現代の社会

科目基礎情報

学校 松江工業高等専門学校 開講年度 令和06年度 (2024年度)
授業科目 現代の社会
科目番号 0055 科目区分 一般 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 人文科学科・数理科学科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 必要に応じプリント、写真、映像資料を利用する。参考文献:池上彰『社会人として必要な経済と政治のことが5時間でざっと学べる』(KADOKA、2018年)、図説 世界の紛争がよくわかる本」,毎日新聞社外信部,東京書籍,2001、坂東太郎『「政治のしくみ」が(イチから)わかる本』(日本実業出版社、2016年)、菅原晃『経済学サクわかり中学の教科書から学び直す』(朝日新聞出版、2018年)など
担当教員 鳥谷 智文,朝田 良作,山陰 合同銀行

到達目標

授業を通じて達成が期待される事項は,以下の通りである。
(1)「戦争」の実態を理解し,技術者として平和を実現する倫理観を理解できる。
(2)経済の仕組みや動向について理解できる。
(3)政治の仕組みや動向について理解できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1「戦争」の実態を理解し,技術者として平和を実現する倫理観を十分理解できる。「戦争」の実態を理解し,技術者として平和を実現する倫理観を理解できる。「戦争」の実態を理解し,技術者として平和を実現する倫理観を理解できない。
評価項目2経済の仕組みや動向について十分理解できる。経済の仕組みや動向について理解できる。経済の仕組みや動向について理解できない。
評価項目3政治の仕組みや動向について十分理解できる。政治の仕組みや動向について理解できる。政治の仕組みや動向について理解できない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 G2 説明 閉じる
全学科共通 G7 説明 閉じる

教育方法等

概要:
現代の社会構造や人間の特徴を理解する上で、戦争は避けて通れない。人類は,戦争の度に戦争の愚かさを認識し,平和を築く多くの試みを行う。しかし,戦争は今も世界のどこかで勃発している。戦争の愚かさや平和の尊さなどについての国際的な相互理解に代表される知的・道徳的(倫理的)距離は依然として縮まっていないのではなかろうか。本授業では、まず「戦争」をとりあげ、21世紀に生きる我々が,技術者としてー1人の人間としてー,平和のグローバル化(国際的平和),「戦争のない世紀」をめざすための基礎的思考力(倫理観,相互理解力)を養うことを目標としたい。そして、現代社会を生き抜くために経済の仕組み、政治の仕組みについて基礎的な知識を理解し、社会人として経済や政治の動向を常に把握しようとする力を育てたい。また、経済の中で特に金融については注力する。本授業では、特に政治・経済の分野で外部講師を招聘して授業を展開する。
授業の進め方・方法:
学習目標の達成度の評価:
・レポート100%
・60%以上を合格とする。
注意点:
・授業は,集中して聴き,きちんとメモをとることが必要である。
・本授業は,基礎的な内容しか提示しないので、図書館などでじっくり調査,分析し,理解を深めることが重要である。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 9/29(金)授業概要の説明,第一次世界大戦(鳥谷)  レポート1  当該内容について理解できる。
2週 10/13(金)第二次世界大戦(鳥谷) レポート2  当該内容について理解できる。
3週 10/20(金)外部講師授業「成年年齢引き下げと消費者トラブル」(根来川弘充先生)  レポート3 当該内容について理解できる。
4週 10/27(金)外部講師授業「知っておきたい社会保障制度の種類と役割」(加本るい先生)  レポート4 当該内容について理解できる。
5週 11/2(木)民族紛争,内戦(鳥谷) レポート5 当該内容について理解できる。
6週 11/10(金)外部講師授業「インターネットとの向き合い方~ニセ・誤情報に騙されないために~」(福頼尚志先生) レポート6 当該内容について理解できる。
7週 11/17(金)外部講師授業「消費生活において若者が狙われている/クレジットカード決済の基本(大野遼太先生)レポート7 当該内容について理解できる。
8週 11/24(金)外部講師授業「製品事故と安全な使い方、製造物責任法」(仮題/講師未定) レポート8 当該内容について理解できる。
4thQ
9週 12/1(金)外部講師派遣授業「Let'sエンジョイ エシカルライフ」(篠原 栄先生)
レポート9  
当該内容について理解できる。
10週 12/8(金)選挙などの基本制度とその特徴(外部講師あるいは鳥谷) レポート10 当該内容について理解できる。
11週 12/15(金)外部講師授業「税金などの基本制度とその特徴(仮題)」(松江税務署税務広報広聴官講師依頼中) レポート11 当該内容について理解できる。
12週 12/22(金)外部講師授業「人生に関わっていくお金(仮題)」(山陰合同銀行講師依頼中) レポート12 当該内容について理解できる。
13週 1/19(金)外部講師授業「資産形成の方法(仮題)」(山陰合同銀行講師依頼中) レポート13  当該内容について理解できる。
14週 1/25(木)企業の特徴、公共機関の有効利用(あるいは年金などの基本制度の関係性)(鳥谷) レポート14 当該内容について理解できる。
15週 2/2(金)求人票、給与明細から見える情報(鳥谷) レポート15 当該内容について理解できる。
16週 2/16(金)講評(講演予備日)

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
基礎的能力人文社会科学社会地理歴史的分野世界の資源、産業の分布や動向の概要を説明できる。3
民族、宗教、生活文化の多様性を理解し、異なる文化・社会が共存することの重要性について考察できる。3
第二次世界大戦後の冷戦の展開からその終結に至る日本を含む世界の動向の概要を説明し、そこで生じた諸問題を歴史的に考察できる。3後1
19世紀後期以降の日本とアジア近隣諸国との関係について、その概要を説明できる。3後1
公民的分野人間の生涯における青年期の意義と自己形成の課題を理解し、これまでの哲学者や先人の考え方を手掛かりにして、自己の生き方および他者と共に生きていくことの重要性について考察できる。3
自己が主体的に参画していく社会について、基本的人権や民主主義などの基本原理を理解し、基礎的な政治・法・経済のしくみを説明できる。3
現代社会の考察現代社会の特質や課題に関する適切な主題を設定させ、資料を活用して探究し、その成果を論述したり討論したりするなどの活動を通して、世界の人々が協調し共存できる持続可能な社会の実現について人文・社会科学の観点から展望できる。3後16

評価割合

試験課題合計
総合評価割合0100100
基礎的能力0100100
専門的能力000
分野横断的能力000