英語表現

科目基礎情報

学校 宇部工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 英語表現
科目番号 71003 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 物質工学専攻 対象学年 専1
開設期 4th-Q 週時間数 4
教科書/教材 ①Winning Presentations 8 Types of Successful Presentation ①成美堂
担当教員 岡田 美鈴

目的・到達目標

基礎知識の定着と総合的英語運用能力向上を目標とします。また、テキストや副教材からTOEIC試験で必要な文法や語彙なども身につけます。
(1)基礎知識(文法や語彙)を身につけ、以下の英語運用能力(Reading, Listening, Presentation)の向上を目指す。
(2)効果的で印象的なプレゼンテーションを行うために必要な英語表現を習得する。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安(優)標準的な到達レベルの目安(良)標準的な到達レベルの目安(可)未到達レベルの目安(不可)
評価項目1英語プレゼンテーションで必要な表現を多様な文の中で活用し、さまざな文を表現することができる。英語プレゼンテーションで必要な表現を、適切な語句とともに文の中で活用することができる。英語プレゼンテーションで必要な表現を発音し、書くことができる。英語プレゼンテーションで必要な表現を発音し、書くことができない。
評価項目2基礎知識を習得し、プレゼンテーションで使用したり、TOEICの解答につなげることができる。基礎知識を学習し、プレゼンテーションでその一部を使用したり、TOEICの解答につなげることができる。基礎知識を練習し、プレゼンテーションでその一部を含めることができる。基礎知識が身についておらず、プレゼンテーションで知識を使うことができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
基礎知識を定着を図り、総合的な英語運用能力のうち、Reading, Listening, Presentationについての能力向上を図ります。また、卒業後の企業や大学においても、TOEICスコアを必要とされることがあります。この授業をきっかけとして、TOEICにも目を向け、公開試験やIP試験を積極的に受験してほしいと思います。
授業の進め方と授業内容・方法:
【授業】テストの範囲や進め方は初回に説明をするので、準備をして真剣に取り組みましょう。授業での活動を評価するので、出席に気をつけましょう。【評価】達成度評価(%)について、テキストの構成に合わせてPart 1(発表1)を30%、Part 2(発表2)を30%、Part 3(発表3)を40%とします。また、この科目は学修単位科目のため、事前・事後学習として、各回でレポートを提出します。                                                         
注意点:
必ずテキストと英和辞典、ノート(またはルーズリーフ)を持ってきましょう。わからない単語はすぐに調べること。積極的な課題発表や発表準備の姿勢を評価します。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
4thQ
9週 導入/Unit 1:Presentation Structure/Unit 2:Presentation Skills シラバス内容を理解する。授業の概要と学習方法を知る。/プレゼンテーションの構造を理解し、プレゼンテーションのスキルについて学ぶ。
10週 Unit 3:Preparing for Your Presentation/Unit 4:How to Arrange a Presentation Setting/Presentation プレゼンテーションにおける情報収集と倫理観について学ぶ。また、環境の準備について学ぶ。/発表。聞く側の立場の時は、良かった点や改善点を見つけ、自分の発表に活かしていく。
11週 Unit 5:Listing/Unit 6:Classification プレゼンテーションのタイプを学ぶ。
12週 Unit 7:Process/Unit 8:Investigation プレゼンテーションのタイプを学ぶ。
13週 Unit 9: Review Unit:Giving Your Presentaion 発表。聞く側の立場の時は、良かった点や改善点を見つけ、自分の発表に活かしていく。
14週 Unit 10:Persuasion/Unit 11:Problem and Solution プレゼンテーションのタイプを学ぶ。
15週 Unit 12:Cause and Effect/Unit 13:Comparison and Contrast プレゼンテーションのタイプを学ぶ。
16週 Unit 14: Review Unit:Giving Your Proposal/Presentation & まとめ 理解度や得意・不得意を知る。全体を振り返り、取組方法の改善と今後の目標設定に役立てる。

評価割合

Part 1(発表1)Part 2(発表2)Part 3(発表3)合計
総合評価割合303040100
基礎的能力303040100
専門的能力0000
分野横断的能力0000