科学技術英語

科目基礎情報

学校 高知工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 科学技術英語
科目番号 5527 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 環境都市デザイン工学科 対象学年 5
開設期 通年 週時間数 1
教科書/教材 教材:DUO3.0、 プリント等
担当教員 木村 竜士

目的・到達目標

【到達目標】
1.英語基礎表現を聞いて理解できる。
2.一般的な英文を読んで,内容を理解することができる。
3.英文で書かれた文献等を読んで,内容を理解することができる。
4.各自の卒業研究について,簡単な英文概要を作成し,3分程度のプレゼンテーションができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
1.基礎的な日常英語表現を聞いて理解できる。基礎的な日常英語表現を聞いて理解できる。基礎的な日常英語表現を聞いて概ね理解できる。基礎的な日常英語表現を聞いてもほとんど理解できない。
2.基礎的な英文を読んで,内容を理解できる。基礎的な英文を読んで,内容を理解できる。基礎的な英文を読んで,内容を概ね理解できる。基礎的な英文を読んで,内容を理解できない。
3.英文で書かれた文献等を読んで,内容を理解できる。英文で書かれた文献等を読んで,内容を理解できる。英文で書かれた文献等を読んで,内容を概ね理解できる。英文で書かれた文献等を読んで,内容を理解できない。
4.卒業研究に関する簡単な英語紹介文の作成およびプレゼンテーションができる。卒業研究に関する簡単な英語紹介文の作成およびプレゼンテーションができる。卒業研究に関する簡単な英語紹介文の作成およびプレゼンテーションが概ねできる。卒業研究に関する簡単な英語紹介文の作成およびプレゼンテーションがほとんどできない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標  (E) 説明 閉じる
JABEE評価 基準1(2)(f) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
世界に飛躍するために必要な基礎的語学力やコミュニケーション能力を身につけるために,日常英会話を聞く・話す力を向上させるとともに,各種英文を正しく理解し,簡単な科学技術論文やレポートを英文で記述できるための基礎知識を学ぶ。これにより,技術者として必要な英語によるコミュニケーション能力,科学技術英語の基礎知識を習得することができる。
授業の進め方と授業内容・方法:
授業は,予習状況を確認する小テスト(5分),英単語・英語表現(20分)、リスニング(20分)で構成する。毎回,英単語,英文読解等の課題を課し,レポートとして提出させる。
注意点:
試験の成績60%,平素の学習状況等(課題・小テスト・レポート等を含む)40%の割合を基準として総合的に評価する。各期の成績は,学年始めから各期までの成績を平均して評価する。技術者が身につけるべき専門基礎として,到達目標に対する達成度を試験等において評価する。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 1.授業の概要の説明。 受講内容を理解する。
2週 1.英語表現[2-15]:基礎的な日常英語表現、リスニングのトレーニングを行う。 基礎的な日常英語表現を聞き,英文を読んで,それらの内容を理解できる。
3週 1.英語表現[2-15]:基礎的な日常英語表現、リスニングのトレーニングを行う。 基礎的な日常英語表現を聞き,英文を読んで,それらの内容を理解できる。
4週 1.英語表現[2-15]:基礎的な日常英語表現、リスニングのトレーニングを行う。 基礎的な日常英語表現を聞き,英文を読んで,それらの内容を理解できる。
5週 1.英語表現[2-15]:基礎的な日常英語表現、リスニングのトレーニングを行う。 基礎的な日常英語表現を聞き,英文を読んで,それらの内容を理解できる。
6週 1.英語表現[2-15]:基礎的な日常英語表現、リスニングのトレーニングを行う。 基礎的な日常英語表現を聞き,英文を読んで,それらの内容を理解できる。
7週 1.英語表現[2-15]:基礎的な日常英語表現、リスニングのトレーニングを行う。 基礎的な日常英語表現を聞き,英文を読んで,それらの内容を理解できる。
8週 1.英語表現[2-15]:基礎的な日常英語表現、リスニングのトレーニングを行う。 基礎的な日常英語表現を聞き,英文を読んで,それらの内容を理解できる。
2ndQ
