防災工学

科目基礎情報

学校 香川高等専門学校 開講年度 令和05年度 (2023年度)
授業科目 防災工学
科目番号 5143 科目区分 専門 / 選択
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 建設環境工学科(2019年度以降入学者) 対象学年 4
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 教科書:石井一郎ら著 防災工学 森北出版 参考書:渕田邦彦ら著 防災工学 コロナ社
担当教員 向谷 光彦

到達目標

1.地震,火山,津波,気象災害,防災地質および都市火災における基礎知識が説明できる。
2.環境災害,計画都市,災害対策,インフラと建築物における基礎知識が説明できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
地震,火山,津波,気象災害,防災地質および都市火災における基礎知識が説明できる。地震,火山,津波,気象災害,防災地質および都市火災における幅広い知識が説明できる。地震,火山,津波,気象災害,防災地質および都市火災における基礎知識が説明できる。地震,火山,津波,気象災害,防災地質および都市火災における基礎知識が説明できない。
環境災害,計画都市,災害対策,インフラと建築物における基礎知識が説明できる。環境災害,計画都市,災害対策,インフラと建築物における幅広い知識が説明できる。環境災害,計画都市,災害対策,インフラと建築物における基礎知識が説明できる。環境災害,計画都市,災害対策,インフラと建築物における基礎知識が説明できない。

学科の到達目標項目との関係

 学習・教育到達度目標 B-2 説明 閉じる

教育方法等

概要:
 地盤工学等で学んだ自然災害論,地震,耐震設計に関する基礎知識を深め,より現実的な災害の抑止,軽減に関連した内容に進展する。そして,防災に関する基礎的な知識を理解できる能力を涵養する。また,平常授業(演習・レポ-トを含む)に対する真摯な取組み態度を涵養する。
授業の進め方・方法:
 授業内容は必要最小限の項目にとどめる。授業内容の理解を助けたり深めたりするために必要に応じてパソコンを用いた視覚的教材使用,演習や平常テストを実施し,その理解度・習得度を確認しながら授業を進め,全員が授業内容を理解できるよう配慮する。
注意点:
・再試験の条件を満たし,必要と判断した場合のみ,再試験を実施する。
・単位追認試験は実施する。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 防災工学に関するイントロダクション
概論
2週 地震 地震における基礎知識が説明できる。
3週 火山 火山における基礎知識が説明できる。
4週 津波 津波における基礎知識が説明できる。
5週 気象災害 気象災害における基礎知識が説明できる。
6週 防災地質 防災地質における基礎知識が説明できる。
7週 都市火災 都市火災における基礎知識が説明できる。
8週 定期試験 地震,火山,津波,気象災害,防災地質および都市火災における基礎知識が説明できる。
2ndQ
9週 環境災害 環境災害における基礎知識が説明できる。
10週 防災計画都市 防災計画都市における基礎知識が説明できる。
11週 災害対策 災害対策における基礎知識が説明できる。
12週 インフラストラクチャーとライフライン インフラストラクチャーとライフラインにおける基礎知識が説明できる。
13週 建築物 建築物における基礎知識が説明できる。
14週 破綻 破綻における基礎知識が説明できる。
15週 定期試験 環境災害,計画都市,災害対策,インフラと建築物における基礎知識が説明できる。
16週 試験返却 環境災害,計画都市,災害対策,インフラと建築物における基礎知識が説明できる。

