建築工学実験

科目基礎情報

学校 明石工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 建築工学実験
科目番号 0077 科目区分 専門 / 必修
授業形態 実験 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 建築学科 対象学年 4
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 日本建築学会:「建築材料実験用教材」、日本建築学会野口貴文ほか『ベーシック建築材料』彰国社
担当教員 荘所 直哉,角野 嘉則

到達目標

(1)木材、コンクリートや鋼材の機械的性質に関する材料実験の目的や方法が理解できる。
(2)木材、鉄筋コンクリート梁や鉄骨梁の力学的性質に関する構造実験の目的や方法が理解できる。
(3)実験の目的・方法・結果等を踏まえてレポートの作成ができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1材料実験の目的や方法を十分に理解している。材料実験の目的や方法を理解している。材料実験の目的や方法を理解していない。
評価項目2構造実験の目的や方法を十分に理解している。構造実験の目的や方法を理解している。構造実験の目的や方法を理解していない。
評価項目3実験レポートの要件(目的、方法、結果等)を十分に満足している。実験レポートの要件(目的、方法、結果等)を満足している。実験レポートの要件(目的、方法、結果等)を満足していない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (B), 学習・教育到達度目標 (D), 学習・教育到達度目標 (G)

教育方法等

概要:
主要構造材料としての木材やコンクリートや鋼材(鉄筋)の材料的・構造的特性を実験を通して学ぶ。木材や骨材の材料実験、コンクリートの調合設計、強度試験、鉄筋コンクリート梁の載荷実験、H型鋼の載荷実験などを行う。また、建築の材料・設計・施工・測量等に関する課題研究によりそれらの理解を深める。
授業の進め方と授業内容・方法:
実験毎に目的、方法、結果のまとめ等について説明する。実験はグループ単位で実施するが、レポートは各自作成することとする。提出されたレポートはルーブリックに基づく評価を行う。また、課題研究にて演習も行う。
なお、本授業は複数教員担当方式で実施する。
注意点:
講義と実験を関連づけて理解すること。定められた試験方法を的確に行なうこと。実験データは各自で記録・保管し、レポートに反映させること。授業には電卓を持参すること。安全に留意し、実験に相応しい服装や態度であること。
合格の対象としない欠席条件(割合) 1/5以上の欠課

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 概要説明
実験計画・日程などについて説明する。
実験の目的や意義、及び安全管理について理解できる。
2週 実験1(1)
実験1(鉄筋引張試験)説明
鉄筋引張試験の目的、方法、結果の表示が理解できる。
3週 実験1(2)
実験1(前半)、課題研究(後半)
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
4週 実験1(3)
実験1(後半)、課題研究(前半)
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
5週 実験2(1)
実験2(H型鋼の曲げ実験)説明
H型鋼の曲げ実験の目的、方法、結果の表示が理解できる。
6週 実験2(2)
実験2(前半)、課題研究(後半)
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
7週 実験2(3)
実験2(後半)、課題研究(前半)
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
8週 実験レポートの作成
実験を行ったテーマについて、結果を検討し、レポートにまとめる。
修正や追加の支持を検討・理解し、より効果的でわかりやすいレポートにまとめることができる。
9週 実験3(1)
実験3(木材の圧縮と曲げ実験)説明
木材の圧縮と曲げ曲げ実験の目的、方法、結果の表示が理解できる。
10週 実験3(2)
実験3(前半)、課題研究(後半)
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
11週 実験3(3)
実験3(後半)、課題研究(前半)
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
12週 実験4(1)
実験4(砂及び砂利のふるい分け試験)説明
骨材のふるい分け試験の目的、方法、結果の表示が理解できる。
13週 実験4(2)
実験4(前半)、課題研究(後半)
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
14週 実験4(3)
実験4(後半)、課題研究(前半)
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
15週 実験レポートの作成
実験を行ったテーマについて、結果を検討し、レポートにまとめる。
修正や追加の支持を検討・理解し、より効果的でわかりやすいレポートにまとめることができる。
16週 期末試験実施せず
後期
1週 調合設計
骨材のコンクリートの調合設計について説明する。
JASS5に基づく調合設計の方法が理解できる。
2週 実験5(1)
実験5(コンクリートのスランプ試験・空気量試験・打設)説明
コンクリートのスランプ試験・空気量試験・打設の目的、方法、結果の表示が理解できる。
3週 実験5(2)
実験5(前半)、課題研究(後半) 試験体の製作
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
4週 実験5(3)
実験5(後半)、(前半) 試験体の製作
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
5週 実験6(1)
実験6(コンクリートの圧縮・引張試験)説明
コンクリートの圧縮・引張強度試験の目的、方法、結果の表示が理解できる。
6週 実験6(2)
実験6(前半)、課題研究(後半)
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
7週 実験6(3)
実験6(後半)、課題研究(前半)
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
8週 実験レポートの作成
実験を行ったテーマについて、結果を検討し、レポートにまとめる。
修正や追加の支持を検討・理解し、より効果的でわかりやすいレポートにまとめることができる。
9週 実験6(1)
実験6(鉄筋コンクリート梁の試験体作成)説明
鉄筋コンクリート梁の試験体作成の目的、方法が理解できる。また、実験結果の理論的な予測や結果の取りまとめ方法について理解できる。
10週 実験6(2)
実験6(前半)、課題研究(後半)
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
11週 実験6(3)
実験6(後半)、課題研究(前半)
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
12週 実験7(1)
実験7(鉄筋コンクリート梁の載荷実験)説明
鉄筋コンクリート梁の載荷実験の目的、方法、結果の表示が理解できる。
13週 実験7(2)
実験7(前半)、課題研究(後半)
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
14週 実験7(3)
実験7(後半)、課題研究(前半)
グループ活動として実験を実施できる。実験結果のまとめや課題研究を進めることができる。
15週 実験レポートの作成
実験を行ったテーマについて、結果を検討し、レポートにまとめる。
修正や追加の支持を検討・理解し、より効果的でわかりやすいレポートにまとめることができる。
16週 期末試験実施せず

評価割合

試験レポート相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合01000000100
基礎的能力0000000
専門的能力01000000100
分野横断的能力0000000