機関英語

科目基礎情報

学校 大島商船高等専門学校 開講年度 令和04年度 (2022年度)
授業科目 機関英語
科目番号 0054 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 商船学科 対象学年 3
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 はじめての船上英会話(前期使用)、Let's enjoy Maritime English(後期使用)
担当教員 朴 鍾徳,山口 伸弥

到達目標

1.海事英語の語彙が理解できて、IMO SMCPを用いて海事英語の表現方法が分かる。
2.海事英語の聞き取りと発音能力を高めることができる。
3.海事英語の読み・書き及び読み取り・書き取りができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1海事英語の語彙がほとんど理解できて、IMO SMCPを用いて海事英語の表現方法が分かる。海事英語の語彙がある程度理解できて、IMO SMCPを用いて基本的な海事英語の表現方法が分かる。海事英語の語彙力が足りなく、IMO SMCPを使った海事英語の表現ができない。
評価項目2海事英語の聞き取りと発音ができる。海事英語の聞き取りと発音がある程度できる。海事英語の聞き取りと発音ができない。
評価項目3海事英語の読み・書き及び読み取り・書き取りができる。海事英語の読み・書き及び読み取り・書き取りがある程度できる。海事英語の読み・書き及び読み取り・書き取りができない。

学科の到達目標項目との関係

本校 (1)-a 説明 閉じる
商船 (2)-c 説明 閉じる

教育方法等

概要:
グローバル化に伴いフィリピン人、インド人、インドネシア人、クロアチア人等の外国人船員が日本の外航船社の船員の大多数を占めるようになった。外航船員には高いコミニュケーション能力が必要とされ、英語を母国語としない人同士の英語でコミニュケーション能力の育成に力を入れている状況である。この科目の目標としては、商船の現場で即使える海事英語を学習すること、学生が主体的に楽しく学習出来ること、そして英語を母国語としない人達と英語を用いて円滑なコミニュケーションを行えるようになることである。
授業の進め方・方法:
船舶機関あるいは海事一般をテーマとし,海事用語語彙力ならびに英語4スキル(reading, listening,writing, speaking)を向上させるための演習を行う。授業は講義形式ではなく、ペアワーク・口頭発表が中心となる。ペアワークでは、物事を説明する・自分の情報を伝える・相手の情報を聞き出すためのコミュニケーション演習を行う。配布教材及び英語辞書の持参を受講条件とする。
注意点:

