建築構造力学ⅢB

科目基礎情報

学校 明石工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 建築構造力学ⅢB
科目番号 0076 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 建築学科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 教科書は、中川肇「基礎から学ぶ建築構造力学 理論と演習からのアプローチ」(㈱井上書院)を使用する。(参考図書)鈴木基行著:構造力学徹底演習、森北出版
担当教員 中川 肇

到達目標

(1)たわみ角法を用いて不静定構造物の応力を求めることができる。また、応力図を描くことができる。
(2)固定モーメント法を用いて不静定構造物の応力を求めることができる。また、応力図を描くことができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1たわみ角法を用いて不静定力学モデルの応力、反力を適切に求めることができる。また、その応力図が適切に描くことができる。たわみ角法を用いて不静定力学モデルの応力、反力を求めることができる。また、その応力図が描くことができる。たわみ角法を用いて不静定力学モデルの応力、反力を求めることができない。また、その応力図が描くことができない。
評価項目2固定モーメント法を用いて不静定力学モデルの応力、反力を適切に求めることができる。また、その応力図が適切に描くことができる。固定モーメント法を用いて不静定力学モデルの応力、反力を求めることができる。また、その応力図が描くことができる。固定モーメント法を用いて不静定力学モデルの応力、反力を求めることができない。また、その応力図が描くことができない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (D), 学習・教育到達度目標 (F), 学習・教育到達度目標 (H)

教育方法等

概要:
建築構造力学は建築構造及び構造設計(鉄筋コンクリート構造、鉄骨構造)の基本となる学問である。本科目は、建築構造力学II(2年)、III A(4年)の応用として、不静定構造物の代表的な解法である、たわみ角法や固定モーメント法について学習する。グローバル教育の一つとして、授業中に建築構造力学に関する専門用語を適宜、説明し授業を進める。試験、演習は英語での出題とする。
この科目は企業で建築構造設計を担当していた教員が、その経験を活かし、建築構造力学の応用について講義形式で授業を行うものである。
授業の進め方と授業内容・方法:
自著「基礎から学ぶ建築構造力学」の教科書を用いて、講義と演習形式で授業を行う。
注意点:
授業中はしっかり聞き、板書を取ること。演習課題は自分で解き、確実に理解すること。判らない箇所は必ず質問し理解した上で先に進むこと。2、3年及び4年生前期の建築構造力学の復習を十分行っておくこと。
合格の対象としない欠席条件(割合) 1/3以上の欠課

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 たわみ角法(1)
たわみ角法の概要、基本式の誘導について講義する。
たわみ角法の概要、基本式の誘導が理解できる。
2週 たわみ角法(2)
第1週に引き続き、基本式の誘導と簡単な不静定梁の応力計算を解説する。
第1週に引き続き、基本式の誘導と簡単な不静定梁の応力計算が理解できる。
3週 たわみ角法(3)
節点方程式について講義を行い、たわみ角法を用いた不静定連続梁、不静定ラーメン構造物の例題を解説する。
節点方程式について講義を聞き、たわみ角法を用いた不静定連続梁、不静定ラーメン構造物の例題を通じて内容が理解できる。
4週 たわみ角法(4)
例題を通じて、たわみ角法を理解させる。
たわみ角法に関する基本的な内容が理解できる。
5週 たわみ角法(5)
章末の演習問題を自主的に解く。適宜、学生の質問を受け、理解させる。
教科書の章末の練習問題を解くことによって、4週までの内容が理解できる。
6週 たわみ角法(6)
演習問題に取り組む。
1~5章の内容を演習を通じて理解する。
7週 たわみ角法(7)
部材の等価剛性、分割率、到達率について講義し、簡単な例題を説明する。
部材の等価剛性、分割率、到達率の内容が理解できる。
8週 中間試験
第1~7週までの範囲から試験を行う。
9週 たわみ角法(8)
節点を移動する不静定ラーメン構造の解法を講義し、簡単な例題を解説する。
節点を移動する不静定ラーメン構造の解法を講義し、簡単な例題を通じて理解できる。
10週 たわみ角法(9)
節点が移動する不静定ラーメン構造の例題を解説し、練習問題を解く。
節点が移動する不静定ラーメン構造の例題を解説し、練習問題を解き理解する。
11週 固定モーメント法(1)
固定モーメント法の概念、概要、図解法を説明する。簡単な不静定連続梁の問題を解説する。
固定モーメント法の概念、概要、図解法を説明を聞き、簡単な不静定連続梁の問題を解くことができる。
12週 固定モーメント法(2)
固定モーメント法を用いた不静定ラーメン構造の例題を解説する。
固定モーメント法を用いた不静定ラーメン構造の例題を通じて理解できる。
13週 固定モーメント法(3)
教科書の章末末の練習問題を自主的に解く。学生の質問を適宜受け、指導する。
巻末問題を解くことによって、11、12週の内容が理解できる。
14週 固定モーメント法(4)
演習問題(2)を行う。
11~13週の内容を演習を通じて理解できる。
15週 大学編入学試験及び就職試験に関する演習
過去に編入学試験に出題された建築構造、材料、施工及び就職試験に出題されやすい専門分野(建築計画、建築史、環境・設備、構造、施工)に関する演習を行う。
編入学試験及び就職試験対策として、過去問を解き、理解を深めることができる。
16週 期末試験

評価割合

試験演習合計
総合評価割合80200000100
基礎的能力0000000
専門的能力80200000100
分野横断的能力0000000