システムインターフェース

科目基礎情報

学校 弓削商船高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 システムインターフェース
科目番号 0153 科目区分 専門 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 情報工学科 対象学年 5
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 株式会社オーム社 図解コンピュータ概論 ハードウェア 橋本洋志 松永俊雄 小林裕之 天野直紀 ソフトウェア・通信ネットワーク 橋本洋志 富永和人 松永俊雄
担当教員 前田 弘文

目的・到達目標

コンピュータを通して,ハードウェアおよびソフトウェアの両面において,内部構造を理解する.また,基本的な構造を理解することで,卒業研究における論文内の説明を明確なものにする.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
コンピュータを構成する基本的な要素の役割とこれらの間でのデータの流れを説明できる.データの流れをよく説明できる.データの流れを説明できる.データの流れを説明できない.
プロセッサを実現するために考案された主要な技術を説明できる.主要な技術をよく説明できる.主要な技術を説明できる.主要な技術を説明できない.
メモリシステムを実現するために考案された主要な技術を説明できる.主要な技術をよく説明できる.主要な技術を説明できる.主要な技術を説明できない.
入出力を実現するために考案された主要な技術を説明できる.主要な技術をよく説明できる.主要な技術を説明でき主要な技術を説明できない.
コンピュータアーキテクチャにおけるトレードオフについて説明できる.トレードオフについてよく説明できる.トレードオフについて説明できる.トレードオフについて説明できない.

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
・情報機器について,一般的な概要について触れる.
・実際に卒業研究や現場において必要となる応用,適応方法について学ぶ.
授業の進め方と授業内容・方法:
・座学の講義を中心とする.
・授業開始時に授業の準備ができていないものについても「主体的・継続的な学習意欲」がないものと評価する.
注意点:
・欠席,遅刻が多いものは「主体的・継続的な学習意欲」がないものと評価する.

実務経験のある教員による授業科目

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス
ハードウェアを中心に,コンピュータの基本的構造を説明できる.
2週 コンピュータの構成と利用 ハードウェアを中心に,コンピュータの基本的構造を説明できる.
3週 データ表現 ハードウェアを中心に,コンピュータの基本的構造を説明できる.
4週 論理回路 ハードウェアを中心に,コンピュータの基本的構造を説明できる.
5週 プロセッサ
ハードウェアを中心に,コンピュータの基本的構造を説明できる.
6週 記憶装置 ハードウェアを中心に,コンピュータの基本的構造を説明できる.
7週 入力装置
ハードウェアを中心に,コンピュータの基本的構造を説明できる.
8週 中間試験
コンピュータの性能と信頼性
ソフトウェアを中心に,コンピュータの基本的構造を説明できる.
2ndQ
9週 コンピュータの性能と信頼性 ソフトウェアを中心に,コンピュータの基本的構造を説明できる.
10週 ソフトウェア ソフトウェアを中心に,コンピュータの基本的構造を説明できる.
11週 プログラム言語 ソフトウェアを中心に,コンピュータの基本的構造を説明できる.
12週 オペレーティングシステム ソフトウェアを中心に,コンピュータの基本的構造を説明できる.
13週 ファイルとデータベース ソフトウェアを中心に,コンピュータの基本的構造を説明できる.
14週 通信ネットワーク ソフトウェアを中心に,コンピュータの基本的構造を説明できる.
15週 情報化社会と情報セキュリティ ソフトウェアを中心に,コンピュータの基本的構造を説明できる.
16週

評価割合

定期試験その他合計
総合評価割合7030100
知識の基本的な理解50050
思考・推論・創造への適応力20020
主体的・継続的な学習意欲03030