9週 1.英語表現[2-15]:基礎的な日常英語表現、リスニングのトレーニングを行う。 基礎的な日常英語表現を聞き,英文を読んで,それらの内容を理解できる。
10週 1.英語表現[2-15]:基礎的な日常英語表現、リスニングのトレーニングを行う。 基礎的な日常英語表現を聞き,英文を読んで,それらの内容を理解できる。
11週 1.英語表現[2-15]:基礎的な日常英語表現、リスニングのトレーニングを行う。 基礎的な日常英語表現を聞き,英文を読んで,それらの内容を理解できる。
12週 1.英語表現[2-15]:基礎的な日常英語表現、リスニングのトレーニングを行う。 基礎的な日常英語表現を聞き,英文を読んで,それらの内容を理解できる。
13週 1.英語表現[2-15]:基礎的な日常英語表現、リスニングのトレーニングを行う。 基礎的な日常英語表現を聞き,英文を読んで,それらの内容を理解できる。
14週 1.英語表現[2-15]:基礎的な日常英語表現、リスニングのトレーニングを行う。 基礎的な日常英語表現を聞き,英文を読んで,それらの内容を理解できる。
15週 1.英語表現[2-15]:基礎的な日常英語表現、リスニングのトレーニングを行う。 基礎的な日常英語表現を聞き,英文を読んで,それらの内容を理解できる。
16週
後期
3rdQ
1週 2.英語表現+科学技術英語[16-22]:前期の内容に付け加え、自らの研究テーマに関する英語論文を読み、理解する。 英文で書かれた専門分野の文献等を読んで,その内容が理解できる。
2週 2.英語表現+科学技術英語[16-22]:前期の内容に付け加え、自らの研究テーマに関する英語論文を読み、理解する。 英文で書かれた専門分野の文献等を読んで,その内容が理解できる。
3週 2.英語表現+科学技術英語[16-22]:前期の内容に付け加え、自らの研究テーマに関する英語論文を読み、理解する。 英文で書かれた専門分野の文献等を読んで,その内容が理解できる。
4週 2.英語表現+科学技術英語[16-22]:前期の内容に付け加え、自らの研究テーマに関する英語論文を読み、理解する。 英文で書かれた専門分野の文献等を読んで,その内容が理解できる。
5週 2.英語表現+科学技術英語[16-22]:前期の内容に付け加え、自らの研究テーマに関する英語論文を読み、理解する。 英文で書かれた専門分野の文献等を読んで,その内容が理解できる。
6週 2.英語表現+科学技術英語[16-22]:前期の内容に付け加え、自らの研究テーマに関する英語論文を読み、理解する。 英文で書かれた専門分野の文献等を読んで,その内容が理解できる。
7週 2.英語表現+科学技術英語[16-22]:前期の内容に付け加え、自らの研究テーマに関する英語論文を読み、理解する。 英文で書かれた専門分野の文献等を読んで,その内容が理解できる。
8週 5.科学技術英語ライティング・プレゼンテーション[23-30]:各自の卒業研究の概要を英訳し,プレゼンテーションを行う。 卒業研究に関連する英単語を調べ,簡単な紹介文を作成できる。
4thQ
9週 5.科学技術英語ライティング・プレゼンテーション[23-30]:各自の卒業研究の概要を英訳し,プレゼンテーションを行う。 卒業研究に関連する英単語を調べ,簡単な紹介文を作成できる。
10週 5.科学技術英語ライティング・プレゼンテーション[23-30]:各自の卒業研究の概要を英訳し,プレゼンテーションを行う。 卒業研究に関連する英単語を調べ,簡単な紹介文を作成できる。
11週 5.科学技術英語ライティング・プレゼンテーション[23-30]:各自の卒業研究の概要を英訳し,プレゼンテーションを行う。 卒業研究について3分間のプレゼンテーションができる。
12週 5.科学技術英語ライティング・プレゼンテーション[23-30]:各自の卒業研究の概要を英訳し,プレゼンテーションを行う。 卒業研究について3分間のプレゼンテーションができる。
13週 5.科学技術英語ライティング・プレゼンテーション[23-30]:各自の卒業研究の概要を英訳し,プレゼンテーションを行う。 卒業研究について3分間のプレゼンテーションができる。
14週 5.科学技術英語ライティング・プレゼンテーション[23-30]:各自の卒業研究の概要を英訳し,プレゼンテーションを行う。 卒業研究について3分間のプレゼンテーションができる。
15週 5.科学技術英語ライティング・プレゼンテーション[23-30]:各自の卒業研究の概要を英訳し,プレゼンテーションを行う。 卒業研究について3分間のプレゼンテーションができる。
16週

評価割合

試験小テスト演習課題合計
総合評価割合605350100
基礎的能力40525070
専門的能力20010030
分野横断的能力00000