学習スタイル・特徴、自律的な学び方を説明できない。
評価項目1(2)自分自身の学習スタイル・特徴に基づいて、自分にふさわしい学び方を実践できる。自分にふさわしい学び方を実践できる。自分にふさわしい学び方を実践できない。
評価項目2(1)学んだ範囲の協同学習の基本技法について、それぞれの特徴を挙げながら説明ができる。いくつかの協同学習の基本技法の説明ができる。協同学習の基本技法の説明できない。
評価項目2(2)学んだ範囲の協同学習の基本技法をすべて実践できる。学んだ範囲の協同学習の基本技法をいくつか実践できる。協同学習の基本技法を実践できない。
評価項目3副学習教材について、授業時間外に自主的に学習を進めることができ、合格基準に達することができた。副学習教材について、促しに応じて学習を進めることができ、合格基準に達することができた。副学習教材について、学習を進めることができず、合格基準に達することができなかった。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (D), 学習・教育到達度目標 (E)

教育方法等

概要:
高等教育機関(高専)は、「自ら課題を設定し、それにふさわしい解を見つけ出す」方法を身につける場です。そのためには、自ら進んで、また、自分にふさわしい方法で行う練習が必要になります。アクティブラーニング入門は、このような方法について学び、練習をし、できるようになるために設定された科目です。
授業の進め方と授業内容・方法:
テキストに基づいて、さまざまな学び方の技法を学びます。ほんとうに学べているのか、クイズや練習問題で確かめ、それらの学びを自分でどう実践していくのかを整理して書いてもらいます。また、グループワークによって、学びを確かめる機会も設けています。
注意点:
1)パソコンなどのICT機器を使います。操作に慣れていない人は早めに慣れる必要があります。ただし、授業中には練習の機会は設けません。
2)授業外にeラーニングシステム(Moodle)を使った副学習(タスク)があります。これらの活動も評価の対象とします。
3)全授業の1/4以上を休んだ場合、最終評価を受けることはできません。
4)最終評価には4つの項目があります。練習問題・タスク・試験・最終レポートです。以下の条件によって最終評定を出します。
 ・練習問題→全部を提出し、かつ、6割以上の得点を得ること
 ・タスク→全部を提出し、かつ、6割以上の得点を得ること
 ・試験→6割以上の得点を得ること
 ・最終レポート→6割以上の得点を得ること

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 自分の学びと向き合う(オリエンテーション) 学習を取り巻く環境、学びの深さ、これからの学びの重要性に基づいて、学びのデザインの必要性が説明できる。
2週 学び合う下地をつくる 学びの場で予測される多様性について説明でき、傾聴・アサーティブが実践できる。
3週 高専での期待とこれからの目標 高専での期待とこれからの目標について説明できる。
4週 学習スタイルを把握する 学習スタイルの違いについて説明でき、自分にあった学習スタイルを実践できる。
5週 時間を管理する タイムマネジメントの方法を例示でき、締め切りとできばえを意識した時間管理ができる。
6週 失敗に強くなる 失敗から学ぶ方法を説明でき、自律的援助を活用した学びが実践できる。
7週 学習意欲を高める 自らが抱えている学習意欲の問題について説明でき、学習意欲を高めることができる。
8週 理解を促す 教え方の組み立てについて説明でき、不足があれば自ら補うことができる。
9週 中間試験 ここまでに学んだことが説明できる。
10週 中間試験の振り返り 中間試験を振り返り、自分にふさわしい学習方法を見いだすことができる。
11週 仲間と力を合わせる 協同学習の重要性を説明でき、協同学習のグランドルールを提案できる。
12週 意見を出し合い整理する 協同学習の技法を説明でき、ブレインストーミング、KJ法の練習が実践できる。
13週 協同学習の練習①
(テーマを決める)
これまでに学んだ協同学習の技法を活用しながら、グループでテーマが設定できる。
14週 協同学習の練習②
(計画する)
これまでに学んだ協同学習の技法を活用しながら、グループで設定したテーマの実行計画が立てられる。
15週 協同学習の練習③
(発表する)
決めたテーマに沿って調べたこと、考えたことを発表し、意見を述べたり、意見を聞いたりできる。
16週 半年間の振り返り(最終レポート) 半年間の学びに沿って、自らの実践とこれからの計画について書くことができる。

評価割合

練習問題Moodleタスク試験最終レポート合計
総合評価割合20202040100
基礎的能力00000
専門的能力00000
分野横断的能力20202040100