日本語総合

科目基礎情報

学校 阿南工業高等専門学校 開講年度 令和05年度 (2023年度)
授業科目 日本語総合
科目番号 1113G01 科目区分 一般 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 一般教養 対象学年 3
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 高専日本語アビリティⅠ・Ⅱ(阿南高専)/常用漢字ダブルクリア(尚文出版)
担当教員 坪井 泰士,錦織 浩文

到達目標

1. 他者を尊重した議論を集団としてまとめ、新たな発想や視点を獲得し、自分の思いや考えを整理し、深化させて説明できる。
2. 類義語・対義語・常用漢字・故事成語を理解し、思考や表現に活用できる。
3. ビジネス敬語の基礎を理解し、使用できる。

ルーブリック

理想的な到達レベル(優)標準的な到達レベル(良)最低限の到達レベル(可)
到達目標1他者を尊重した議論を集団としてまとめ、新たな発想や視点を獲得し、自分の思いや考えを適切に整理し、深化させて適切な表現スキルにより説明できる。他者を尊重した議論を集団としてまとめ、新たな発想や視点を獲得し、自分の思いや考えを適切に整理し、深化させて説明できる。他者を尊重した議論を集団としてまとめ、新たな発想や視点を獲得し、自分の思いや考えを整理し、深化させて説明できる。
到達目標2類義語・対義語・常用漢字・故事成語を理解し、思考や表現に効果的に活用できる。類義語・対義語・常用漢字・故事成語を理解し、思考や表現に適切に活用できる。類義語・対義語・常用漢字・故事成語を理解し、思考や表現に活用できる。
到達目標3ビジネス敬語の基礎を理解し、即応的に適切に使用できる。ビジネス敬語の基礎を理解し、適切に使用できる。ビジネス敬語の基礎を理解し、使用できる。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
科学技術に関するものを含む広範囲な日本語を対象に、より高度な理解、柔軟な発想・思考、豊かな口頭表現を含む効果的なコミュニケーションや主体的な表現ができることを目的とする。
授業の進め方・方法:
授業は、表現に関する実践を基本とする。また、社会を見つめる視野拡大の起点を獲得し、社会的データの活用や漢字学習により理解・表現の力を培う。
授業課題として,授業VTR視聴とレポート(オンラインを含む)を課す。
【授業時間30時間】
注意点:
毎時間の冒頭に「読書の時間」を設けるので、各自で本を用意すること(マンガ、雑誌、テキストを除く)。
LMSの活用環境を整備しておくこと。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス
情報の信頼性
シラバスにより、到達目標、評価割合、達成度基準等を理解する。
情報の信頼性について,実例を挙げて説明できる。
2週 情報の収集と分類 ブレーン・ストーミング法とKJ法とを用いて,情報(アイデア)を収集し整理できる。
3週 スピーチ 非言語表現に留意して使用して、スピーチできる。
4週 プレゼンテーション① 四段構成を使用して、意見を執筆できる。
5週 プレゼンテーション② 表題・グラフ・考察からなるプレゼンテーション構成シートを作成できる。
6週 プレゼンテーション③ 構成シートを使用して、プレゼンテーションできる。
7週 プレゼンテーション④ リモートによるブレーンストーミングの留意点を具体的に説明できる。
8週 故事成語、四字熟語、漢字とかな 故事成語や四字熟語の内容を、実社会と結びつけて説明できる。漢字やかなの成り立ちを説明できる。
2ndQ
9週 短歌 短歌の基礎を理解し作成できる。
10週 俳句・川柳 俳句・川柳の基礎を理解し作成できる。
11週 ビジネス敬語(慣用表現・クッション言葉) ビジネス敬語の基礎(慣用表現・クッション言葉)を理解し実践できる。
12週 ビジネス敬語(電話対応基礎) ビジネス敬語の基礎(電話対応基礎)を理解し実践できる。
13週 ビジネス敬語(クレーム対応) ビジネス敬語の基礎(クレーム対応)を理解し実践できる。
14週 通信文 通信文の基本を理解し作成できる。
15週 記録(報告書) 報告書の基本を理解し作成できる。
16週 答案返却 学習のまとめ

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
基礎的能力人文・社会科学国語国語常用漢字の音訓を正しく使える。主な常用漢字が書ける。3前9,前10,前11,前16
類義語・対義語を思考や表現に活用できる。3前6,前7,前9,前10,前11
社会生活で使われている故事成語・慣用句の意味や内容を説明できる。3前6,前7
専門の分野に関する用語を思考や表現に活用できる。3前4,前5,前9,前10,前11,前15
報告・論文の目的に応じて、印刷物、インターネットから適切な情報を収集できる。3前1,前4,前8,前9,前10,前11,前15,前16
収集した情報を分析し、目的に応じて整理できる。3前1,前4,前5,前8,前9,前10,前11,前15,前16
報告・論文を、整理した情報を基にして、主張が効果的に伝わるように論理の構成や展開を工夫し、作成することができる。3前4,前5,前8,前9,前10,前11,前15,前16
作成した報告・論文の内容および自分の思いや考えを、的確に口頭発表することができる。3前3,前4,前5,前8,前9,前10,前11,前15
課題に応じ、根拠に基づいて議論できる。3前2,前8,前9,前10,前11,前15
相手の立場や考えを尊重しつつ、議論を通して集団としての思いや考えをまとめることができる。3前2,前7,前8,前9,前10,前11,前15
新たな発想や他者の視点の理解に努め、自分の思いや考えを整理するための手法を実践できる。3前2,前8,前9,前10,前11,前15

評価割合

中間・期末試験小テストポートフォリオ発表・取り組み姿勢その他合計
総合評価割合40050100100
基礎的能力400505095
専門的能力000000
分野横断的能力000505