体育Ⅲ

科目基礎情報

学校 呉工業高等専門学校 開講年度 令和04年度 (2022年度)
授業科目 体育Ⅲ
科目番号 0061 科目区分 一般 / 選択必修
授業形態 実技 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 環境都市工学科 対象学年 3
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 なし
担当教員 渡邉 英幸,丸山 啓史

到達目標

1.自分の体力レベルを把握できる。
2.ソフトテニスの基礎技能をゲームで生かすことができる。
3.ソフトテニスのゲームを企画・運営ができる。
4.サッカーの個人的技能をゲームで生かすことができる。
5.サッカーの集団的技能をゲームで生かすことができる
6.サッカーのゲームを企画・運営ができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1自分の体力レベルを適切に把握できる自分の体力レベルを把握できる自分の体力レベルを把握できない
評価項目2ソフトテニスの技能をゲームで生かすことが適切にできるソフトテニスの技能をゲームで生かすことができるソフトテニスの技能をゲームで生かすことができない
評価項目3サッカーの技能をゲームで生かすことが適切にできるサッカーの技能をゲームで生かすことができるサッカーの技能をゲームで生かすことができない

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
新体カテストの測定を実施し,自分の体力や運動能力を測定し,その結果,不足している能力を確かめ,運動能力を高める自己診断資料とする。技能や経験こ応じてチーム編成をし,チームの役割を自覚し,自主的・計画的に練習やゲームを行う。また,ルールを守り全力でプレーし,審判の判定に従い,勝敗に対して公正な態度がとれるようにする。場所の安全を確かめ,健康・安全に留意して,練習やゲームができるようにする。
授業の進め方・方法:
基礎技術の練習を行って,ゲームの戦術を学習する。
注意点:
学校指定の体操服及び体育館シューズを着用すること。体力づくり ・ 練習方法等.クラブ活動に活用するとよい。授業だけでは運動不足なので.クラブ活動や自主的トレーニングを行うとよい。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 オリエンテーション・新体カテスト 1.新体カテスト
新体カテストの測定項目を理解し、正しい測定を実施できる
自らの得点を集計し、自己評価できる
2週 新体カテスト
3週 新体カテスト
4週 集団行動・体育祭の種目 2.体育祭種目
体育祭種目を理解し、他者と協力して安全に競技を実施できる
5週 集団行動・体育祭の種目
6週 ソフトテニス 3.ソフトテニス
ルールー審判方法・ゲーム方法の説明.班編成
基礎技能(グランド・ストローク,ボレー,スマッシュ.ロビング,サービス,サーブレシーブ)を修得し、試合で実践できる
7週 ソフトテニス
8週 ソフトテニス
2ndQ
9週 ソフトテニス
10週 ソフトテニス
11週 ソフトテニス
12週 ソフトテニス
13週 ソフトテニス
14週 ソフトテニス・スキルテスト
15週 ソフトテニス・スキルテスト
16週 ソフトテニス・スキルテスト
後期
3rdQ
1週 球技大会の種目 4.球技大会種目の練習
球技大会の種目を理解し、他者と協力して安全に競技を実施できる
2週 球技大会の種目
3週 サッカー 5.サッカー
ルール・審判方法・ゲーム方法の説明,班編成,個人的技能(キック,ドリブル,トラッピング,シュートヘディング,スローイン)を修得をし、試合で実践できる
集団的技能(攻撃・守備フォーメーション)を修得
し、試合で実践できる
4週 サッカー
5週 サッカー
6週 サッカー
7週 サッカー
8週 サッカー
4thQ
9週 サッカー
10週 サッカー
11週 サッカー
12週 サッカー
13週 持久走 6.持久走
長距離走の特性を理解し、駅伝大会で実践できる
14週 サッカー・スキルテスト
15週 サッカー・スキルテスト
16週 サッカー・スキルテスト

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合00060400100
基礎的能力00060400100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000