化学1

科目基礎情報

学校 高知工業高等専門学校 開講年度 平成22年度 (2010年度)
授業科目 化学1
科目番号 0007 科目区分 一般 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 2
開設学科 総合科学科 対象学年 1
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 教科書:「化学基礎」(数研出版),「これでわかる化学」(三共出版) 参考書:「フォトサイエンス化学図録」(数研出版),「基本セレクト化学基礎」(数研出版)
担当教員 多田 佳織

目的・到達目標

【到達目標】
1. 原子,分子およびイオンの構造,化学結合の違いが分かる。
2. 物質量について理解・計算でき,また,化学反応式の組み立てからその量的関係まで理解し計算できる。
3. 酸・塩基を区別でき、pHの計算や中和反応による物質の変化について説明できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1原子およびイオンの構造が理解でき,物質を化学結合の違いで分類し,特徴について説明できる。原子およびイオンについて理解でき,化学結合の違いが分かる。原子およびイオンの構造がわからず,物質を化学結合の違いで分類できない。
評価項目2物質量を他の物理量に換算でき,化学反応式から化学量論的な計算をすることができる。物質量を求める計算ができ,化学反応式を組み立てることが できる。物質量の計算ができず,化学反応式を組み立てることができない。
評価項目3酸・塩基の分類,pH や中和の関係式を用いた計算をすることができる。酸・塩基の分類ができ,中和について説明ができる。酸・塩基の分類ができない。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
我々の身の回りをよく見ると,化学が深く関係していることに気づきます。化学1では,まず,物質を構成する粒子(原子・分子・イオンなど)ついて基礎知識を身につけた上で,いろいろな物質の変化(中和・反応熱)について学び,物質に関する基本的な概念や法則を理解します。さらに,一連の学習を通して,物質と我々の生活との関係を化学的に考察できるようにします。
授業の進め方と授業内容・方法:
教科書に準じて進めていき、講義だけでなく演習を取り入れながら進めていく。
注意点:
試験の成績75%,平素の学習状況等(課題・小テスト・レポート等を含む)を25%の割合で総合的に評価する。学期毎の評価は中間と期末の各期間の評価の平均,学年の評価は前学期と後学期の評価の平均とする。なお,後学期中間の評価は前学期中間,前学期末,後学期中間の各期間の評価の平均とする。
技術者が身につけるべき専門基礎として,到達目標に対する達成度を試験等において評価する。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 1.ガイダンス
2.化学と人間生活
授業の流れや注意事項(成績評価等)の説明する。
化学がどのように人間生活に係わっているかを理解する。
2週 3. 物質の構成と化学結合:物質の構成:純物質と混合物 純物質と混合物の違いを理解し,混合物の分離方法について説明できる。
3週 3. 物質の構成と化学結合:物質の構成:純物質と混合物・物質とその成分 物質を単体・純物質・混合物に分類することができる。また,単体と元素の違い,同素体について説明できる。
4週 3. 物質の構成と化学結合:物質の構成:物質の三態と熱運動 物質の三態とその状態変化について説明できる。
5週 3. 物質の構成と化学結合:物質の構成粒子:原子とその構造 原子の基本構造について理解できる。
6週 3. 物質の構成と化学結合:物質の構成粒子:原子とその構造 同位体について理解し,説明できる。
7週 3. 物質の構成と化学結合:物質の構成粒子:原子とその構造 電子配置を記述することができ,価電子について説明できる。
8週 3. 物質の構成と化学結合:物質の構成粒子:イオン イオンの生成について理解し,陽イオンと陰イオンについて説明できる。
2ndQ
9週 3. 物質の構成と化学結合:物質の構成粒子:イオン 代表的なイオンを化学式で表すことができる。
10週 3. 物質の構成と化学結合:物質の構成粒子:周期表 元素の周期表と周期律から元素の性質について理解する。
11週 3. 物質の構成と化学結合:粒子の結合:イオン結合とイオンからなる物質 イオン式とイオンの名称を記述でき,イオン結合について説明ができる。
12週 3. 物質の構成と化学結合:粒子の結合:イオン結合とイオンからなる物質 イオン結合性物質が説明できる。
13週 3. 物質の構成と化学結合:粒子の結合:分子と共有結合 共有結合について理解し,説明できる。
14週 3. 物質の構成と化学結合:粒子の結合:分子と共有結合 構造式や電子式を記述できる。
15週 3. 物質の構成と化学結合:粒子の結合:金属結合と金属 金属結合について理解し,説明できる。
16週
後期
3rdQ
1週 4.物質の変化:物質量と化学反応式:原子量・分子量・式量 原子の相対質量について理解し,原子量・分子量・式量を求めることができる。
2週 4.物質の変化:物質量と化学反応式:物質量 物質量(mol)について理解し,計算することができる。
3週 4.物質の変化:物質量と化学反応式:物質量 物質量(mol)について理解し,計算することができる。
4週 4.物質の変化:物質量と化学反応式:物質量 物質量(mol)について理解し,計算することができる。
5週 4.物質の変化:物質量と化学反応式:物質量 物質量と他の物理量との関係を理解し,換算ができる。
6週 4.物質の変化:物質量と化学反応式:化学反応式と物質量 化学反応式を組み立てることができる。
7週 4.物質の変化:物質量と化学反応式:化学反応式と物質量 化学反応式の量的関係・関連する法則を記述することができる。
8週 4.物質の変化:物質量と化学反応式:溶液の濃度 質量パーセント濃度,モル濃度について理解し,計算できる。
4thQ
9週 4.物質の変化:物質量と化学反応式:溶液の濃度 質量パーセント濃度,モル濃度について理解し,計算できる。
10週 5. 物質の変化:酸と塩基の反応:酸・塩基 酸・塩基の定義ができる(アレニウスの定義,ブレンステッド・ローリーの定義)。
11週 5. 物質の変化:酸と塩基の反応:酸・塩基 電離度とは何か理解し,酸・塩基の強弱から分類をすることができる。
12週 5. 物質の変化:酸と塩基の反応:水の電離と水溶液のpH 水の電離を理解し,pHを求めることができる。
13週 5. 物質の変化:酸と塩基の反応:水の電離と水溶液のpH 水素イオン濃度および水酸化物イオン濃度が計算でき,pHの計算ができる。
14週 5. 物質の変化:酸と塩基の反応:中和反応 中和とは何か説明ができる。中和適定の操作および適定曲線が理解できる。
15週 5. 物質の変化:酸と塩基の反応:中和反応・塩 中和の関係式を用いて未知の濃度や体積を求めることができる。塩について理解し,説明できる。
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合75000025100
基礎的能力7000002595
専門的能力0000000
分野横断的能力5000005