実験実習

科目基礎情報

学校 大島商船高等専門学校 開講年度 令和04年度 (2022年度)
授業科目 実験実習
科目番号 0047 科目区分 専門 / 必修
授業形態 実験 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 商船学科 対象学年 3
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 実験実習指導書/大島丸実習ノート/キャリアデザインノート/配布資料
担当教員 千葉 元,久保田 崇,木村 安宏,前畑 航平,森脇 千春,村田 光明,中村 泰裕,浦田 数馬

到達目標

1. 航海士として必要な基礎知識・技術を習得し、船内機器の運転や保守管理に活用できる。
2. 各種航海計器の基本原理と操作方法を理解し、実験・実習を遂行できる。
3. 実験・実習内容を理解し、レポートにまとめることができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1航海士として必要な基礎知識・技術を習得し、船内機器の運転や保守管理に活用できる。航海士として必要な基礎知識・技術を習得できる。航海士として必要な基礎知識・技術を習得できない。
評価項目2各種航海計器の基本原理と操作方法を理解し、実験・実習を遂行できる。 各種航海計器の基本原理と操作方法を理解できる。 各種航海計器の基本原理と操作方法を理解できない。
評価項目3海事実務の内容を理解し、レポートにまとめ、説明できる。海事実務の内容を理解し、レポートにまとめることができる。海事実務の内容を理解し、レポートにまとめることができない。

学科の到達目標項目との関係

本校 (1)-b 説明 閉じる
本校 (1)-c 説明 閉じる
商船 (2)-a 説明 閉じる

教育方法等

概要:
実験・実習は技能および技術を習得するとともに、技術者として望ましい態度や習慣を身に付ける。
工学実験では、実験装置の原理と操作方法を理解し、実験の過程および結果を説明できる能力を養う。
授業の進め方・方法:
実験及び実習を主体とする
実験実習を通して教室での講義の内容を確実に理解する。
併せて機器の取り扱い、データのまとめ方、報告書の書き方を習得する。
相互評価に「実技」等を含める。
ポートフォリオに「課題」「レポート」等を含む。
注意点:
危険を伴う実験もあるので諸注意をよく聞いて取り組むこと。
必要に応じて、実験実習指導書、大島丸実習ノート、配布資料、関数電卓を持参すること。
安全について十分に配慮すること。作業服、安全靴、帽子を着用してくること。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 船位(大島丸) コンパス方位(目視)による船位測定ができる
2週 レーダー(大島丸) レーダー方位・レーダー距離による船位測定ができる
3週 投錨(大島丸) 揚錨機(ウインドラス)の操作ができる。揚投錨号令を発することができる。
4週 自差(大島丸) 磁気コンパスの自差の算出ができる。自差曲線図を作成することができる。
5週 救助(大島丸) 落水者・遭難者の捜索法を理解する。救助物件に接近する操船ができる。
6週 ECDISⅠ(1) 電子海図情報表示装置ECDISの操作ができる。
7週 ECDISⅠ(2) 電子海図情報表示装置ECDISの操作ができる。
8週 レポート作成
2ndQ
9週 ECDISⅠ(3) 電子海図情報表示装置ECDISの操作ができる。
10週 ECDISⅡ(1) ECDISの基礎・概念および操作法を身につけることが出来る。
11週 ECDISⅡ(2) ECDISの基礎・概念および操作法を身につけることが出来る。
12週 ECDISⅡ(3) ECDISの基礎・概念および操作法を身につけることが出来る。
13週 ECDISⅢ(1) ECDISを利用した当直方法を理解し、実践することができる。
14週 ECDISⅢ(2) ECDISを利用した当直方法を理解し、実践することができる。
15週 ECDISⅢ(3) ECDISを利用した当直方法を理解し、実践することができる。
16週
後期
3rdQ
1週 航法演算(1) 航法計算の基礎を理解する。
2週 航法演算(2) 航法計算の基礎を理解する。
3週 航法演算(3) 航法計算の基礎を理解する。
4週 操船シミュレーション(1) シミュレーターにより大型船の操縦性能を理解し、船舶運航を主体的に行うことができる。
5週 操船シミュレーション(2) シミュレーターにより大型船の操縦性能を理解し、船舶運航を主体的に行うことができる。
6週 操船シミュレーション(3) シミュレーターにより大型船の操縦性能を理解し、船舶運航を主体的に行うことができる。
7週 小型船操縦 小型実習艇の操縦ができる。
8週 レポート作成
4thQ
9週 海洋気象学(1) 気象通報(ラジオ放送)を聴いて、日本と日本周辺の天気図作成ができる。
10週 海洋気象学(2) 作成した天気図を用いて気象状況を確認、今後の天気予想ができる。
11週 航海学講習(1) 航海系講習に関わる内容について、理解および実践できる。
12週 航海学講習(2) 航海系講習に関わる内容について、理解および実践できる。
13週 航海学講習(3) 航海系講習に関わる内容について、理解および実践できる。
14週 航海学講習(4) 航海系講習に関わる内容について、理解および実践できる。
15週 航海学講習(5) 航海系講習に関わる内容について、理解および実践できる。
16週