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
基礎的能力自然科学物理力学物体に作用する力を図示することができる。3前2,前3,前5,前6,前8,前11,前13,前15,前16
力の合成と分解をすることができる。3前2,前3,前5,前6,前8,前11,前13,前15,前16
重力、抗力、張力、圧力について説明できる。3前2,前3,前5,前6,前8,前11,前13,前15,前16
フックの法則を用いて、弾性力の大きさを求めることができる。3前2,前3,前5,前6,前8,前11,前13,前15,前16
質点にはたらく力のつりあいの問題を解くことができる。3前2,前3,前5,前6,前8,前11,前13,前15,前16
慣性の法則について説明できる。3前2,前3,前4,前6,前8,前9,前11,前13,前15,前16
作用と反作用の関係について、具体例を挙げて説明できる。3前2,前3,前4,前5,前6,前8,前9,前13,前15,前16
運動方程式を用いた計算ができる。3前2,前3,前4,前6,前8,前9,前11,前13,前15,前16
簡単な運動について微分方程式の形で運動方程式を立て、初期値問題として解くことができる。3前2,前3,前4,前6,前8,前10,前13,前15,前16
運動の法則について説明できる。3前2,前3,前4,前5,前6,前8,前10,前11,前13,前15,前16
静止摩擦力がはたらいている場合の力のつりあいについて説明できる。3前2,前3,前13,前15,前16
最大摩擦力に関する計算ができる。3前2,前3,前4,前13,前15,前16
動摩擦力に関する計算ができる。3前2,前3,前4,前13,前15,前16
仕事と仕事率に関する計算ができる。3前2,前3,前4,前6,前8,前11,前13,前15,前16
物体の運動エネルギーに関する計算ができる。3前2,前3,前4,前6,前8,前11,前13,前15,前16
重力による位置エネルギーに関する計算ができる。3前2,前3,前4,前6,前8,前11,前13,前15,前16
弾性力による位置エネルギーに関する計算ができる。3前2,前3,前4,前6,前8,前12,前13,前15,前16
力学的エネルギー保存則を様々な物理量の計算に利用できる。3前2,前3,前4,前6,前8,前12,前13,前15,前16
周期、振動数など単振動を特徴づける諸量を求めることができる。3前2,前3,前4,前8,前12,前15,前16
単振動における変位、速度、加速度、力の関係を説明できる。3前2,前3,前4,前8,前15,前16
等速円運動をする物体の速度、角速度、加速度、向心力に関する計算ができる。3前2,前3,前4,前8,前15,前16
万有引力の法則から物体間にはたらく万有引力を求めることができる.3前2,前4,前6,前8,前11,前12,前13,前15,前16
剛体における力のつり合いに関する計算ができる。3前2,前3,前4,前6,前8,前11,前12,前13,前15,前16
波動波の振幅、波長、周期、振動数、速さについて説明できる。3前2,前3,前4,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
横波と縦波の違いについて説明できる。3前2,前3,前4,前8,前11,前12,前13,前15,前16
専門的能力分野別の専門工学建設系分野地盤土の粒径・粒度分布やコンシステンシーを理解し、地盤材料の工学的分類に適用できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
土の締固め特性を説明できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
ダルシーの法則を説明できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
透水係数と透水試験について、説明できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
透水力による浸透破壊現象を説明できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
土のせん断試験を説明できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
土のせん断特性を説明できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
土の破壊規準を説明できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
有効応力の原理を説明できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
ランキン土圧やクーロン土圧を説明でき、土圧算定に適用できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
基礎の種類とそれらの支持力公式を説明でき、土の構造物の支持力算定に適用できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
斜面の安定計算手法を説明でき、安全率等の算定に適用できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
飽和砂の液状化メカニズムを説明できる。4前6,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前15,前16
地盤改良工法や液状化対策工法について、説明できる。4前6,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前15,前16
地盤調査の分類と内容について、説明できる。4前6,前7,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前15,前16
計画都市の防災構造化を説明できる。4前1,前2,前4,前5,前7,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前14,前15,前16
施工・法規工事執行までの各プロセスを説明できる。4前6,前7,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前15,前16
施工計画の基本事項を説明できる。4前6,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前15,前16
品質管理、原価管理、工程管理、安全衛生管理、環境管理の仕組みについて、説明できる。4前6,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前15,前16
建設機械の概要を説明できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
主な建設機械の作業能力算定法を説明できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
土工の目的と施工法について、説明できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
掘削と運搬および盛土と締固めの方法について、説明できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16
基礎工の種類別に目的と施工法について、説明できる。4前4,前6,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前15,前16
コンクリート工の目的と施工法について、説明できる。4前4,前6,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前15,前16
型枠工・鉄筋工・足場支保工・打設工の流れについて、説明できる。4前6,前8,前9,前10,前11,前12,前13,前15,前16
トンネル工の目的と施工法について、説明できる。4前6,前8,前9,前11,前12,前13,前15,前16

評価割合

試験レポート相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合90100000100
地震,火山,津波,気象災害,防災地質および都市火災455000050
環境災害,計画都市,災害対策,インフラと建築物455000050
0000000
0000000