環境工学

科目基礎情報

学校 高知工業高等専門学校 開講年度 平成26年度 (2014年度)
授業科目 環境工学
科目番号 0046 科目区分 専門 / 必修
授業形態 講義 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 環境都市デザイン工学科 対象学年 5
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 教科書:羽田・江成「環境工学」(森北出版) 参考書:住友・村上・伊藤「環境工学」(理工図書),石井「環境工学」(森北出版)
担当教員 寺田 幸博

目的・到達目標

【到達目標】
地球環境,自然環境,大気環境,土壌環境,廃棄物,騒音と振動,建設と環境,環境保全等の現状と問題解決の方向性を説明できる。また,環境アセスメントの内容を理解し,建設技術者としての役割と手続きの概要を述べることができる。さらに,環境マネジメントシステムにおけるPDCAサイクルについて学ぶ。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1地球環境,自然環境,大気環境,土壌環境,廃棄物,騒音と振動,建設と環境,環境保全等の現状と問題解決の方向性を説明できる。地球環境,自然環境,大気環境,土壌環境,廃棄物,騒音と振動,建設と環境,環境保全等の現状と問題解決の方向性を理解している。地球環境,自然環境,大気環境,土壌環境,廃棄物,騒音と振動,建設と環境,環境保全等の現状と問題解決の方向性を理解している。
評価項目2環境アセスメントに対して、建設技術者としての役割と手続きの概要を説明できる。環境アセスメントの内容を理解している。環境アセスメントに対して、建設
評価項目3環境マネジメントシステムにおけるPDCAサイクルについて理解している。環境マネジメントシステムにおけるPDCAサイクルについて知識がある。環境マネジメントシステムにおけるPDCAサイクルについて知識がある。

学科の到達目標項目との関係

教育方法等

概要:
現在地球規模で問題となっている地球環境,自然環境,大気環境,近年地域規模で問題となっている放射能・放射線,土壌環境,廃棄物問題,振動・騒音及びこれらの保全対策について,その定義や詳細な内容を学びます。この講義では,建設技術者として人間活動が自然環境に与える影響について考え,技術者が身につけるべき専門基礎知識を習得することを目標とします。
授業の進め方と授業内容・方法:
講義を中心とする。ただし、第2週から第4週の環境影響評価については、環境省の提示する方法書良好事例を用いた実践的ロールプレイ(国民、事業者)を実施し、演習的要素も加味する。
注意点:
試験の成績を60%,平素の学習状況等(レポート課題や小テスト等を含む)を40%の割合で総合的に評価する。成績の評価は,後学期中間と学年末の各期間の評価の平均とする。技術者が身につけるべき専門基礎として,到達目標に対する達成度を試験等において評価する。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 授業の全体像と地球環境(1)[1] 授業の内容と地球環境問題の背景等を説明できる。
2週 環境アセスメント[2-6] 環境アセスメントの対象事業とそのプロセスを説明できる。
3週 環境アセスメント[2-6] 環境省発行の良好事例の方法書を理解できる。
4週 環境アセスメント[2-6] 良好事例の土地区画整備事業に対して、住民の立場で意見を出すことができる。
5週 環境アセスメント[2-6] 事業者としての立場で、良好事例に対する建設事業と環境,建設工事に伴う公害問題とその対策についてまとめることができる。
6週 環境アセスメント[2-6] 事業者としての立場で、良好事例に対する建設事業と環境,建設工事に伴う公害問題とその対策についてまとめることができる。
7週 地球環境(2)[7] 環境問題とその生態系への影響について理解できる。
8週 近年の環境問題[8] 放射能,放射線について理解できる。
2ndQ
9週 自然環境とその特性[9] 森林生態系,河口・沿岸生態系,我が国の自然環境について説明できる。
10週 大気環境[10] 大気環境の特性,大気汚染物質,大気汚染の防止,地球規模の大気汚染について理解している。
11週 土壌環境 [11] 土壌環境の問題,土壌汚染対策について説明できる。
12週 騒音[12] 音の性質と騒音,騒音の環境基準,騒音の伝搬・防止対策について説明できる。
13週 振動[13] 振動の性質,振動の規制,振動の伝搬について説明できる。
14週 環境マネジメントシステム [14-15] ISO14001に規定する「要求事項と手順」について理解している。
15週 環境マネジメントシステム [14-15] ISO14001に規定する「要求事項と手順」について理解している。
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合60000040100
基礎的能力0000000
専門的能力0000000
分野横断的能力60000040100