舶用機関工学

科目基礎情報

学校 広島商船高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 舶用機関工学
科目番号 0005 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 商船学科 対象学年 2
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 パワーポイントにより教科書作成
担当教員 武山 哲

到達目標

(1)船舶に使われている機関の種類,概略を説明できる.
(2)機関の動力が,船舶のプロペラに伝達され,推進する仕組みを説明できる。
(3)熱が機関の仕事に変換される物理的原理を説明できる.
(3)機関の仕事、出力の概略計算方法と単位を把握し説明できる.              

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
船舶に使われている機関の種類、概要を説明できる.ディーゼル機関、ガソリン機関、ガスタービン機関、蒸気機関,原子力機関の区別がつき説明できる.機関の区別がつかない
機関の動力がプロペラに伝わって推進する原理を説明できる.機関の動力が船舶に伝わって馬力を発生する仕組みを説明できる馬力発生の仕組みを説明できない
熱機関が仕事をする基本的な熱力学の原理を説明できる.              燃料が燃焼して熱を発生し,それが仕事に変わるメカニズムを説明できる.熱力学の基本原理を説明できない.
機関の始動の仕方、日常のメンテナンスの基本を説明できる.機関の始動方法,メンテナンスの重要ポイントを説明できる.始動方法,重要なメンテナンスポイントを説明できない.
機関の出力,船舶の出力の発生メカニズムを説明できる.機関の主力、船舶の出力、概略計算方法、単位を説明できる.出力、概略計算方法、単位を説明できる.

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
船舶の運航において,機関とはなにかを学習する.また,船体にはどのような物理的現象が起きていて,それらの現象を理解しながら推進していく原理を理解する。




"(1)船舶の主駆動源である各種機関の概略を理解する.
(2)機関の基本的な作動原理と船舶の推進原理を理解する.                 
(3)船舶の機関の特徴を把握する.
(4)船舶の機関の作動のさせ方、日常のメンテナンスの基本を理解する."








授業の進め方・方法:
(1)船舶の主駆動源である各種機関の概略を理解する.
(2)機関の基本的な作動原理と船舶の推進原理を理解する.                 
(3)船舶の機関の特徴を把握する.
(4)船舶の機関の作動のさせ方、日常のメンテナンスの基本を理解する.






注意点:
(1)船舶の航行における様々な物理的現象の基礎を理解し,これから学習していく商船学科の土台としていく.
(2)決して暗記をするのではなく,現象や本質を理解する姿勢を身につける.

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 1.船舶の機関とは何か 1-(1)船舶にとって機関とは何か
2週 1.船舶の機関とは何か 1-(2)船舶の機関の種類
3週 1.船舶の機関とは何か 1-(3)船舶用の機関それぞれの特徴
1-(3)陸上輸送機器、航空機と船舶の機関の違い
4週 2.動力の伝達と船の推進 2-(1)機関の動力の伝達
5週 2.動力の伝達と船の推進 2-(2)プロペラの回転
6週 2.動力の伝達と船の推進 2-(3)船の推進
7週 前期中間試験
8週 答案返却・解説
2ndQ
9週 3.機関の仕事,馬力 3-(1)機関の仕事とは、基本計算例
10週 3.機関の仕事,馬力 3-(1)機関の仕事とは、基本計算例
11週 3.機関の仕事,馬力 3-(2)機関の馬力とは,基本計算例
12週 3.機関の仕事,馬力 3-(2)機関の馬力とは,基本計算例
13週 3.機関の仕事,馬力 3-(3)船舶における動力の損失
14週 3.機関の仕事,馬力 3-(3)船舶における動力の損失
15週 前期中間試験
16週 答案返却・解説


2-(1)機関の動力の伝達
2-(2)プロペラの回転
2-(3)船の推進




3-(1)機関の仕事とは、基本計算例
3-(2)機関の馬力とは,基本計算例
3-(3)船舶における動力の損失






4-(1)機関の点検
4-(2)機関の始動
4-(3)機関の運転で気を付けること
4-(4)異常の見つけ方
4-(5)異常時の対応
4-(6)機関の停止
1-(2)船舶の機関の種類
1-(3)船舶用の機関それぞれの特徴
1-(4)陸上輸送機器、航空機と船舶の機関の違い



2-(1)機関の動力の伝達
2-(2)プロペラの回転
2-(3)船の推進




3-(1)機関の仕事とは、基本計算例
3-(2)機関の馬力とは,基本計算例
3-(3)船舶における動力の損失






4-(1)機関の点検
4-(2)機関の始動
4-(3)機関の運転で気を付けること
4-(4)異常の見つけ方
4-(5)異常時の対応
4-(6)機関の停止
後期
3rdQ
1週 4.機関の始動,船の発進,日常のメンテナンス 4-(1)機関の点検
2週 4.機関の始動,船の発進,日常のメンテナンス 4-(2)機関の始動
3週 4.機関の始動,船の発進,日常のメンテナンス 4-(3)機関の運転で気を付けること
4週 4.機関の始動,船の発進,日常のメンテナンス 4-(4)異常の見つけ方
5週 4.機関の始動,船の発進,日常のメンテナンス 4-(5)異常時の対応
6週 4.機関の始動,船の発進,日常のメンテナンス 4-(6)機関の停止
7週 4.機関の始動,船の発進,日常のメンテナンス 4-(7)日常のメンテナンス
8週 前期期末試験
4thQ
9週 答案返却・解説
10週 5.船舶用機関の今後の課題 5-(1)船舶用機関の利点
11週 5.船舶用機関の今後の課題 5-(1)船舶用機関の問題点
12週 5.船舶用機関の今後の課題 5-(2)今後の展望
13週 5.船舶用機関の今後の課題 5-(2)今後の展望
14週 前期期末試験
15週 前期期末試験
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合700010020100
基礎的能力700010020100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000