都市デザイン

科目基礎情報

学校 香川高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 都市デザイン
科目番号 212420 科目区分 専門 / 選択
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 創造工学専攻(建設環境工学コース) 対象学年 専1
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 谷口守:入門都市計画,森北出版
担当教員 今岡 芳子

到達目標

・現代都市の問題について説明できる.
・計画概念について説明できる.
・都市計画に関連する制度について説明できる.
・これからの都市づくりについて,必要となる考え方について,説明できる.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
現代都市の問題について説明できる.現代都市の問題について説明でき,その問題の評価ができる現代都市の問題について説明できる.現代都市の問題について説明できない.
計画概念について説明できる.計画概念について説明でき,課題の解釈ができる。計画概念について説明できる.計画概念について説明できない.
都市計画に関連する制度について説明できる.都市計画に関連する制度について説明でき,課題について応用できる。都市計画に関連する制度について説明できる.都市計画に関連する制度について説明できない.
これからの都市づくりについて,必要となる考え方について,説明できる.これからの都市づくりについて,必要となる考え方について,課題となる内容に適応できる.これからの都市づくりについて,必要となる考え方について,説明できる.これからの都市づくりについて,必要となる考え方について,説明できない.

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
都市デザインの手法としてのプランニング手法の考え方の基礎を修得するとともに,プランニングの能力を身につけるための基礎知識を習得することを目指す.
授業の進め方・方法:
授業は教科書に沿って進める.授業内容は必要最小限の項目にとどめる.
授業内容の理解を助けたり深めたりするために,必要に応じてグループにて討論などを行い,発表をする。
本科目は学修単位であるため,自学自習時間に相当する課題を毎回出題する.
注意点:

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 授業概要説明
都市の計画の概念について
計画の概念について説明できる。
2週 都市の計画の概念について 計画の概念について説明できる。
3週 都市の計画の概念について 計画の概念について説明できる。
4週 これまでの都市と現代都市の問題 現代都市の問題について説明できる。
5週 これまでの都市と現代都市の問題 現代都市の問題について説明できる。
6週 これまでの都市と現代都市の問題 現代都市の問題について説明できる。
7週 豊かな都市空間を考える 都市計画に関連する制度について説明できる.
8週 豊かな都市空間を考える 都市計画に関連する制度について説明できる.
2ndQ
9週 豊かな都市空間を考える 都市計画に関連する制度について説明できる.
10週 豊かな都市空間を考える 都市計画に関連する制度について説明できる.
11週 豊かな都市空間を考える 都市計画に関連する制度について説明できる.
12週 これからの都市づくり これからの都市づくりについて,必要となる考え方について,説明できる.
13週 これからの都市づくり これからの都市づくりについて,必要となる考え方について,説明できる.
14週 これからの都市づくり これからの都市づくりについて,必要となる考え方について,説明できる.
15週 これからの都市づくり これからの都市づくりについて,必要となる考え方について,説明できる.
16週 これからの都市づくり これからの都市づくりについて,必要となる考え方について,説明できる.

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
専門的能力分野別の専門工学建設系分野計画国土と地域の定義を説明できる。5前1,前2,前3,前4,前5,前6,前7,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前16
日本、世界における古代、中世および現代の都市計画の思想および理念と実際について、説明できる。5前1,前2,前3,前4,前5,前6,前7,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15,前16
都市計画法と都市計画関連法の概要について、説明できる。5前1,前2,前3,前4,前5,前6,前7,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15,前16
土地利用計画と交通計画について、説明できる。5前1,前2,前3,前4,前5,前6,前7,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15,前16
総合計画とマスタープランについて、説明できる。5前1,前2,前3,前4,前5,前6,前7,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15,前16
都市計画区域の区域区分と用途地域について、説明できる。5前1,前2,前3,前4,前5,前6,前7,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15,前16
緑化と環境整備(緑の基本計画)について、説明できる。4前1,前2,前3,前4,前5,前6,前7,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15,前16
風景、景観と景観要素について、説明できる。4前1,前2,前3,前4,前5,前6,前7,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15,前16
都市の防災構造化を説明できる。4前1,前2,前3,前4,前5,前6,前7,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15,前16
土地区画整理事業を説明できる。5前1,前2,前3,前4,前5,前6,前7,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15,前16
市街地開発・再開発事業を説明できる。5前1,前2,前3,前4,前5,前6,前7,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15,前16
計画の意義と計画学の考え方を説明できる。5前1,前2,前3,前4,前5,前6,前7,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15,前16

評価割合

レポート発表(質疑応答含む)合計
総合評価割合6040100
現代都市の問題について説明できる.151025
計画概念について説明できる.151025
都市計画に関連する制度について説明できる.151025
これからの都市づくりについて,必要となる考え方について,説明できる.151025