建築ゼミナール

科目基礎情報

学校 明石工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 建築ゼミナール
科目番号 0085 科目区分 専門 / 必修
授業形態 演習 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 建築学科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 課題に応じて指導担当教員と相談しながら, 参考文献や資料を活用する.
担当教員 A全

到達目標

(1) 各分野に関する事項について, 教員の指導のもとに自主的・継続的に調査研究できる能力を養う
(2) 教員との討議, 発表などを通して適切なコミュニケーション能力を養う

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1教員の指導のもとに自主的・継続的な調査研究が十分にできる教員の指導のもとに自主的・継続的な調査研究ができる教員の指導のもとに自主的・継続的な調査研究ができない
評価項目2教員との討議や発表が十分にできる教員との討議や発表ができる教員との討議や発表ができない

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (D), 学習・教育到達度目標 (E)

教育方法等

概要:
配属された指導教員の下で, 各専門分野の課題について文献講読や調査研究などを行い, 研究課題への基本的な取り組み方を学ぶ.
授業の進め方と授業内容・方法:
配属された指導教員の下で, 各専門分野の課題について文献講読や調査研究などを行い, 研究課題への基本的な取り組み方を学ぶ.
注意点:
指導教員の助言・指導を定期的に受けながら, 与えられた課題に対して, 自主的かつ積極的に取り組み, 自分自身で考えること.
合格の対象としない欠席条件(割合) 1/4以上の欠課

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 受講ガイダンス
受講に際しての, 注意と課題のガイダンスを行う
ゼミナールの進め方について理解できる
2週 研究室への配属, 課題の決定
配属された指導教員の下で, 課題の決定
配属された指導教員の下で, 課題を決定することができる
3週 グループ別ゼミナール
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行う
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行うことができる
4週 グループ別ゼミナール
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行う
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行うことができる
5週 グループ別ゼミナール
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行う
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行うことができる
6週 グループ別ゼミナール
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行う
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行うことができる
7週 グループ別ゼミナール
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行う
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行うことができる
8週 グループ別ゼミナール
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行う
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行うことができる
9週 グループ別ゼミナール
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行う
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行うことができる
10週 グループ別ゼミナール
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行う
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行うことができる
11週 グループ別ゼミナール
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行う
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行うことができる
12週 グループ別ゼミナール
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行う
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行うことができる
13週 グループ別ゼミナール
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行う
配属された指導教員の下で, ゼミナールを行うことができる
14週 課題研究発表用のポスター作成
これまでの研究の成果をまとめ, 発表用のポスターを作成する.
これまでの研究成果をポスター1枚にまとめることができる
15週 課題研究の発表
課題研究の成果をグループ別にポスターで発表する.
ポスターを用いて、わかりやすく発表することができる
16週 期末試験実施せず

評価割合

取り組み状況発表合計
総合評価割合7030100
基礎的能力000
専門的能力70070
分野横断的能力03030