建築学演習

科目基礎情報

学校 明石工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 建築学演習
科目番号 0115 科目区分 専門 / 選択
授業形態 演習 単位の種別と単位数 学修単位: 4
開設学科 建築学科 対象学年 5
開設期 前期 週時間数 4
教科書/教材 安藤直見ほか「建築のしくみ」丸善、藤木庸介編「名作住宅で学ぶ建築製図」学芸出版社、参考文献:日本建築学会編「コンパクト建築設計資料集成」丸善
担当教員 本塚 智貴,荘所 直哉,河野 さや香

到達目標

(1)在来木造工法の構造、部位・部材、立体構成を理解すること
(2)在来木造工法に関する、基本的な建築法規、要求されている空間や機能性を理解したうえで、総合的な計画ができるようになること
(3)2級建築士製図試験に必要な在来木造工法の図面が描けるようになること

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1在来木造工法の構造、部位・部材を理解し、応用的な問題に対し、製図ができる。在来木造工法の構造、部位・部材を理解することができる。在来木造工法の構造、部位・部材が理解できない。
評価項目2要求されている空間や機能性を理解したうえで、自由度の高い条件設定に対応した計画ができる。要求されている空間や機能性を理解したうえで、総合的な計画ができる。要求されている空間や機能性を理解できない。
評価項目32級建築士設計製図試験の合格に必要な在来木造工法の図面が描ける。基本的な在来木造工法の図面が描ける。在来木造工法の図面が描けない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (F), 学習・教育到達度目標 (H)

教育方法等

概要:
実在する在来木造工法住宅の設計図をもとに軸組模型を製作し、在来木造工法の部位・部材、立体構成を学習する。
2級建築士設計製図の問題を解き、総合的な計画力、製図法の基本を習得する。
なお、8週~15週のうち5週は設計事務所で木造住宅の設計を担当していた教員が加わり、その経験を活かした最新の設計手法等について演習形式で授業を行うものである。
授業の進め方と授業内容・方法:
授業は2つの課題に取り組み、計画的に作業を進め、課題を提出する。
課題1(1~8週):木造住宅「白の家」の軸組模型の作成、及び図面作製、プレゼンテーション(担当:本塚)
課題2(9~15週):2級建築士設計製図 試験課題の解答(担当:本塚・荘所・河野)
注意点:
合格の対象としない欠席条件(割合) 1/5以上の欠課
テストは行わず、すべての課題を提出することが最低条件
本科目は、授業で保証する学習時間と、課題作成に 必要な標準的な自己学習時間の総計が180時間に相当する学習内容である。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 オリエンテーション
授業の進め方、課題の説明
課題内容を正しく理解する
2週 木造軸組模型の作成(1)
グループに分かれ、模型製作における計画を行う
模型作製の工程を作成、建物の構成を理解し、材料の積算を行うことができる
3週 木造軸組模型の作成(2)
グループに分かれ、模型製作を行う
適切に役割分担を行ってグループで作業することができる
4週 木造軸組模型の作成(3)
グループに分かれ、模型製作を行う
適切に役割分担を行ってグループで作業することができる
5週 平面図、構造伏図のトレース 建物の空間構成、構造方式を理解し、平面図、構造伏図を完成させることができる
6週 立面図、断面図のトレース 建物の立体構成を理解し、立面図、断面図を完成させることができる
7週 矩計図のトレース 建物の部材、寸法、構造を理解したうえで、平面図等との整合性のとれた矩計図を完成させることができる
8週 プレゼンテーション及び講評会 作製した課題を分かりやすく発表できる
9週 2級建築士試験に関する説明・木造住宅の設計
(1)木造住宅のエスキスの練習
2級建築士試験の内容、求められる知識や技術について説明することができる
10週 木造住宅の設計
(2)木造住宅のエスキスの作成
課題文を読み取り、時間内に求められた平面を計画するができる
11週 木造住宅の設計
(3)木造住宅のエスキスの作成
課題文を読み取り、時間内に求められた平面を計画するができる
12週 木造住宅の設計
(4)木造住宅のエスキスの作成
課題文を読み取り、時間内に求められた平面を計画するができる
13週 木造住宅の設計(4)
在来木造工法の伏図、矩計図の作成
平面計画と整合性のある伏図、矩計図の製図ができる
14週 木造住宅の設計(5)
2級建築士設計製図試験問題の解答案の作成
与えられた課題文を理解し、時間内に整合性のある図面を作成することができる
15週 講評会
模範解答を確認し相互講評を行う
2級建築士試験で求められている図面とは何か説明することができる
16週 期末試験は実施せず

評価割合

試験発表・授業態度相互評価レポート図面その他合計
総合評価割合015520600100
基礎的能力0000000
専門的能力015520600100
分野横断的能力0000000