生物学

科目基礎情報

学校 阿南工業高等専門学校 開講年度 令和05年度 (2023年度)
授業科目 生物学
科目番号 1413G01 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 化学コース 対象学年 3
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 前期:改訂生物、東京書籍,後期:原書8版 マクマリー生物有機化学 生化学編
担当教員 大田 直友,大谷 卓

到達目標

1. 細胞やタンパク質の構造と働き、代謝について説明できる
2. 遺伝子の構造とはたらきについて説明できる
3. 生物の生殖と発生について説明できる
4. 生物の環境応答について説明できる
5. 生命の起源と生物の進化について説明できる

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安最低限の到達レベル
到達目標1細胞やタンパク質の構造と働き、代謝について詳細に説明できる細胞やタンパク質の構造と働き、代謝について説明できる細胞やタンパク質の構造と働き、代謝について理解できる
到達目標2遺伝子の構造とはたらきについて詳細に説明できる遺伝子の構造とはたらきについて説明できる遺伝子の構造とはたらきについて理解できる
到達目標3生物の生殖と発生について詳細に説明できる生物の生殖と発生について説明できる生物の生殖と発生について理解できる
到達目標4生物の環境応答について詳細に説明できる生物の環境応答について説明できる生物の環境応答について理解できる
到達目標5生命の起源と生物の進化について詳細に説明できる生命の起源と生物の進化について説明できる生命の起源と生物の進化について理解できる

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
前期は、高校課程の「生物」範囲。
2年生の「生物学基礎」をベースに,生物や生物現象をさらに広範囲に取り扱い,生物学的に探究する能力と態度を身につける。生物学の基本的な概念や原理・法則の理解を深めさせ,科学的な自然観を身につける。
授業の進め方・方法:
小テストで予習内容を確認し、演習を通して思考力や判断力を養う
注意点:

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 生体物質と細胞 細胞の構造と働きを説明できる
2週 DNAの構造と複製・遺伝情報の発現 DNAの構造と複製を説明できる
転写・翻訳を経る遺伝情報の発現を説明できる
3週 遺伝子の発現調節 遺伝子の発現調節を説明できる
4週 バイオテクノロジー バイオテクノロジーの手法、現状と課題を説明できる
5週 生物の有性生殖 有性生殖における遺伝子の動きを説明できる
6週 動物の発生 動物の配偶子形成、受精、発生を説明できる
7週 動物の発生の仕組み 動物の発生の仕組みを説明できる
8週 中間試験
2ndQ
9週 植物の発生 植物の発生を説明できる
10週 動物の刺激の受容と反応 動物における刺激の受容と伝達および反応を説明できる
11週 動物の刺激の受容と反応 動物における刺激の受容と伝達および反応を説明できる
12週 動物の行動 動物の行動メカニズムを説明できる
13週 植物の環境応答 植物の環境への対応を説明できる
14週 生命の起源と生物の変遷 生命の起源と生物および人類の変遷を説明できる
15週 進化の仕組み 進化の仕組みとメカニズムを説明できる
16週 期末試験
後期
3rdQ
1週 生化学を学ぶのに必要な有機化学1 アミノ基やカルボキシ基など生化学において重要な役割をする官能基について説明できる。
2週 生化学を学ぶのに必要な有機化学2 アミノ基やカルボキシ基などの代表的な反応を説明できる。
3週 アミノ酸とタンパク質1 タンパク質の機能について例をあげて説明できる。
4週 アミノ酸とタンパク質2 アミノ酸の種類について例をあげて説明できる。
5週 アミノ酸とタンパク質3 アミノ酸のキラリティー,塩基性,ペプチドについて例をあげて説明できる。
6週 アミノ酸とタンパク質4 タンパク質の構造(1次及び2次構造)について例をあげて説明できる。
7週 アミノ酸とタンパク質5 タンパク質の構造(3次及び4次構造)について例をあげて説明できる。
8週 中間試験
4thQ
9週 酵素とビタミン1 酵素を分類でき,酵素による触媒作用や補助因子について説明できる。
10週 酵素とビタミン2 酵素の作用機構,活性に及ぼす因子,酵素の調節について説明できる。
11週 酵素とビタミン3 アロステリック制御とフィードバック制御を説明できる。
12週 酵素とビタミン4 酵素反応の速度論を説明できる。
13週 炭水化物1 炭水化物の分類ができ,Fischer投影式が書ける。
14週 炭水化物2 単糖の環状構造が書ける。
15週 炭水化物3 二糖類や多糖の特徴を説明できる。
16週 期末試験

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
専門的能力分野別の専門工学化学・生物系分野基礎生物原核生物と真核生物の違いについて説明できる。4
核、ミトコンドリア、葉緑体、細胞膜、細胞壁、液胞の構造と働きについて説明できる。4
葉緑体とミトコンドリアの進化の説について説明できる。4
細胞膜を通しての物質輸送による細胞の恒常性について説明できる。4
フィードバック制御による体内の恒常性の仕組みを説明できる。4
情報伝達物質とその受容体の働きを説明できる。4
免疫系による生体防御のしくみを説明できる。4

評価割合

中間・定期試験小テストポートフォリオ発表・取り組み姿勢その他合計
総合評価割合60300100100
基礎的能力60300100100
専門的能力000000
分野横断的能力000000