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
基礎的能力自然科学物理実験物理実験測定機器などの取り扱い方を理解し、基本的な操作を行うことができる。3後7
安全を確保して、実験を行うことができる。3後7
実験報告書を決められた形式で作成できる。3前8
有効数字を考慮して、データを集計することができる。3前8
力学に関する分野に関する実験に基づき、代表的な物理現象を説明できる。3
熱に関する分野に関する実験に基づき、代表的な物理現象を説明できる。3
波に関する分野に関する実験に基づき、代表的な物理現象を説明できる。3
光に関する分野に関する実験に基づき、代表的な物理現象を説明できる。3
電磁気に関する分野に関する実験に基づき、代表的な物理現象を説明できる。3
化学実験化学実験実験の基礎知識(安全防具の使用法、薬品、火気の取り扱い、整理整頓)を持っている。3
事故への対処の方法(薬品の付着、引火、火傷、切り傷)を理解し、対応ができる。3
測定と測定値の取り扱いができる。3
有効数字の概念・測定器具の精度が説明できる。3
レポート作成の手順を理解し、レポートを作成できる。3
ガラス器具の取り扱いができる。3
基本的な実験器具に関して、目的に応じて選択し正しく使うことができる。3
試薬の調製ができる。3
代表的な気体発生の実験ができる。3
代表的な無機化学反応により沈殿を作り、ろ過ができる。3
工学基礎工学実験技術(各種測定方法、データ処理、考察方法)工学実験技術(各種測定方法、データ処理、考察方法)物理、化学、情報、工学における基礎的な原理や現象を明らかにするための実験手法、実験手順について説明できる。3
実験装置や測定器の操作、及び実験器具・試薬・材料の正しい取扱を身に付け、安全に実験できる。3
実験データの分析、誤差解析、有効桁数の評価、整理の仕方、考察の論理性に配慮して実践できる。3
実験テーマの目的に沿って実験・測定結果の妥当性など実験データについて論理的な考察ができる。3
実験ノートや実験レポートの記載方法に沿ってレポート作成を実践できる。3
実験データを適切なグラフや図、表など用いて表現できる。3
実験の考察などに必要な文献、参考資料などを収集できる。3
実験・実習を安全性や禁止事項など配慮して実践できる。3
個人・複数名での実験・実習であっても役割を意識して主体的に取り組むことができる。3
共同実験における基本的ルールを把握し、実践できる。3
レポートを期限内に提出できるように計画を立て、それを実践できる。3
専門的能力分野別の専門工学商船系分野(航海)地文航法海図に記載されている海図図式や航路標識を説明できる。3後4,後5,後6
水路書誌を利用して、航海に必要な情報を収集することができる。3後4,後5,後6
航路標識の種類と名称、意味を説明できる。3後4,後5,後6
船位測定に用いる方法の種類とその特徴を説明できる。3前1,前2
交差方位法・レーダ等により船位を求めることができる。3前1,前2
航程線航法及び大圏航法の特徴を説明できる。3後1,後2,後3
各種航法による航法計算を行うことができる。3後1,後2,後3
出入港を含めた、一般的な状況における航行時において考慮すべき事項を説明できる。3後1,後2,後3,後7
特殊な状況における航行時において考慮すべき事項を説明できる。3後1,後2,後3,後7
本船のコンディションを考慮した航海計画を立案できる。3後7
立案した航路計画からナビゲーションスケジュールを作成できる。3後7
潮流及び潮汐が起こる仕組みを説明できる。3
任意の港における潮汐及び任意の地における朝夕を計算できる。3
海流の概要及び暖流・寒流の特徴を説明できる。3
世界各地の主要な海流について説明ができる。3
分野別の工学実験・実習能力商船系分野(航海)【実験・実習能力】実験実習実験・実習の目標と取り組むに当たっての心構えについて説明できる。3後7
実験・実習する際の災害防止と安全確保のためにすべきことを説明できる。3後7
実験で行った内容をレポートにまとめることができる。3
レーダを操作して各種調整を行い、適切に表示することができる。3
レーダARPAを操作して他船の針路・速力・最接近距離及び時間を表示することができる。3
火災の種類とその性質について説明できる。3
各種消火器及び消火ホースを使用して、初期消火をすることができる。3
持運び式消火器に消火剤を充填することができる。3
船舶遭難時の生存維持の条件について説明できる。3
船舶に備え付けられている救命設備の使用方法について説明できる。3前5
非常事態を想定した船外への離脱を実践することができる。3
心肺停止者の発見からAEDを使用した心肺の蘇生を実施することができる。3
電子海図情報表示装置を利用した当直方法を理解し、実践することができる。3前6,前7,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15
電子海図情報表示装置の目標、海図及びシステムを理解し、操作することができる。3前6,前7,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15
