エネルギーシステム学

科目基礎情報

学校 大島商船高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 エネルギーシステム学
科目番号 0066 科目区分 専門 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 海洋交通システム学専攻 対象学年 専2
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 配布プリント
担当教員 山口 康太

目的・到達目標

(1) エネルギー変換の諸法則が理解できる.
(2) 抵抗減少問題に関する技術や原理が理解できる.
(3) 伝熱促進問題に関する技術や原理が理解できる.
(4) 物質混合または物質拡散に関する技術や原理が理解できる.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1エクセルギーとアネルギーの概念が理解でき,説明できるエクセルギーとアネルギーの概念が理解できるエクセルギーとアネルギーの概念が理解できない
評価項目2リブレットなどの抵抗減少技術が理解でき,説明できるリブレットなどの抵抗減少技術が理解できるリブレットなどの抵抗減少技術が理解できない
評価項目3 伝熱促進のメカニズムを理解し,説明できる伝熱促進のメカニズムを理解できる伝熱促進のメカニズムを理解できない
評価項目4物質混合と物質拡散のメカニズムを理解し,説明できる物質混合と物質拡散のメカニズムを理解できる物質混合と物質拡散のメカニズムを理解できない

学科の到達目標項目との関係

専攻科 (5)-a 説明 閉じる

教育方法等

概要:
熱力学,流体力学の内容を土台としてエネルギー変換,伝熱促進,抵抗減少,混合・拡散のメカニズムを学習する.
授業の進め方と授業内容・方法:
講義は配布プリントを中心に実施する.さらに一人づつ課題を与え,発表させる.
注意点:
予習と復習は各自が積極的に取り組むことを促します.

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 エネルギ変換の概要 エネルギー変換の原理と種類を理解できる
2週 熱力学の第一および第二法則 熱力学第一法則と第二法則の相違が理解できる
3週 エクセルギーとアネルギー エクセルギーとアネルギーの意義が理解できる
4週 熱サイクルの理論 種々の熱サイクル理論について理解できる
5週 発電所におけるエネルギー変換Ⅰ 火力発電所及びコンバインドサイクルについて理解できる
6週 発電所におけるエネルギー変換Ⅱ 原子力発電所のシステムが理解できる
7週 熱移動の種類と法則 熱移動の諸法則が理解できる
8週 中間テスト
4thQ
9週 計算機における熱問題 計算機で発生する熱除去技術を理解できる
10週 工作機械における熱問題 工作機械で発生する熱除去問題を理解できる
11週 抵抗減少技術問題Ⅰ リブレットによる抵抗減少技術が理解できる
12週 抵抗減少技術問題Ⅱ 粗面流における抵抗減少技術が理解できる
13週 流れの数値予測 数値計算の基礎と応用例が理解できる
14週 物質混合と混合 二相流における混合・拡散技術が理解できる
15週 反応促進 二相流における化学反応技術が理解できる
16週 期末テスト

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合70000030100
基礎的能力70000030100
専門的能力0000000
分野横断的能力0000000