建築計画I

科目基礎情報

学校 高知工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 建築計画I
科目番号 5474 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 環境都市デザイン工学科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 教科書:第3版コンパクト建築設計資料集成(日本建築学会) 参考書:配布プリント
担当教員 三橋 修

目的・到達目標

1.図面表記、寸法体系、空間と人間の関連性の基礎的事項を理解し、建築の基本図面を読むことができる。
2.空間の性能、計画手法を事例から読み取ることができる。
3.設計資料を適切に活用し、演習に取り組むことができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
図面表記、寸法体系、空間と人間の関連性の基礎的事項を理解し、建築の基本図面を読むことができる。図面表記、寸法体系、空間と人間の関連性の基礎的事項を理解し、建築の基本図面を読むことができ、その特徴を説明することができる。図面表記、寸法体系、空間と人間の関連性の基礎的事項を理解し、建築の基本図面を読むことができる。図面表記、寸法体系、空間と人間の関連性の基礎的事項は理解できるが、建築の基本図面を読むことができない。
空間の性能、計画手法を事例から読み取ることができる。空間の性能、計画手法を事例から的確に読み取ることができる。空間の性能、計画手法を事例から的確に読み取ることができる。空間の性能、計画手法を事例から的確に読み取ることができない。
設計資料を適切に活用し、演習に取り組むことができる。設計資料を適切に活用し、演習をまとめることができる。設計資料を適切に活用し、演習に適用することができる。設計資料を適切に活用し、演習に取り組むことができない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 (B) 説明 閉じる
JABEE評価 基準1(2)(d)(3) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
私たちの身のまわりにある住宅や、さまざまな建築物,町に興味・関心を持ち,そこで暮らす生活の営みや自然環境などを工学的にとらえる力を身につける。そして,建築設計を実践できるさまざまな知識や技術などについて理解を深め,自ら建築設計創造のできる能力を養う。
授業の進め方と授業内容・方法:
本授業では、①講義、プレゼンテーション、およびミニワークにより建築設計に必要な知識を学んだ上で(理論の教授)、②演習に取り組むことで、知識の定着及び活用を図る(実践による知識の定着・活用)ことを目指す。予習として、授業範囲の教科書を通読すること。また、一つでも多く実際の作品を数多く見ることを推奨する。
注意点:
試験の成績を60%,平素の学習状況等(課題・小テスト・プレゼンテーション等を含む)を40%の割合で総合的に評価する。学期末の成績は、中間と期末の各期間の評価の平均とする。技術者が身につけるべき専門基礎として,到達目標に対する達成度を評価する。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 授業ガイダンス、建築を計画する際に建築士が考慮すべき点について考える。 建築を計画するとはどういうことか、また、設計する際に考慮すべき点を、実例を持って説明できる。
2週 建築設計のプロセス、設計表現、建築設計図書 建築設計のプロセス、及び必要な建築設計図書について説明できる。
3週 空間における人間の行動・心理 空間における人間の行動・心理に関する理論について説明できる。
4週 寸法体系・モデュール 設計に必要な様々な寸法体系について説明できる。
5週 寸法体系・モデュール 設計に必要な様々な寸法体系について説明できる。
6週 寸法体系・演習問題 設計に必要な様々な寸法体系について説明できる。
7週 風土と形態 風土と形態の関係を説明することができる。
8週 形態と知覚 形態と知覚の関係を事例から説明することができる。
4thQ
9週 空間の性能 空間の性能について説明することができる。
10週 空間の性能 空間の性能について説明することができる。
11週 計画の手法 計画の手法について説明することができる。
12週 個人住宅の計画 個人住宅の計画について説明することができる。
13週 個人・集合住宅の計画 個人住宅、及び集合住宅の計画について説明することができる。
14週 集合住宅の計画 集合住宅の計画について説明することができる。
15週 試験返却・解説 試験で間違えた個所を把握して理解できるようになる。
16週

評価割合

試験設計(エスキース)課題プレゼンテーション合計
総合評価割合602020100
基礎的能力0000
専門的能力40101060
分野横断的能力20101040