電波航法

科目基礎情報

学校 大島商船高等専門学校 開講年度 令和04年度 (2022年度)
授業科目 電波航法
科目番号 0076 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 商船学科 対象学年 4
開設期 前期 週時間数 4
教科書/教材 基本航海計器(海文堂)、自作資料
担当教員 久保田 崇

到達目標

電波航法機器(レーダ・GPS・ECDIS・AISなど)について学ぶ。また、最終学年として航海を行う上で最も重要であると思われる、航海機器から得られる航海情報の誤差についての考え方を考察できるようにする。授業で取り扱う航海機器の動作原理は、特に国家試験(第三級海技士口述試験、航海)で出題されることが多いので、自身で解説できるように理解すること。そして以下の項目について基本的な事項を理解できることが到達目標である。
1.レーダ/TTの原理及び作動、取扱い
2.ECDISの原理及び作動、取扱い
3.GPSの原理及び作動、取扱い
4.AISの原理及び作動、取扱い

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1レーダ/TTの原理及び作動、取扱いを解説できる。レーダ/TTの原理及び作動について基本的な事項を理解できる。レーダ/TTの原理及び作動について基本的な事項を理解できない。
評価項目2ECDISの原理及び作動、取扱いを解説できる。ECDISの原理及び作動について基本的な事項を理解できる。ECDISの原理及び作動について基本的な事項を理解できない。
評価項目3GPSの原理及び作動、取扱いを解説できる。GPSの原理及び作動について基本的な事項を理解できる。GPSの原理及び作動について基本的な事項を理解できない。
評価項目4AISの原理及び作動、取扱いを解説できる。AISの原理及び作動について基本的な事項を理解できる。AISの原理及び作動について基本的な事項を理解できない。

学科の到達目標項目との関係

本校 (1)-a 説明 閉じる
商船 (2)-a 説明 閉じる

教育方法等

概要:
船舶運航者として必要な航海計器に関する初歩的な内容を習得する。3級海技士(航海)の航海系科目(電波航法)に対応した学習内容であり、商船学航海分野の電波航法の基礎事項を習得する。
本科目は企業で航海士の経験のある教員が、その経験を活かし、電波航法に利用される最新の電波計器について講義形式で授業を行うものである。
授業の進め方・方法:
教科書を使用して進行するが、別途、写真やスライドなど自作教材を使用する。
注意点:
S3Nの航海計器と連続性のある科目であるため復習しておくこと。
(変更7/26) 前期中間試験及び期末試験を実施しない代わりに小テストと課題で評価する。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 電波計器概説 航海計器と電波計器との違いを説明できる。
2週 レーダ(概説・原理・構成) レーダの原理や構成を理解できる。
3週 レーダの性能 レーダの性能について理解することができる。
4週 レーダ電波の性質 レーダ電波の性質について説明できる。
5週 レーダの偽像 レーダの偽像について説明できる。
6週 ターゲットトラック(ARPA)機能 TT機能の目標補足・シンボルについて理解できる。
IMO性能基準について理解できる。
7週
8週 前期中間試験 レーダについて解説できる。
2ndQ
9週 GPSと他の電波航法との共通点 GPS他の電波航法の特性について理解できる。
10週 GPS独特の用語と定義 GPSの衛星情報について学び、衛星の軌道要素を理解できる。
11週 GPSのシステム構成 GPSの構成について理解できる。
12週 測地座標系とジオイド GPS座標系とジオイド高さについて学び、理解できる。
13週 GNSSの紹介 様々なGNSSについて学び、その違いを理解できる。
14週 ECDISの原理及び作動、取扱い ECDISの原理・表示・操作等を理解できる
15週 AISの原理及び作動、取扱い AISの原理・作動・統合表示を理解できる。
16週 前期期末試験 GPS・ECDIS・AISについて解説できる。

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
専門的能力分野別の専門工学商船系分野(航海)電波航法レーダ/TTの作動、取扱いについて説明できる。4前2,前3,前4,前5,前6
レーダの各機能について説明できる。4前2,前3,前4,前5,前6
TT機能の目標補足について説明できる。4前2,前3,前4,前5,前6
ターゲットシンボルについて説明できる。4前2,前3,前4,前5,前6
作動、取扱いについて説明できる。4前14
航路計画、航行監視について説明できる。4前14
レーダー映像及びAIS情報の統合表示について説明できる。4前14
作動、取扱いについて説明できる。4前9,前10,前11,前12,前13
システム構成について説明できる。4前9,前10,前11,前12,前13
測位原理について説明できる。4前9,前10,前11,前12,前13
衛星航法補強システムの概要について説明できる。4前9,前10,前11,前12,前13
作動、取扱いについて説明できる。4前15
構成について説明できる。4前15
情報の項目について説明できる。4前15

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合700002010100
基礎的能力0000000
専門的能力700002010100
分野横断的能力0000000