建築設計製図Ⅰ

科目基礎情報

学校 呉工業高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 建築設計製図Ⅰ
科目番号 0018 科目区分 専門 / 選択必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 建築学科 対象学年 1
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 『建築設計製図』(実教出版社)
担当教員 松野 一成

到達目標

・線の引き方,円の描き方,レタリングなどの練習を通して,建築設計製図の基礎的な技法を体験・理解し,説明できる.
・製図用具の正しい使い方と製図規約の基本ルールに基づき,単純な図面を作成できる.
・製図法を基本とし,簡単な木造平面を図面の正しい描き順で作成できる.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1線の引き方,円の描き方,レタリングなどの練習を通して,建築設計製図の基礎的な技法をよく体験・理解し,適切に説明できる.線の引き方,円の描き方,レタリングなどの練習を通して,建築設計製図の基礎的な技法を体験・理解し,説明できる.線の引き方,円の描き方,レタリングなどの練習を通して,建築設計製図の基礎的な技法を体験・理解せず,説明できない.
評価項目2製図用具の正しい使い方と製図規約の基本ルールに基づき,単純な図面を適切に作成できる.製図用具の正しい使い方と製図規約の基本ルールに基づき,単純な図面を作成できる.製図用具の正しい使い方と製図規約の基本ルールに基づき,単純な図面を作成できない.
評価項目3製図法を基本とし,簡単な木造平面を図面の正しい描き順で適切に作成できる.製図法を基本とし,簡単な木造平面を図面の正しい描き順で作成できる.製図法を基本とし,簡単な木造平面を図面の正しい描き順で作成できない.

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 本科の学習・教育目標 (HC) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
本科目の目的は,建築製図の基本となる製図用具の使い方と製図規約の習得と,基礎的な建築設計図面の製図法を習得することである.この目的を達成するため,授業は平行定規を使用し,教科書に記載された手本教材を手書きで正確に模写する実習を行う.建築士試験では製図試験も必須であるため,製図規約を学習する本科目は就職や将来建築技術者としての実務に大いに関連する.
授業の進め方・方法:
演習を中心として,適宜講義・説明を加え,課題を出す.
注意点:

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 指導教員による製図道具の説明 製図用具の特性を理解し、使用できる。
2週 基礎製図,線の練習 線の引き方,円の描き方,レタリングなどの練習を通して,建築設計製図の基礎的な技法を体験・理解し,説明できる.
3週 基礎製図,文字の練習,1週目 線の引き方,円の描き方,レタリングなどの練習を通して,建築設計製図の基礎的な技法を体験・理解し,説明できる.。
4週 基礎製図,文字の練習,2週目 線の引き方,円の描き方,レタリングなどの練習を通して,建築設計製図の基礎的な技法を体験・理解し,説明できる.
5週 平面表示記号の書き方練習 1週目 線の引き方,円の描き方,レタリングなどの練習を通して,建築設計製図の基礎的な技法を体験・理解し,説明できる.
6週 平面表示記号の書き方練習 2週目 線の引き方,円の描き方,レタリングなどの練習を通して,建築設計製図の基礎的な技法を体験・理解し,説明できる.
7週 1/200配置図,1/100平面図の描き方練習 1週目 製図法を基本とし,簡単な木造平面を図面の正しい描き順で作成できる.
8週 1/200配置図,1/100平面図の描き方練習 2週目 製図法を基本とし,簡単な木造平面を図面の正しい描き順で作成できる.
4thQ
9週 1/200配置図,1/100平面図の描き方練習 3週目 製図法を基本とし,簡単な木造平面を図面の正しい描き順で作成できる.
10週 1/200配置図,1/100平面図の描き方練習 4週目 製図法を基本とし,簡単な木造平面を図面の正しい描き順で作成できる.
11週 1/50平面図の書き方練習 1週目 製図法を基本とし,簡単な木造平面を図面の正しい描き順で作成できる.
12週 1/50平面図の書き方練習 2週目 製図法を基本とし,簡単な木造平面を図面の正しい描き順で作成できる.
13週 部分詳細図(基礎部分)の書き方練習 1週目 製図用具の正しい使い方と製図規約の基本ルールに基づき,単純な図面を作成できる.
14週 部分詳細図(基礎部分)の書き方練習 2週目 製図用具の正しい使い方と製図規約の基本ルールに基づき,単純な図面を作成できる.
15週 階段部分平面図の書き方練習 1週目 製図用具の正しい使い方と製図規約の基本ルールに基づき,単純な図面を作成できる.る
16週 階段部分平面図の書き方練習 2週目 製図用具の正しい使い方と製図規約の基本ルールに基づき,単純な図面を作成できる.

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
専門的能力分野別の専門工学建築系分野設計・製図製図用具の特性を理解し、使用できる。4
線の描き分け(3種類程度)ができる。4後2
文字・寸法の記入を理解し、実践できる。4後2
建築の各種図面の意味を理解し、描けること。4
図面の尺度・縮尺について理解し、図面の作図に反映できる。4後6
建築図面を模写し、模写した図面が理解している。4

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合00030700100
基礎的能力00030700100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000