日本語Ⅱ

科目基礎情報

学校 阿南工業高等専門学校 開講年度 令和06年度 (2024年度)
授業科目 日本語Ⅱ
科目番号 1132G01 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 4
開設学科 一般教養 対象学年 2
開設期 通年 週時間数 前期:4 後期:4
教科書/教材 必要に応じて資料を配布する
担当教員 矢崎 満夫

到達目標

阿南高専における学生生活にとって必要な日本語の基礎と応用を学び,それを日常で使用し,学級になじむ

ルーブリック

理想的な到達レベル標準的な到達レベル最低限の到達レベル
到達目標1学生生活に必要な日本語の基礎と応用を学び,それを日常で充分に使用できる学生生活にとって必要な日本語の基礎と応用を学び,それを日常で使用できる学生生活にとって必要な日本語の基礎と応用を学び,それを日常である程度使用できる

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
阿南高専における学生生活にとって大切なことは,できるだけ早期に学級になじみ,友人を作ることである.
この講義では,必要な日本語の基礎と応用を学び,それを日常で使用する方法を学ぶ.
授業の進め方・方法:
学生生活環境や日本語のレベルに合わせ,柔軟にすすめる.
注意点:

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
2週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
3週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
4週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
5週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
6週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
7週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
8週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
2ndQ
9週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
10週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
11週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
12週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
13週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
14週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
15週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
16週
後期
3rdQ
1週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
2週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
3週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
4週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
5週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
6週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
7週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
8週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
4thQ
9週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
10週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
11週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
12週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
13週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
14週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
15週 日本語IIの学習 日本語の基礎と応用・日常で使用する方法を学ぶ
16週

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週

評価割合

定期試験小テストポートフォリオ発表・取り組み姿勢その他合計
総合評価割合0010000100
基礎的能力0010000100
専門的能力000000
分野横断的能力000000