電気電子工学

科目基礎情報

学校 広島商船高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 電気電子工学
科目番号 1932214 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 商船学科(機関コース) 対象学年 3
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 「電気基礎1・2」(実教出版)、船の電気システム(海文堂)
担当教員 大山 博史

目的・到達目標

(1) 交流回路について理解する
(2) 三相交流の構造を理解する
(3)電子回路の基礎を理解する

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
交流回路複素インピーダンスを用いて様々な回路の計算ができるLCRを用いたインピーダンス計算ができるインピーダンスが計算できない。
三相交流複雑な三相交流回路の電流や電圧が計算できる。Y結線、Δ結線を理解し、相電流、線電流、線電圧、相電圧の関係が理解できる。Y結線、Δ結線を理解していない。
電子回路整流回路、増幅回路等の働きを正しく理解し諸量を計算できる。p形半導体n形半導体が理解できる。半導体、ダイオード、トランジスタを理解していない。 半導体、ダイオード、トランジスタを理解していない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
(1)交流回路の知識および、電子回路の基礎知識を習得し、船舶内の電動機、発電機および電子機器に応用できるようにする。
(2)そのために交流の基礎について授業を行い、インピーダンスについて説明を行う。
(3)複素関数を用いた表示についての授業を行う。
(4)三相交流について授業をおこなう。
(5)また基礎的な電子回路についての授業を行う。
授業の進め方と授業内容・方法:
教科書 配布プリントを中心に講義形式で行う。
注意点:
教科書 ノートを 必ず持参すること。
次の時間の授業内容について予め教科書を読み、教科書の太字の用語ならびに式について勉強しておくこと。
海技試験に出題される内容であり、正しく理解するよう努めること。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 直流回路の復習 抵抗、コイル、コンデンサの計算ができる
2週 交流回路1 周波数、周期、角振動数、瞬時値と最大値、実効値、位相と位相差について説明ができる
3週 交流回路1 抵抗だけの交流回路の計算ができる 
4週 交流回路1 インダクタンスだけの交流回路の計算できる
5週 交流回路1 コンデンサだけの交流回路の計算ができる
6週 交流回路1 交流電力について説明ができ、簡単な計算ができる
7週 交流回路1 RL直列回路の計算ができる
8週 前期中間試験
2ndQ
9週 答案返却・解説
交流回路2
RC直列回路の計算ができる
10週 交流回路2 RLC直列回路の計算ができる
11週 交流回路2 直列共振、有効電力、無効電力についてその違いが説明できる
12週 交流の複素数表示 複素数、複素数の簡単な計算ができる 
複素平面を理解し複素数の絶対値が計算できる 
13週 交流の複素数表示 三角関数表示ができる
14週 交流の複素数表示 三角関数と指数関数の関係について計算できる 
15週 交流の複素数表示 複素数による交流の表示について説明できる
16週 前期末試験
後期
3rdQ
1週 答案返却・解説
複素数を用いた交流回路計算
Lだけの回路およびCだけの回路を複素数を用いて計算できる
2週 複素数を用いた交流回路計算 RLC直列回路が複素数を用いて計算できる
3週 複素数を用いた交流回路計算 RC、RL並列回路の計算ができる 
4週 変圧器 変圧器の構造の説明ができる
変圧器に関する計算ができる
5週 変圧器 変圧器に関する計算ができる
変圧器の保守点検について説明できる 
6週 三相交流 三相交流、三相結線の説明ができる Y-Y回路の簡単な計算ができる 
7週 三相交流 ΔーΔ回路の簡単な計算ができる
8週 三相交流 Y結線とΔ結線の換算ができ回転磁界の説明ができる
4thQ
9週 後期中間試験
10週 答案返却・解説
過渡現象
RC、RL、回路の過渡現象について初歩的な計算ができる
11週 過渡現象 微分回路、積分回路の説明ができる
12週 電子回路 pn 半導体 について説明ができる
pn接合ダイオード について説明ができる
13週 電子回路 トランジスタの性質 を説明できる
14週 電子回路 サイリスタの働きを理解し電力制御が説明できる
15週 学年末試験
16週 答案返却・解説

評価割合

学年末試験発表相互評価態度ポートフォリオその他小テスト課題等合計
総合評価割合700000030100
基礎的能力40000001050
専門的能力30000002050
分野横断的能力00000000