科目基礎情報

学校 大島商船高等専門学校 開講年度 令和04年度 (2022年度)
授業科目 英語
科目番号 0104 科目区分 一般 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 商船学科 対象学年 4
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 『The Story of Christopher Columbus 』(パワーポイント使用・授業後にTeamsで共有))
担当教員 石田 依子

到達目標

3年次で学習した文法力を駆使して、英文を読みこなす能力を養成する。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1英文法を理解し、辞書や文法書がなくても平易な英文を読みこなすことができる。英文法を理解し、辞書や文法書を参考にしながら平易な英文を読みこなすことができる。英文法の理解が不十分で、辞書や文法書を参考にしても、平易な英文もを理解することができない。
評価項目2海技士免許3級はもちろん、2級以上の英語の試験に対応できるだけの文法力と語彙力がある。海技士免許3級の英語の試験に対応できるだけの文法力と語彙力がある。海技士免許3級の英語の試験に対応できるだけの文法力と語彙力が身についていない。

学科の到達目標項目との関係

本校 (1)-a 説明 閉じる
商船 (2)-c 説明 閉じる

教育方法等

概要:
このクラスでは、英語の読解力を養成することを主眼とする。英語を正しく読むためには、英語の文法を正確に理解することは必須条件である。文法の知識なしでは、英語を「読む」ことなど不可能である。ここでいう「読む」とは、なんとなく意味をつかむのではなく、英文の構造を理解した上で「正確に読む」ということなので、その点を肝に銘じること。低学年時代に本腰を入れて英語学習に取り組まなかった者は心を入れ替えて授業にのぞむこと。さもなくば、単位はないものと思っていただきたい。
授業の進め方・方法:
『The Story of Christopher Columbus 』:平易な英文が理解できるように訓練する。くわえて、学生はテキストの内容を通して、大航海時代における航海の歴史についての知識も得ること。
毎回の授業で学生は各自が英文を読む時間を与えられ、その後にパワーポイントを用いて解説する。
Web classを用いて、レポート課題や小テストの受験を求めることもある。また、授業で学習した内容理解の確認として紙媒体でレポートの提出を求めることもある。
注意点:
授業には必ず英和辞典と文法書を持参すること。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス
In Fourteen-hundred-and-ninety-two Columbus sailed the ocean blue...
本授業における目標と授業の進め方を説明する。学生はそれを聞いて、各自の到達目標を設定する。
テキストの平易な英文を理解すること。
2週 In Fourteen-hundred-and-ninety-two Columbus sailed the ocean blue...
Young Columbus
テキストの平易な英文を理解すること。
3週 Pirates! テキストの平易な英文を理解すること。
4週 Life in Lisbon テキストの平易な英文を理解すること。
5週 The Great Idea テキストの平易な英文を理解すること。
6週 A Chat with the King of Portugal
Another Dead-end
テキストの平易な英文を理解すること。
7週 A Stroke of Good Luck テキストの平易な英文を理解すること。
8週 前期中間試験 レポート課題
2ndQ
9週 Back to Portugal
Back to Spain
テキストの平易な英文を理解すること。
10週 Enter Captain Pinzon
Meanwhile...
テキストの平易な英文を理解すること。
11週 Meanwhile... テキストの平易な英文を理解すること。
12週 Clip-clop-clip-clop テキストの平易な英文を理解すること。
13週 Preparations テキストの平易な英文を理解すること。
14週 The Ships テキストの平易な英文を理解すること。
15週 The Voyage Begins テキストの平易な英文を理解すること。
16週 前期末試験 前期末試験

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週

評価割合

試験提出物小テスト合計
総合評価割合602020100
基礎的能力602020100