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 Introduction 各テーマにおける機関および海事用語が理解できる。
各テーマにおける英文を読み,その概要を理解すると共に必要な情報収集ができる.
各テーマにおける描写を英語で行うために,必要な構文を用いて適切な文章を書くことができる。
各テーマにおける場面に応じた,適切なフレーズを用いた会話ができる。
2週 Unit1 Formaition 各テーマにおける機関および海事用語が理解できる。
各テーマにおける英文を読み,その概要を理解すると共に必要な情報収集ができる.
各テーマにおける描写を英語で行うために,必要な構文を用いて適切な文章を書くことができる。
各テーマにおける場面に応じた,適切なフレーズを用いた会話ができる。
3週 Unit2 PA Announcement 各テーマにおける機関および海事用語が理解できる。
各テーマにおける英文を読み,その概要を理解すると共に必要な情報収集ができる.
各テーマにおける描写を英語で行うために,必要な構文を用いて適切な文章を書くことができる。
各テーマにおける場面に応じた,適切なフレーズを用いた会話ができる。
4週 Unit3 Staition 各テーマにおける機関および海事用語が理解できる。
各テーマにおける英文を読み,その概要を理解すると共に必要な情報収集ができる.
各テーマにおける描写を英語で行うために,必要な構文を用いて適切な文章を書くことができる。
各テーマにおける場面に応じた,適切なフレーズを用いた会話ができる。
5週 Unit16 Engine order 各テーマにおける機関および海事用語が理解できる。
各テーマにおける英文を読み,その概要を理解すると共に必要な情報収集ができる.
各テーマにおける描写を英語で行うために,必要な構文を用いて適切な文章を書くことができる。
各テーマにおける場面に応じた,適切なフレーズを用いた会話ができる。
6週 Unit17 Preparation for tne main engine operation 各テーマにおける機関および海事用語が理解できる。
各テーマにおける英文を読み,その概要を理解すると共に必要な情報収集ができる.
各テーマにおける描写を英語で行うために,必要な構文を用いて適切な文章を書くことができる。
各テーマにおける場面に応じた,適切なフレーズを用いた会話ができる。
7週 Unit18 Starting and testing the main engine 各テーマにおける機関および海事用語が理解できる。
各テーマにおける英文を読み,その概要を理解すると共に必要な情報収集ができる.
各テーマにおける描写を英語で行うために,必要な構文を用いて適切な文章を書くことができる。
各テーマにおける場面に応じた,適切なフレーズを用いた会話ができる。
8週 前期中間試験 1~7週までの内容を理解している。
2ndQ
9週 Unit19 Maneuvering of the main engine 各テーマにおける機関および海事用語が理解できる。
各テーマにおける英文を読み,その概要を理解すると共に必要な情報収集ができる.
各テーマにおける描写を英語で行うために,必要な構文を用いて適切な文章を書くことができる。
各テーマにおける場面に応じた,適切なフレーズを用いた会話ができる。
10週 Unit20 Stopping the main engine 各テーマにおける機関および海事用語が理解できる。
各テーマにおける英文を読み,その概要を理解すると共に必要な情報収集ができる.
各テーマにおける描写を英語で行うために,必要な構文を用いて適切な文章を書くことができる。
各テーマにおける場面に応じた,適切なフレーズを用いた会話ができる。
11週 Unit21 Operation of generators 各テーマにおける機関および海事用語が理解できる。
各テーマにおける英文を読み,その概要を理解すると共に必要な情報収集ができる.
各テーマにおける描写を英語で行うために,必要な構文を用いて適切な文章を書くことができる。
各テーマにおける場面に応じた,適切なフレーズを用いた会話ができる。
12週 Unit22 Operation of auxiliary machinery 各テーマにおける機関および海事用語が理解できる。
各テーマにおける英文を読み,その概要を理解すると共に必要な情報収集ができる.
各テーマにおける描写を英語で行うために,必要な構文を用いて適切な文章を書くことができる。
各テーマにおける場面に応じた,適切なフレーズを用いた会話ができる。
13週 Unit23 Monitoring operational condition of machinery 各テーマにおける機関および海事用語が理解できる。
各テーマにおける英文を読み,その概要を理解すると共に必要な情報収集ができる.
各テーマにおける描写を英語で行うために,必要な構文を用いて適切な文章を書くことができる。
各テーマにおける場面に応じた,適切なフレーズを用いた会話ができる。
14週 Unit24 Main engine revolutions and fuel consumption 各テーマにおける機関および海事用語が理解できる。
各テーマにおける英文を読み,その概要を理解すると共に必要な情報収集ができる.
各テーマにおける描写を英語で行うために,必要な構文を用いて適切な文章を書くことができる。
各テーマにおける場面に応じた,適切なフレーズを用いた会話ができる。
15週 Unit25 Briefing on watch handover 各テーマにおける機関および海事用語が理解できる。
各テーマにおける英文を読み,その概要を理解すると共に必要な情報収集ができる.
各テーマにおける描写を英語で行うために,必要な構文を用いて適切な文章を書くことができる。
各テーマにおける場面に応じた,適切なフレーズを用いた会話ができる。
16週
後期
3rdQ
1週 授業の概要 一般英語と異なる海事英語について説明できる。
2週 海事英語の語彙 機関運転に関する海事英語の語彙が説明できる。
Word spider and word hunt
3週 海事英語の語彙 機関運転に関する海事英語の語彙が説明できる。
Onboard safety and drill
4週 海事英語の語彙 機関運転に関する海事英語の語彙が説明できる。
Workshop and exercises
5週 IMO SMCP Pair work活動を通じてIMO SMCPが理解できる。
Message Markers, Phonetic Alphabet
6週 IMO SMCP 機関当直などの場面に応じて,適切な英語フレーズを用いた会話ができる。
7週 IMO SMCP 機関当直などの場面に応じて,適切な英語フレーズを用いた会話ができる。SMCP Role Play Ⅰ
8週 後期中間試験
4thQ
9週 IMO SMCP 機関当直などの場面に応じて,適切な英語フレーズを用いた会話ができる。SMCP Role Play Ⅱ
10週 IMO SMCP 機関当直などの場面に応じて,適切な英語フレーズを用いた会話ができる。Trouble Shooting Ⅰ
11週 IMO SMCP 機関当直などの場面に応じて,適切な英語フレーズを用いた会話ができる。 Trouble Shooting Ⅱ
12週 聞き取りと発音 機関英語の聞き取り及び発音ができる。
Listening & speaking of world Englishes
13週 聞き取りと発音 機関英語の聞き取り及び発音ができる。
Listening & speaking, Situational pictures for conversation
14週 読み取りと書き取り 機関英語の読み取りと書き取りができる。
Reading & writing, Situational pictures for conversation
15週 読み取りと書き取り 機関英語の読み取りと書き取りができる。
Basic Safety, Situational pictures for conversation
16週

