情報処理応用論

科目基礎情報

学校 弓削商船高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 情報処理応用論
科目番号 0015 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 生産システム工学専攻 対象学年 専1
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 適宜講義資料を配布する.
担当教員 峯脇 さやか

目的・到達目標

バイナリモードによる画像ファイル(BMP形式),音声ファイル(WAV形式)の編集方法を学ぶ.
LaTeXによる文書作成の方法を学ぶ.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
バイナリモードで画像ファイルの作成ができる.画像ファイルフォーマットの説明と画像ファイルの作成ができる.画像ファイルの作成ができる.画像ファイルの作成ができない.
バイナリモードで音声ファイルの作成ができる.音声ファイルフォーマットの説明ができ,音声ファイルの作成ができる.音声ファイルの作成ができる.音声ファイルの作成ができない.
LaTeXによる文書作成ができる.LaTeXのコマンドが説明でき,LaTeXによる文書作成ができる.LaTeXによる文書作成ができる.LaTeXによる文書作成ができない.

学科の到達目標項目との関係

専門 A1 説明 閉じる
専門 A2 説明 閉じる
教養 D1 説明 閉じる
専門 E1 説明 閉じる
専門 E2 説明 閉じる
専門 E3 説明 閉じる

教育方法等

概要:
バイナリモードによる画像ファイル(BMP形式),音声ファイル(WAV形式)の編集方法を学ぶ.
LaTeXによる文書作成の方法を学ぶ.
授業の進め方と授業内容・方法:
実践的なスキルを身に付けるため,演習を中心とした内容で進める.
注意点:
講義30時間に対し,自学自習60時間に相当する課題(レポート,作品)を課し,成績評価に加味する.
PCの基本操作スキルを必要とする.

実務経験のある教員による授業科目

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 ガイダンス,バイナリモードによるBMP画像ファイルの編集 バイナリエディタを使用したBMP画像ファイルの作成ができる.
2週
3週
4週
5週
6週
7週 バイナリモードによるWAV音声ファイルの編集 バイナリエディタを使用したWAV音声ファイルの作成ができる.
8週
2ndQ
9週
10週
11週
12週
13週 LaTeXによる文書作成 LaTeXによる文書作成ができる.
14週
15週
16週

評価割合

試験小テストレポート口頭発表成果物・実技ポートフォリオその他合計
総合評価割合004006000100
知識の基本的な理解0000400040
思考・推論・創造への適応力00000000
汎用的技能00400200060
リーダーシップ・コミュニケーション力00000000
態度・志向性(人間力)00000000