英語表現Ⅰ

科目基礎情報

学校 広島商船高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 英語表現Ⅰ
科目番号 1911013 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 一般教科 対象学年 1
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 大修館「Genius English Grammar in 27 Lessons」この教科書は2年生の英語表現Ⅱでも使用するので、大切に扱うこと
担当教員 上杉 鉛一

目的・到達目標

(1) 名詞・動詞・形容詞・副詞の語形変化を覚える。
(2) 単語や語句の文中での「働き」を理解する。
(3) 語や語句の「働き」にもとづいて、文の組み立てを理解する。
(4) 日本語と英語との語順の違いを理解する。
(5) 基本例文を暗記し、それをもとに自分からメッセージを伝えるための英文を作る。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1語尾の変化形に気づき文中での意味が理解できる 名詞や動詞等の不規則変化形を間違えない 名詞や動詞等の不規則変化形を間違える
評価項目2「働き」の違いをもとに、例文が正確に理解できる 「働き」から主語や動詞、目的語等の区別がつく 「働き」から主語や動詞、目的語等の区別がつかない
評価項目3文の組み立ての違いから、例文が正確に理解できる 文の組み立てが区別できる 文の組み立てが区別できない
評価項目4語順の違いや前置詞の働きを理解し、その知識を作文に利用できる 語順の違いや前置詞の働きが分かる 語順の違いや前置詞の働きが分からない
評価項目5暗記した基本例文をもとに、新しい例文が作れる 基本例文を暗記し、筆記や口頭で再現できる 基本例文を暗記せず、筆記や口頭で再現できない

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
(1) 中学校で学習してきた総合的な英語の知識を、文の組み立てや文中での働きを中心に見直して、文法的な理解と知識の整理をする。
(2) 基本例文を暗唱し、それをもとに自分なりの例文が作れるように練習する。






授業の進め方と授業内容・方法:
・中学校で習った英語の知識の「復習」と新しい「見方」の学習になるので、英語が苦手な人は「再スタート」、そうでない人は知識の「定着」と「応用」の授業であることを充分理解し、授業に臨んでください。
・1年生で教科書の半分を学習し、残りは2年生の「英語表現Ⅱ」で学習する。
注意点:
・小テストを重視するので、日々の復習を忘れないこと。
・提出物等の期限は厳守してください。
・学習内容についてわからないことがあれば、積極的に質問してください。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス
Lesson1 文の種類
シラバス確認、評価方法についての説明
文の種類(平叙文、疑問文、命令文、感嘆文)
2週 Lesson 2 動詞と文型(1) 第1文型、第2文型、第3文型
3週 Lesson 3 動詞と文型(2) 第4文型、第5文型
4週 Plus 1 注意すべき動詞 自動詞、他動詞の区別、句動詞
5週 Lesson 4 時制 (1) 現在、現在進行形
過去、過去完了形
6週 Lesson 5 時制(2)
willとbegoing to, その他の未来時制
7週 前期中間試験
8週 答案返却と解説
2ndQ
9週 Lesson 6 完了形(1) 現在完了、現在完了進行形







10週 同上 過去完了、過去完了進行形、未来完了



同上
11週 Lesson 7 完了形(2) 過去完了、過去完了進行形、未来完了
12週 同上 同上
13週 文の種類、文型の復習 平叙文、疑問文、命令文、感嘆文、5文型のふく週
14週 時制の復習
単純時制、進行形、完了形の復習
15週 前期末試験
16週 答案返却と解説
後期
3rdQ
1週 Lesson 8 助動詞(1)
can/could, may/might, must/have to
2週 Lesson 9 助動詞(2) will/would, shall,used to,
3週 Lesson 10 助動詞(3) should, used to, ought to, had better, 助動詞+have + 過去分詞
4週 Lesson 10 助動詞(3) 同上
5週 Plus 2 助動詞を使った表現 慣用表現、that節のshould
6週 助動詞の復習 助動詞の復習
7週 後期中間試験
8週 答案返却と解説
4thQ
9週 Lesson 11 受動態 (1) 基本、様々な受動態(完了形、進行形、4文型、5文型など)





不定詞の名詞的用法、形容詞的用法
10週 Lesson 12 受動態(2) 句動詞、say(believe)など、注意すべき受動態
11週 Lesson 13 不定詞(1) 不定詞の名詞用法、形容詞用法
12週 Lesson 14 不定詞(2) 副詞用法

to-不定詞の意味上の主語
13週 Lesson 15 不定詞(3) 様々な不定詞、原形不定詞
14週 Plus 3 不定詞を使った重要表現
V+ 不定詞、代不定詞、慣用表現
15週 学年末試験
16週 答案返却と解説

評価割合

試験小テスト相互評価態度・ノートポートフォリオその他合計
総合評価割合603001000100
基礎的能力603001000100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000