情報数学

科目基礎情報

学校 広島商船高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 情報数学
科目番号 1944018 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 流通情報工学科 対象学年 4
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 情報数学の基礎(サイエンス社)
担当教員 遠入 大二

目的・到達目標

(1)RSA暗号について説明できる。
(2)誤り検出訂正の方法が説明できる
(3)集合の概念を用いて関係データベースの操作が説明できる。
(4)グラフ理論の概要を理解して様々な情報モデルにあてはめられる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1フェルマーの小定理などを理解し、RSA暗号を説明できるRSA暗号化の方法を説明できる。RSA暗号化の方法を説明できない。
評価項目2ガロア体や様々な符号理論を理解したうえで、誤り検出訂正の方法を説明できる。誤り検出訂正の方法が説明できる誤り検出訂正の方法が説明できない
評価項目3グラフ理論の概要を理解して様々な情報モデルにあてはめられる。グラフ理論の概要を理解している。グラフ理論の概要を理解していない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
(1)整数と暗号
(2)誤り訂正符号
(3)グラフ理論とその応用
授業の進め方と授業内容・方法:
講義中心。例、問題を多く出すので実践的に理解すること。
注意点:
(1) 情報科学の基礎となる科目であるから、学習内容をしっかりと身に付ける必要がある。
(2) 学習内容の定着には、日々の予習復習が不可欠である。教科書などを活用して主体的に学習すること。
(3) 学習内容についてわからないことがあれば、積極的に質問すること。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 1整数と暗号 1-(1) 合同式を理解する。
2週 1整数と暗号 1-(1) 合同式を理解する。
3週 1整数と暗号 1-(2) 暗号を理解する。
4週 1整数と暗号 1-(2) 暗号を理解する。
5週 1整数と暗号 1-(3) modNの1次変換を理解する
6週 1整数と暗号 1-(3) modNの1次変換を理解する
7週 1整数と暗号 1-(3) modNの1次変換を理解する
8週 1整数と暗号 1-(4)RSA暗号を理解する。
2ndQ
9週 1整数と暗号 1-(4)RSA暗号を理解する。
10週 1整数と暗号 1-(4)RSA暗号を理解する。
11週 2.誤り訂正符号 2-(1)符号理論の原理を理解する。
12週 2.誤り訂正符号 2-(1)符号理論の原理を理解する。
13週 2.誤り訂正符号 2-(2) 誤り検出訂正の原理を理解する。
14週 2.誤り訂正符号 2-(2) 誤り検出訂正の原理を理解する。
15週 2.誤り訂正符号 2-(2) 誤り検出訂正の原理を理解する。
16週 2.誤り訂正符号 2-(2) 誤り検出訂正の原理を理解する。
後期
3rdQ
1週 2.誤り訂正符号 2-(3) ハミング符号を理解する。
2週 2.誤り訂正符号 2-(3) ハミング符号を理解する。
3週 2.誤り訂正符号 2-(4) 巡回符号を理解する。
4週 2.誤り訂正符号 2-(4) 巡回符号を理解する。
5週 2.誤り訂正符号 2-(4) 巡回符号を理解する。
6週 3グラフ理論とその応用 3-(1) グラフを理解する。
7週 3グラフ理論とその応用 3-(1) グラフを理解する。
8週 3グラフ理論とその応用 3-(2) グラフの連結を理解する。
4thQ
9週 3グラフ理論とその応用 3-(2) グラフの連結を理解する。
10週 3グラフ理論とその応用 3-(3) グラフの行列表現を理解する。
11週 3グラフ理論とその応用 3-(3) グラフの行列表現を理解する。
12週 3グラフ理論とその応用 3-(4) グラフの応用を理解する。
13週 3グラフ理論とその応用 3-(4) グラフの応用を理解する。
14週 3グラフ理論とその応用 3-(4) グラフの応用を理解する。
15週 3グラフ理論とその応用 3-(4) グラフの応用を理解する。
16週 3グラフ理論とその応用 3-(4) グラフの応用を理解する。

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合801001000100
基礎的能力60100100080
専門的能力200000020
分野横断的能力0000000