美術

科目基礎情報

学校 明石工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 美術
科目番号 0013 科目区分 一般 / 選択
授業形態 実技 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 建築学科 対象学年 1
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 編集部:「美術1」、光村図書出版 その他課題に応じて資料となるプリントを配布する
担当教員 大野 良平

到達目標

1. いくつかの方法で美術表現ができる。
2. 作品の鑑賞や合評での批評ができる。
3. 実生活と美術の関わり方を理解する。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1いくつかの方法で自在に美術表現ができる。いくつかの方法で美術表現ができる。いくつかの方法で美術表現ができない。
評価項目2作品の鑑賞や合評での批評が的確にできる。作品の鑑賞や合評での批評ができる。作品の鑑賞や合評での批評ができない。
評価項目3実生活と美術の関わり方を十分に理解している。実生活と美術の関わり方を理解している。実生活と美術の関わり方を理解していない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (A)

教育方法等

概要:
平面描写(デッサン)、立体造形(粘土)、色彩(色材)、発想(イメージ)など、美術表現をとおして個々の感性を磨き、実生活と美術(アート)の関わり方を学ぶ。
授業の進め方と授業内容・方法:
授業は主として美術表現の実技形式で進める。
注意点:
この科目は、長年、現代美術作家としての作家活動やアートを介したまちづくりを実践してきた教員が、その経験を活かし、実技の授業をとおして美術とは何かを問うものである。
個々の主体性を要する科目である。意欲的に制作に取り組むこと。授業ではF6サイズスケッチブックを使用。用具等の忘れ物がないように。教室の後片付けと掃除を義務付ける。
合格の対象としない欠席条件(割合) 1/4以上の欠課

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 授業内容および用具/鑑賞/次回の課題説明1
2週 デッサン1・(描写) デッサン(描写)ができる。
3週 デッサン2・(デフォルメ) デッサン(デフォルメ)ができる。
4週 粘土制作1 粘土制作ができる。
5週 粘土制作2 粘土制作ができる。
6週 粘土制作3 粘土制作ができる。
7週 粘土作品ニス塗り/合評/次回の課題説明2 粘土制作とその合評ができる。
8週 色材料をつかった抽象表現(自然界のイメージ・1) 色材料をつかった抽象表現ができる。
9週 色材料をつかった抽象表現(自然界のイメージ・2) 色材料をつかった抽象表現ができる。
10週 色材料をつかった抽象表現(自然界のイメージ・3) 色材料をつかった抽象表現ができる。
11週 色材料をつかった抽象表現(自然界のイメージ・4) 色材料をつかった抽象表現ができる。
12週 合評/次回の課題説明3 抽象表現の合評ができる。
13週 人物(骨格模写・1) 人物の骨格模写ができる。
14週 人物(クロッキー・1) 人物のクロッキーができる。
15週 人物(クロッキー・2) 人物のクロッキーができる。
16週 期末試験実施せず
後期
1週 合評/次回の課題説明4 模写・クロッキーの合評ができる。
2週 フィールドワーク1(屋外スケッチ・心に残った風景、もの) 屋外スケッチができる。
3週 フィールドワーク2(屋外スケッチ・心に残った風景、もの) 屋外スケッチができる。
4週 フィールドワーク3(屋外スケッチ・心に残った風景、もの) 屋外スケッチができる。
5週 合評/次回の課題説明5 屋外スケッチの合評ができる。
6週 デザイン(キャラクターを考える・1) キャラクターのデザインができる。
7週 デザイン(キャラクターを考える・2) キャラクターのデザインができる。
8週 デザイン(キャラクターを考える・3) キャラクターのデザインができる。
9週 環境アート1(街へ飛び出すアート/美術と社会の関わりについて) 環境アートを鑑賞できる。
10週 環境アート2(街へ飛び出すアート/美術と社会の関わりについて) 環境アートを鑑賞できる。
11週 環境アート3(街へ飛び出すアート/美術と社会の関わりについて) 環境アートを鑑賞できる。
12週 発想表現1(イメージトレーニング) 発想表現ができる。
13週 発想表現2(イメージトレーニング) 発想表現ができる。
14週 発想表現3(イメージトレーニング) 発想表現ができる。
15週 美術総評 総評の内容を理解できる。
16週 期末試験実施せず

評価割合

実技制作出席状況・制作態度合計
総合評価割合8020100
基礎的能力8020100
専門的能力000
分野横断的能力000