高度専門特別講義Ⅱ(機械要素)

科目基礎情報

学校 呉工業高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 高度専門特別講義Ⅱ(機械要素)
科目番号 0057 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 プロジェクトデザイン工学専攻 対象学年 専2
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 プリント
担当教員 中迫 正一

到達目標

1.曲がりはりの応力およびたわみが計算できる.
2.円形リング,フック,チェーンリンクなどの応力が計算できる.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1曲がりはりの応力およびたわみが適切に計算できる.曲がりはりの応力およびたわみが計算できる.曲がりはりの応力およびたわみが計算できない.
評価項目2円形リング,フック,チェーンリンクなどの応力が適切に計算できる.円形リング,フック,チェーンリンクなどの応力が計算ができる.円形リング,フック,チェーンリンクなどの応力が計算ができない.

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 専攻科の学習・教育目標 (SC) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
機械を構成する機械要素には,円形リング,フック,チェーンリンク,ピストンリングなど軸線が無負荷の状態で曲がっているものがある.これらの機械要素を安全に設計するためには,曲がりはりの応力およびたわみに関する知識が必要であり,ここでは,曲がりはりの応力や変形量を求めることを学習する.
本授業は,就職に関連する.
授業の進め方・方法:
講義および演習を基本とする.
注意点:
将来,開発・設計分野の業務に就く場合には必須となるので,熱意を持って学習に取り組んでもらいたい.
質問がある場合には,放課後やオフィスアワーを利用して積極的に質問に来ること.

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 曲がりはり 曲がりはりの応力およびたわみが計算できる.
2週 曲がりはり 曲がりはりの応力およびたわみが計算できる.
3週 曲がりはり 曲がりはりの応力およびたわみが計算できる.
4週 曲がりはり 曲がりはりの応力およびたわみが計算できる.
5週 曲がりはり 曲がりはりの応力およびたわみが計算できる.
6週 演習問題 曲がりはりの応力およびたわみが計算できる.
7週 前期中間試験 曲がりはりの応力およびたわみが計算できる.
8週 答案返却・解答説明 曲がりはりの応力およびたわみが計算できる.
2ndQ
9週 機械要素の設計法 円形リング,フック,チェーンリンクなどの応力が計算できる.
10週 機械要素の設計法 円形リング,フック,チェーンリンクなどの応力が計算できる.
11週 機械要素の設計法 円形リング,フック,チェーンリンクなどの応力が計算できる.
12週 機械要素の設計法 円形リング,フック,チェーンリンクなどの応力が計算できる.
13週 機械要素の設計法 円形リング,フック,チェーンリンクなどの応力が計算できる.
14週 演習問題 円形リング,フック,チェーンリンクなどの応力が計算できる.
15週 前期末試験 円形リング,フック,チェーンリンクなどの応力が計算できる.
16週 答案返却・解答説明 円形リング,フック,チェーンリンクなどの応力が計算できる.

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
専門的能力分野別の専門工学機械系分野力学はりに作用する力のつりあい、せん断力および曲げモーメントを計算できる。4
曲げモーメントによって生じる曲げ応力およびその分布を計算できる。4
各種断面の図心、断面二次モーメントおよび断面係数を理解し、曲げの問題に適用できる。4
各種のはりについて、たわみ角とたわみを計算できる。4
部材が引張や圧縮を受ける場合のひずみエネルギーを計算できる。4
部材が曲げやねじりを受ける場合のひずみエネルギーを計算できる。4
カスティリアノの定理を理解し、不静定はりの問題などに適用できる。4

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合80000200100
基礎的能力0000000
専門的能力80000200100
分野横断的能力0000000