システム開発

科目基礎情報

学校 広島商船高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 システム開発
科目番号 1954008 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 流通情報工学科 対象学年 5
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 Monacaで学ぶはじめてのプログラミング
担当教員 岩切 裕哉

目的・到達目標

(1)インターネットの概要を説明できる。
(2)HTML, CSS, Javascriptを使ったホームページを作成できる。
(3)ハイブリッドアプリについて説明できる。
(4)簡単なハイブリッドアプリを開発できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1インターネットの概要を理解し、説明できる。インターネットの概要を理解できる。 インターネットの概要を理解できない。
評価項目2HTML, CSS, Javascriptの概要を理解し、ホームページを思い通りに作成できる。HTML, CSS, Javascriptの概要を理解し、ホームページを作成できる。HTML, CSS, Javascriptの概要を理解できない。
評価項目3ハイブリッドアプリ開発について理解し、簡単なアプリを開発できる。プログラムについて説明できる。ハイブリッドアプリ開発について理解し、簡単なアプリを開発できる。ハイブリッドアプリ開発について理解できない。
評価項目4ハイブリッドアプリで簡単なオリジナルのプログラムを作成することができ、プログラムの手順について説明できる。ハイブリッドアプリで簡単なオリジナルのプログラムを作成することができる。ハイブリッドアプリで簡単なオリジナルのプログラムを作成することができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
HTMLやJavascriptを応用した、ハイブリッド開発を用いた、モバイルアプリ開発を通して、システム開発手法を体験的に学ぶ。
授業の進め方と授業内容・方法:
授業は演習を中心に進める。試行錯誤することが大事です。また、分からないところがあれば積極的に質問すること。
教科書を参考に、予習復習を必ずすること。
演習課題をレポートとして提出してもらう。課題は必ず提出すること。
注意点:
不明な点があれば、研究室まで質問しに来てください(昼休みにはなるべく研究室にいるようにしています)

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス
開発環境の準備
ハイブリッドアプリ開発環境について説明できる。
ハイブリッドアプリのプログラムの構造を説明できる。
2週 HTMLの基礎 HTML、CSSを説明できる。
3週 HTMLの基礎 HTML、CSSを使ったホームページを作成できる。
4週 HTMLの基礎 Javascriptの基本的な構文を使ったホームページを作成できる。
5週 アプリ開発入門 ハイブリッドアプリ開発環境について説明できる。
ハイブリッドアプリのプログラムの構造を説明できる。
6週 アプリ開発入門 簡単なハイブリッドアプリを開発できる。
開発用コンピュータを用いて、ターゲットマシンで動作するプログラムを開発する技法を学ぶ。
7週 アプリ開発入門 簡単なハイブリッドアプリを開発できる。
開発用コンピュータを用いて、ターゲットマシンで動作するプログラムを開発する技法を学ぶ。
8週 アプリ開発入門 簡単なハイブリッドアプリを開発できる。
開発用コンピュータを用いて、ターゲットマシンで動作するプログラムを開発する技法を学ぶ。
2ndQ
9週 アプリ開発入門 簡単なハイブリッドアプリを開発できる。
開発用コンピュータを用いて、ターゲットマシンで動作するプログラムを開発する技法を学ぶ。
10週 オリジナルアプリ開発 オリジナルアプリの企画ができる。
11週 オリジナルアプリ開発 発表できる。
12週 オリジナルアプリ開発 プログラムをどのような手順で作成したらよいか理解できている。
プログラムの制御構造を理解し、使い方を習得している。
プログラムにおける変数を理解し、使い方を習得している。
プログラムの間違いの原因を考え、修正できる。
13週 オリジナルアプリ開発 プログラムをどのような手順で作成したらよいか理解できている。
プログラムの制御構造を理解し、使い方を習得している。
プログラムにおける変数を理解し、使い方を習得している。
プログラムの間違いの原因を考え、修正できる。
14週 オリジナルアプリ開発 プログラムをどのような手順で作成したらよいか理解できている。
プログラムの制御構造を理解し、使い方を習得している。
プログラムにおける変数を理解し、使い方を習得している。
プログラムの間違いの原因を考え、修正できる。
15週 オリジナルアプリ開発 発表できる。
16週 前期末試験答案返却・解説 答案返却・解説

評価割合

試験発表レポート・課題態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合401050000100
基礎的能力401050000100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000