分野横断的能力汎用的技能汎用的技能汎用的技能日本語と特定の外国語の文章を読み、その内容を把握できる。3
他者とコミュニケーションをとるために日本語や特定の外国語で正しい文章を記述できる。3
他者が話す日本語や特定の外国語の内容を把握できる。3
日本語や特定の外国語で、会話の目標を理解して会話を成立させることができる。3
円滑なコミュニケーションのために図表を用意できる。3
円滑なコミュニケーションのための態度をとることができる(相づち、繰り返し、ボディーランゲージなど)。3
他者の意見を聞き合意形成することができる。3後11,後12,後13,後14,後15
合意形成のために会話を成立させることができる。3後11,後12,後13,後14,後15
グループワーク、ワークショップ等の特定の合意形成の方法を実践できる。3後11,後12,後13,後14,後15
あるべき姿と現状との差異(課題)を認識するための情報収集ができる3
複数の情報を整理・構造化できる。3
特性要因図、樹形図、ロジックツリーなど課題発見・現状分析のために効果的な図や表を用いることができる。3
課題の解決は直感や常識にとらわれず、論理的な手順で考えなければならないことを知っている。3
グループワーク、ワークショップ等による課題解決への論理的・合理的な思考方法としてブレインストーミングやKJ法、PCM法等の発想法、計画立案手法など任意の方法を用いることができる。3
どのような過程で結論を導いたか思考の過程を他者に説明できる。3
適切な範囲やレベルで解決策を提案できる。3
事実をもとに論理や考察を展開できる。3
結論への過程の論理性を言葉、文章、図表などを用いて表現できる。3
態度・志向性(人間力)態度・志向性態度・志向性周囲の状況と自身の立場に照らし、必要な行動をとることができる。3
自らの考えで責任を持ってものごとに取り組むことができる。3
目標の実現に向けて計画ができる。3
目標の実現に向けて自らを律して行動できる。3
日常の生活における時間管理、健康管理、金銭管理などができる。3
社会の一員として、自らの行動、発言、役割を認識して行動できる。3
チームで協調・共同することの意義・効果を認識している。3
チームで協調・共同するために自身の感情をコントロールし、他者の意見を尊重するためのコミュニケーションをとることができる。3
当事者意識をもってチームでの作業・研究を進めることができる。3
チームのメンバーとしての役割を把握した行動ができる。3
リーダーがとるべき行動や役割をあげることができる。3
適切な方向性に沿った協調行動を促すことができる。3
リーダーシップを発揮する(させる)ためには情報収集やチーム内での相談が必要であることを知っている3
法令やルールを遵守した行動をとれる。3
他者のおかれている状況に配慮した行動がとれる。3
技術が社会や自然に及ぼす影響や効果を認識し、技術者が社会に負っている責任を挙げることができる。3
自身の将来のありたい姿(キャリアデザイン)を明確化できる。3
その時々で自らの現状を認識し、将来のありたい姿に向かっていくために現状で必要な学習や活動を考えることができる。3
キャリアの実現に向かって卒業後も継続的に学習する必要性を認識している。3
これからのキャリアの中で、様々な困難があることを認識し、困難に直面したときの対処のありかた(一人で悩まない、優先すべきことを多面的に判断できるなど)を認識している。3
高専で学んだ専門分野・一般科目の知識が、企業や大学等でどのように活用・応用されるかを説明できる。3
企業等における技術者・研究者等の実務を認識している。3
企業人としての責任ある仕事を進めるための基本的な行動を上げることができる。3
企業における福利厚生面や社員の価値観など多様な要素から自己の進路としての企業を判断することの重要性を認識している。3
企業には社会的責任があることを認識している。3
企業が国内外で他社(他者)とどのような関係性の中で活動しているか説明できる。3
調査、インターンシップ、共同教育等を通して地域社会・産業界の抱える課題を説明できる。3
企業活動には品質、コスト、効率、納期などの視点が重要であることを認識している。3
社会人も継続的に成長していくことが求められていることを認識している。3
技術者として、幅広い人間性と問題解決力、社会貢献などが必要とされることを認識している。3
技術者が知恵や感性、チャレンジ精神などを駆使して実践な活動を行った事例を挙げることができる。3
高専で学んだ専門分野・一般科目の知識が、企業等でどのように活用・応用されているかを認識できる。3
企業人として活躍するために自身に必要な能力を考えることができる。3
コミュニケーション能力や主体性等の「社会人として備えるべき能力」の必要性を認識している。3

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合003020500100
基礎的能力0000000
専門的能力003020500100
分野横断的能力0000000