建築設備

科目基礎情報

学校 高知工業高等専門学校 開講年度 平成30年度 (2018年度)
授業科目 建築設備
科目番号 5573 科目区分 専門 / 選択
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 環境都市デザイン工学科 対象学年 5
開設期 後期 週時間数 2
教科書/教材 必要に応じてプリント配布
担当教員 木村 竜士

目的・到達目標

【到達目標】
1. 空調設備に関わる基礎的な知識と計算ができる。
2. 換気設備に関わる基礎的な知識と計算ができる。
3. 給排水設備に関わる基礎的な知識と計算ができる。
4.電気設備に関わる基礎的な知識と計算ができる。
5.輸送・防災・通信などに関わる設備の基礎的な知識と計算ができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1建築設備に関する全般的な専門用語を説明できる。建築設備に関する基礎的な専門用語を説明できる。建築設備に関する基礎的な専門用語を説明できない。
評価項目2建築設備に関わる計算の応用問題が解ける。建築設備に関わる計算の基礎問題が解ける。建築設備に関わる計算の基礎問題が解けない。

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標  (D) 説明 閉じる
JABEE評価 基準1(2)(d)(3) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
建築設備は私たち人間が安全で快適に暮らしてゆくのに建築物には不可欠なものであり,建物に生命を与えるものでもあります。とくに最近は人々の生活程度が高級化し,また建物が高層化したり,インテリジェントビルなどのように質的に高度な建物が出現するにあたって,建築設備の技術もより広範囲に高度化し複雑化してきています。授業では建築設備全般の基礎的知識を学生にしっかり理解してもらい,建築設備の専門的基礎知識を習得する。
授業の進め方と授業内容・方法:
講義形式、二級建築士試験に準じた内容
注意点:
試験の成績(80%),平素の学習状況等(課題・小テスト・レポート等を含む)20%の割合で総合的に評価する。学期末の成績は,中間と期末の各期間の評価の平均とする。技術者が身につけるべき専門基礎として,到達目標に対する達成度を試験等において評価する。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
3rdQ
1週 建築設備概説[1]:講義内容の説明・建築設備全般の概要を説明。 講義の目的が説明できる。
2週 空気調和設備[2-5]:冷暖房設備,換気設備,空気調和設備のシステムの基本事項を学ぶ。 冷暖房設備,換気設備,空気調和設備のシステムの基本事項が説明できる。
3週 空気調和設備[2-5]:冷暖房設備,換気設備,空気調和設備のシステムの基本事項を学ぶ。 冷暖房設備,換気設備,空気調和設備のシステムの基本事項が説明できる。
4週 空気調和設備[2-5]:冷暖房設備,換気設備,空気調和設備のシステムの基本事項を学ぶ。 冷暖房設備,換気設備,空気調和設備のシステムの基本事項が説明できる。
5週 空気調和設備[2-5]:冷暖房設備,換気設備,空気調和設備のシステムの基本事項を学ぶ。 冷暖房設備,換気設備,空気調和設備のシステムの基本事項が説明できる。
6週 給排水衛生設備[6-10]:給水設備,給湯設備,排水設備,ガス設備,衛生器具設備,消火設備に関する基本事項を学ぶ。 給水設備,給湯設備,排水設備,ガス設備,衛生器具設備,消火設備に関する基本事項が説明できる。
7週 給排水衛生設備[6-10]:給水設備,給湯設備,排水設備,ガス設備,衛生器具設備,消火設備に関する基本事項を学ぶ。 給水設備,給湯設備,排水設備,ガス設備,衛生器具設備,消火設備に関する基本事項が説明できる。
8週 給排水衛生設備[6-10]:給水設備,給湯設備,排水設備,ガス設備,衛生器具設備,消火設備に関する基本事項を学ぶ。 給水設備,給湯設備,排水設備,ガス設備,衛生器具設備,消火設備に関する基本事項が説明できる。
4thQ
9週 給排水衛生設備[6-10]:給水設備,給湯設備,排水設備,ガス設備,衛生器具設備,消火設備に関する基本事項を学ぶ。 給水設備,給湯設備,排水設備,ガス設備,衛生器具設備,消火設備に関する基本事項が説明できる。
10週 給排水衛生設備[6-10]:給水設備,給湯設備,排水設備,ガス設備,衛生器具設備,消火設備に関する基本事項を学ぶ。 給水設備,給湯設備,排水設備,ガス設備,衛生器具設備,消火設備に関する基本事項が説明できる。
11週 建築電気設備[11-13]:照明とコンセント設備,動力設備と配線工事,電源施設と電力供給情報設備,防災設備の基本的事項を学ぶ。 照明とコンセント設備,動力設備と配線工事,電源施設と電力供給情報設備,防災設備の基本的事項が説明できる。
12週 建築電気設備[11-13]:照明とコンセント設備,動力設備と配線工事,電源施設と電力供給情報設備,防災設備の基本的事項を学ぶ。 照明とコンセント設備,動力設備と配線工事,電源施設と電力供給情報設備,防災設備の基本的事項が説明できる。
13週 建築電気設備[11-13]:照明とコンセント設備,動力設備と配線工事,電源施設と電力供給情報設備,防災設備の基本的事項を学ぶ。 照明とコンセント設備,動力設備と配線工事,電源施設と電力供給情報設備,防災設備の基本的事項が説明できる。
14週 その他設備[14]:エレベータ設備,エスカレータ設備、情報セキュリティの基本的事項を学ぶ。 その他(エレベータ設備,エスカレータ設備等)の基本的事項が説明できる。
15週 エネルギー評価[15]:CASBEE、PAL、CECの基本的事項を学ぶ。 CASBEE、PAL、CECの基本的事項が説明できる。
16週

評価割合

試験発表相互評価学習状況ポートフォリオその他合計
総合評価割合80002000100
基礎的能力4000200060
専門的能力200000020
分野横断的能力200000020