共同教育

科目基礎情報

学校 阿南工業高等専門学校 開講年度 令和05年度 (2023年度)
授業科目 共同教育
科目番号 1214T11 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 専門共通科目(本科) 対象学年 4
開設期 通年 週時間数 1
教科書/教材 各担当教員の指定による
担当教員 西本 浩司,原野 智哉,大北 裕司,奥本 良博,川畑 成之,松浦 史法,安田 武司,伊丹 伸

到達目標

1.一つの目標に向かってチームで活動できる.
2.チームの中で自己の役割を認識し,自らの長所を発揮しながら主体的に行動できる.
3.チームや自身の取組みを他者にわかりやすく,文章やプレゼンテーションで伝えることができる.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安最低限の到達レベル
評価項目1チームワークの意義と目的を理解し,チームの課題を自らの課題ととらえ,当事者意識をもってチーム作業に取り組むことができる. チームメンバーの意見をよく聞き,自らの感情を抑制したり,メンバーの仕事を手伝ったりするなど,チームのために必要な行動をとることができる.自分の役割を重視しすぎた行動をとることもあるが,チーム内での自分の役割を認識した行動をとることができる.
評価項目2チームの改善につながる行動を考え実践することができる.指示待ちになることなく,自分の意思・判断によって責任を持って行動することができる. 周囲の状況を的確にとらえ,自身の能力や長所,実現可能な行動を理解して自ら進んで行動することができる. 実現可能性を考慮していない行動を提案する場合もあるが,周囲の状況を理解したうえでチームに必要な行動を提案し,自ら行動を起こすことができる.
評価項目3広い対象に対してわかりやすく自分の考えを伝えるための説明・表現ができる.要点をとらえた説明ができ,具体例やエビデンスを使ってプレゼンで説明することができる. 相手の立場を考えた言葉を選び,自分の考えを記述・説明することができる.簡単な図表等を用いてプレゼンで説明することができる.専門知識を有する相手に対して自分の考えを説明・記述し伝えることができる.感情を表す表現(相づち,ボディーランゲージ,情緒的表現等)を使いながら自分の考えを説明・記述することができる.

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
チームとしての目標を達成するため,自らの役割を理解し活動できることを目的とする.
授業の進め方・方法:
初回から数回はチームで取組む課題を検討・発表する.各回の取組みについて週報を作成し,LMS上で入力すること.週報の提出を持って出席とみなすため注意すること.
授業は通年科目であるが中間発表を7月,最終発表は蒼阿祭(高専祭)での活動とする.それを踏まえたスケジュールを作成すること.また,全活動終了後に最終レポートを提出すること.
注意点:
教員から専門的な指導はせず,学生自身で考えて取り組ませる.学生は必要な資料や情報を収集し,状況によっては教員に質問できる.

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 課題選定 課題を選定するための議論に主体的に参加することができる.
2週
3週
4週 課題選定・作業計画作成 課題を選定するための議論に主体的に参加し,グループとしての意見をまとめることができる.
5週
6週
7週 課題選定・作業計画作成 課題を選定するための議論に主体的に参加し,グループとしての意見をまとめることができる.
8週
2ndQ
9週
10週 課題発表会準備 課題を選定するための議論に主体的に参加し,グループとしての意見をまとめることができる.
11週
12週
13週 課題発表会(中間発表) 他者にわかりやすく取り組む課題を伝えることができる.
14週 課題への取り組み 自身の役割を理解して課題に取り組むことができる.
15週 課題への取り組み 自身の役割を理解して課題に取り組むことができる.
16週
後期
3rdQ
1週 課題への取り組み 自身の役割を理解して課題に取り組むことができる.
2週 課題への取り組み 自身の役割を理解して課題に取り組むことができる.
3週 課題への取り組み 自身の役割を理解して課題に取り組むことができる.
4週 課題への取り組み 自身の役割を理解して課題に取り組むことができる.
5週 課題への取り組み 自身の役割を理解して課題に取り組むことができる.
6週 課題への取り組み 自身の役割を理解して課題に取り組むことができる.
7週 最終発表会準備 自身の取り組みをグループ内でわかりやすく伝えることができる.
8週 最終発表会 他者にわかりやすくグループでの取り組みを伝えることができる.
4thQ
9週
10週
11週
12週
13週
14週
15週
16週

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週

評価割合

中間・定期試験小テストポートフォリオ態度発表・取り組み姿勢その他合計
総合評価割合00500500100
基礎的能力0000000
専門的能力0000000
分野横断的能力00500500100