英語講読

科目基礎情報

学校 弓削商船高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 英語講読
科目番号 0076 科目区分 一般 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 情報工学科 対象学年 4
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 トランスファー 英語総合問題演習 [4ht Edition] コースC(桐原書店)
担当教員 上江 憲治

目的・到達目標

・まとまりのある文章を読んで、概要を把握し、必要な情報を読みとることができる。
・文法事項や重要表現を習得し、適切に使用することができる。
・テキストの内容に関する簡単な質問や応答などのやりとりができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
まとまりのある文章を読んで、概要を把握し、必要な情報を読みとることができる。概要を把握し、必要な情報を読みとることが十分にできる。概要を把握し、必要な情報を読みとることができる。概要を把握し、必要な情報を読みとることができない。
文法事項を習得し、適切に使用することができる。文法事項を十分に理解し、使用することができる。 文法事項を理解できる。文法事項をほとんど理解できない。
テキストの内容に関する簡単な質問や応答などのやりとりができる。質問や応答などのやりとりが十分にできる。質問や応答などのやりとりができる。質問や応答などのやりとりがほとんどできない。

学科の到達目標項目との関係

専門 A1 説明 閉じる
専門 A2 説明 閉じる
教養 C2 説明 閉じる
教養 C3 説明 閉じる
教養 D1 説明 閉じる
教養 D2 説明 閉じる
専門 E1 説明 閉じる
専門 E2 説明 閉じる
専門 E3 説明 閉じる
専門 E4 説明 閉じる

教育方法等

概要:
本授業では、長文読解を含む教科書を使用して、リーディングを中心に英語力の向上を目指す。
授業の進め方と授業内容・方法:
・文法と語彙の確認をする。
・テキストの内容理解の問題、英作文、ディスカッションに取り組む。
・まとめとして理解度チェックを行う
注意点:
・予習として、各ユニットの予習に取り組んでおくこと。
・中間試験・期末試験以外に、出席状況・出席態度・提出物の完成度を含めて評価する。
・テキストは勿論、辞書を必ず持参すること。

実務経験のある教員による授業科目

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 Introduction 授業方針と評価方法が理解できる。
Dahlについての知識を深める。
2週 Chapter 1 まとまりのある文章を読んで、その概要を把握し、必要な情報を読み取ることができる。
3週 Chapter 2 まとまりのある文章を読んで、その概要を把握し、必要な情報を読み取ることができる。
4週 Chapter 3 まとまりのある文章を読んで、その概要を把握し、必要な情報を読み取ることができる。
5週 Chapter 4 まとまりのある文章を読んで、その概要を把握し、必要な情報を読み取ることができる。
6週 Chapter 5 まとまりのある文章を読んで、その概要を把握し、必要な情報を読み取ることができる。
7週 Chapter 6 まとまりのある文章を読んで、その概要を把握し、必要な情報を読み取ることができる。
8週 中間試験
2ndQ
9週 Chapter 7 まとまりのある文章を読んで、その概要を把握し、必要な情報を読み取ることができる。
10週 Chapter 8
まとまりのある文章を読んで、その概要を把握し、必要な情報を読み取ることができる。
11週 Chapter 9 まとまりのある文章を読んで、その概要を把握し、必要な情報を読み取ることができる。
12週 Chapter 10 まとまりのある文章を読んで、その概要を把握し、必要な情報を読み取ることができる。
13週 Chapter 11 まとまりのある文章を読んで、その概要を把握し、必要な情報を読み取ることができる。
14週 Chapter 12 まとまりのある文章を読んで、その概要を把握し、必要な情報を読み取ることができる。
15週 Chapter 13 まとまりのある文章を読んで、その概要を把握し、必要な情報を読み取ることができる。
16週 期末試験

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合6020010010100
基礎的能力502001001090
専門的能力100000010