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
基礎的能力人文・社会科学英語英語運用の基礎となる知識聞き手に伝わるよう、句・文における基本的なリズムやイントネーション、音のつながりに配慮して、音読あるいは発話できる。3前2,前3,前4,前5,前6,前7,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15
明瞭で聞き手に伝わるような発話ができるよう、英語の発音・アクセントの規則を習得して適切に運用できる。3前2,前3,前4,前5,前6,前7,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15
中学で既習の語彙の定着を図り、高等学校学習指導要領に準じた新出語彙、及び専門教育に必要となる英語専門用語を習得して適切な運用ができる。3前1
中学で既習の文法や文構造に加え、高等学校学習指導要領に準じた文法や文構造を習得して適切に運用できる。3前1
英語運用能力の基礎固め日常生活や身近な話題に関して、毎分100語程度の速度ではっきりとした発音で話された内容から必要な情報を聞きとることができる。3前5,前6,前7,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15
日常生活や身近な話題に関して、自分の意見や感想を基本的な表現を用いて英語で話すことができる。3前5,前6,前7,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15
説明や物語などの文章を毎分100語程度の速度で聞き手に伝わるように音読ができる。3前5,前6,前7,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15
平易な英語で書かれた文章を読み、その概要を把握し必要な情報を読み取ることができる。3前5,前6,前7,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15
日常生活や身近な話題に関して、自分の意見や感想を整理し、100語程度のまとまりのある文章を英語で書くことができる。3前5,前6,前7,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15
母国以外の言語や文化を理解しようとする姿勢をもち、実際の場面で積極的にコミュニケーションを図ることができる。3前5,前6,前7,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15
実際の場面や目的に応じて、基本的なコミュニケーション方略(ジェスチャー、アイコンタクト)を適切に用いることができる。3前5,前6,前7,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15
英語運用能力向上のための学習自分の専門分野などの予備知識のある内容や関心のある事柄に関する報告や対話などを毎分120語程度の速度で聞いて、概要を把握し、情報を聞き取ることができる。3
英語でのディスカッション(必要に応じてディベート)を想定して、教室内でのやり取りや教室外での日常的な質問や応答などができる。3
英語でディスカッション(必要に応じてディベート)を行うため、学生自ら準備活動や情報収集を行い、主体的な態度で行動できる。3
母国以外の言語や文化を理解しようとする姿勢をもち、教室内外で英語で円滑なコミュニケーションをとることができる。3
関心のあるトピックについて、200語程度の文章をパラグラフライティングなど論理的文章の構成に留意して書くことができる。3
関心のあるトピックや自分の専門分野のプレゼン等にもつながる平易な英語での口頭発表や、内容に関する簡単な質問や応答などのやりとりができる。3
関心のあるトピックや自分の専門分野に関する論文やマニュアルなどの概要を把握し、必要な情報を読み取ることができる。3
英文資料を、自分の専門分野に関する論文の英文アブストラクトや口頭発表用の資料等の作成にもつながるよう、英文テクニカルライティングにおける基礎的な語彙や表現を使って書くことができる。3
実際の場面や目的に応じて、効果的なコミュニケーション方略(ジェスチャー、アイコンタクト、代用表現、聞き返しなど)を適切に用いることができる。3
専門的能力分野別の専門工学商船系分野(機関)船舶基礎工学工学系の専門英文を読む力を習得し、内容について概要を把握できる。4後1,後2,後3,後4,後5,後6,後7,後9,後10,後11,後12,後13,後14,後15
海事業務に必要な英文の書き方を習得し、実際に文章を書くことができる。4後2,後3,後4,後5,後6,後7,後9,後10,後11,後14,後15
海事業務に必要な基本的な表現について学び、口頭で簡単なやりとりや説明ができる。4前2,前3,前4,前5,前6,前7,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15

評価割合

試験発表成果物出席その他合計
総合評価割合60102010100
基礎的能力00000
専門的能力60102010100
分野横断的能力00000