校外実習

科目基礎情報

学校 阿南工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 校外実習
科目番号 1314R01 科目区分 専門 / 必修
授業形態 実験・実習 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 電気コース 対象学年 4
開設期 通年 週時間数 1
教科書/教材 特になし/過去の実習報告書、企業ガイド
担当教員 小松 実

到達目標

1.受入機関が社会から要求される問題と、受入機関が行っている業務内容を説明できる。
2.社会人として身につけるべきマナーを説明でき、自ら実践できる。
3.実習内容についてのレポートを形式に従って作成できる。
4.実習内容について指定の時間内で口頭発表できる。

ルーブリック

理想的な到達レベル(優標準的な到達レベル(良)最低限の到達レベル(可)
到達目標1受入機関が社会から要求される問題を理解し、業務内容との関連を説明できる。受入機関が社会から要求される問題と、受入機関が行っている業務内容を説明できる。受入機関が行っている業務内容を説明できる。
到達目標2社会人として身につけるべきマナーを自ら実践でき、他者へ波及できる。社会人として身につけるべきマナーを説明でき、自ら実践できる。社会人として身につけるべきマナーを説明できる。
到達目標3実習内容についてのレポートを形式に従って論理的に作成できる。実習内容についてのレポートを形式に従って作成できる。実習内容についてのレポートを作成できる。
到達目標4実習内容について効果的な資料により指定の時間内で口頭発表できる。実習内容について指定の時間内で口頭発表できる。実習内容についての口頭発表をできる。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
企業や官庁における就業体験によって技術者になるための心構えや自覚を促し、視野を広げ、人間的に成長することを目的とする。
実習後に、実習内容についてレポートを作成し、報告会で口頭発表を行う。
授業の進め方と授業内容・方法:
受入機関の担当者による評価を40%、成果レポートを30%、報告会での評価を30%の割合で評価する。
注意点:
実習の完了、レポート提出、報告会での発表は必須である。
実習期間中の欠勤は履修放棄となり科目の修得条件を満たすことが出来ないので注意すること。
実習期間中は遅刻や欠勤のないように健康管理に気をつけること。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 ガイダンス インターンシップの意義、内容、受入機関に関する説明などを行う。
2週 ガイダンス インターンシップの意義、内容、受入機関に関する説明などを行う。
3週 実習先決定 学生の実習先を決定し、受入機関に提出する書類の書き方を指導し、書類を作成する。
4週 実習先決定 学生の実習先を決定し、受入機関に提出する書類の書き方を指導し、書類を作成する。
5週 実習先決定 学生の実習先を決定し、受入機関に提出する書類の書き方を指導し、書類を作成する。
6週 実習前説明会 実習先での礼儀や身だしなみについて説明を行う。
7週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
8週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
9週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
10週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
11週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
12週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
13週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
14週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
15週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
16週
後期
1週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
2週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
3週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
4週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
5週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
6週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
7週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
8週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
9週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
10週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
11週 インターンシップ実施 主に夏季休業中に5日間程度の期間で、受入機関の指導の下で実習および研修を受ける。
12週 レポート作成 インターンシップ実施完了後は、実習内容に関するレポートを作成する。
13週 レポート作成 インターンシップ実施完了後は、実習内容に関するレポートを作成する。
14週 成果報告会 実習内容について口頭発表を行う。
15週 成果報告会 実習内容について口頭発表を行う。
16週

評価割合

定期試験小テストポートフォリオ発表・取り組み姿勢その他合計
総合評価割合00303040100
基礎的能力0010101030
専門的能力0010101030
分野横断的能力0010102040