操船論

科目基礎情報

学校 大島商船高等専門学校 開講年度 令和04年度 (2022年度)
授業科目 操船論
科目番号 0101 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 商船学科 対象学年 4
開設期 前期 週時間数 前期:2
教科書/教材 操船の基礎【二訂版】橋本進,矢吹英雄,岡崎忠胤著,海文堂出版)
担当教員 村田 光明

到達目標

(1)船体や舵,プロペラなどによって決定される船舶の操縦性能が説明できる。
(2)風や波,潮流,余裕水深などの外的要因によって決定される船舶の操縦性能変化が説明できる。
(3)錨に関する基礎的な知識を学び多様な利用法の検討および決定ができる。
(4)出入港操船方法および岸壁,ブイ係留の方法が検討,決定できる。
(5)狭水道や荒天時など特殊な条件で行うべき操船が理解できる。

 上記5事項が可能になることを目標とする。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1船体や舵,プロペラなどによって決定される船舶の操縦性能が説明できる。船体や舵,プロペラなどによって決定される船舶の操縦性能が理解できる。船体や舵,プロペラなどによって決定される船舶の操縦性能が理解できない。
評価項目2風や波,潮流,余裕水深などの外的要因によって決定される船舶の操縦性能変化が説明できる。風や波,潮流,余裕水深などの外的要因によって決定される船舶の操縦性能変化が理解できる。風や波,潮流,余裕水深などの外的要因によって決定される船舶の操縦性能変化が理解できない。
評価項目3錨に関する基礎的な知識を学び多様な利用法の検討および決定ができる。錨に関する基礎的な知識を学び多様な利用法が理解できる。錨に関する基礎的な知識を学び多様な利用法が理解できない。
評価項目4出入港操船方法および岸壁,ブイ係留の方法が検討,決定できる。出入港操船方法および岸壁,ブイ係留の方法が検討できる。出入港操船方法および岸壁,ブイ係留の方法が検討できない。
評価項目5狭水道や荒天時など特殊な条件で行うべき操船が理解,検討できる。狭水道や荒天時など特殊な条件で行うべき操船が理解できる。狭水道や荒天時など特殊な条件で行うべき操船が理解できない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
・海技士資格を用いて乗り組む船舶は,一般的に直接制御ではなく間接制御を用いている。
・間接制御を用いるため,感性による操縦のみならず,操船のための理論や知識が必要になる。
・様々な船種や船型の船舶を乗船経験なしに操縦できるようになるため,船舶の挙動に関する知識や運用方法をこの授業で覚え,説明できるようになる必要がある。
授業の進め方・方法:
教科書を中心に基礎理論を解説し,日本船主協会などが公表するデータから実践例を習熟する。
注意点:
専門科目であり、これまで勉強してきた化学,物理,数学の知識が土台として必要になる。
理解が曖昧な学生は復習を行っておくこと。
予習復習に教科書を韋編三絶することを推奨する。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 風圧力と風圧モーメント 風圧力と風圧モーメントを理解できる
2週 風が操船に及ぼす一般的影響 風が操船に及ぼす一般的影響を理解できる
3週 航走中の船体沈下とトリム変化 航走中の船体沈下とトリム変化を理解できる
4週 浅海域の速力低下 浅海域の速力低下を理解できる
5週 余裕水深 余裕水深を理解できる
6週 側壁影響
側壁影響を理解できる
7週 2船間の相互作用 2船間の相互作用を理解できる
8週 前期中間試験
2ndQ
9週 錨の把駐力、錨泊法 錨の把駐力、錨泊法を理解する
10週 引船の種類と利用法 引船の種類と利用法を理解する
11週 浮標係留 浮標係留を理解する
12週 岸壁係留 岸壁係留を理解する
13週 波浪中の船体動揺・荒天海域における操船
波浪中の船体動揺・荒天海域における操船を理解する
14週 落水者救助法
落水者救助法を実践できる
15週 船体運動および操船論まとめ 船体運動に関してまとめおよび実践操船論が説明できる
16週 前期期末試験

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
専門的能力分野別の専門工学商船系分野(航海)操船論船舶の受ける風圧力を説明できる。4前1
船舶が受ける風及び波浪の影響について説明できる。4前2
航走中に起こる船体沈下現象について説明できる。4前3,前4,前5
水深の浅い水域を航行する時の余裕水深について説明できる。4前3,前4,前5
バンクサクションについて、その現象を説明できる。4前6,前7
2船舶間の相互作用について説明できる。4前6,前7
入出港計画について、入港コース、入港前の減速位置についてその意味を説明できる。4前10,前11,前12
タグボートの使用方法、係留索の名称について説明できる。4前10,前11,前12
曳航に関して船舶の動きまたは分離通航方式について、その必要性を説明できる。4前10

評価割合

試験課題相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合80200000100
基礎的能力0000000
専門的能力80200000100
分野横断的能力0000000