卒業研究

科目基礎情報

学校 高知工業高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 卒業研究
科目番号 1018 科目区分 専門 / 必修
授業形態 実験・実習 単位の種別と単位数 履修単位: 8
開設学科 環境都市デザイン工学科 対象学年 5
開設期 通年 週時間数 8
教科書/教材 卒業研究テーマに関連する教科書・教材・参考書等
担当教員 竹内 光生,山崎 利文,岡林 宏二郎,山崎 慎一,横井 克則,岡田 将治,西岡 建雄,木村 竜士,北山 めぐみ,池田 雄一,近藤 拓也,山田 悠二

目的・到達目標

【到達目標】
1.研究テーマに関連するデザイン能力、専門的知識とその応用能力、計画的な実行力、自主学習能力が身についている。2.研究成果を学術論文として論理的にまとめることができる。3.研究成果をパワーポイント等を用いて分かりやすく制限時間内に発表でき、質疑応答もできる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1研究テーマに関連するデザイン能力、専門的知識とその応用能力、計画的な実行力、自主学習能力が十分に身についている。研究テーマに関連するデザイン能力、専門的知識とその応用能力、計画的な実行力、自主学習能力が身についている。研究テーマに関連するデザイン能力、専門的知識とその応用能力、計画的な実行力、自主学習能力が身についていない。
評価項目2研究成果を学術論文として極めて論理的にまとめることができる。 研究成果を学術論文として論理的にまとめることができる。 研究成果を学術論文として論理的にまとめることができない。
評価項目3研究成果をパワーポイント等を用いてとても分かりやすく制限時間内に発表でき、質疑回答も優れている。 研究成果をパワーポイント等を用いて分かりやすく制限時間内に発表でき、質疑回答もできる。 研究成果をパワーポイント等を用いて分かりやすく制限時間内に発表できず、質疑回答もできない。

学科の到達目標項目との関係

JABEE新基準1(2) (d) 説明 閉じる
JABEE新基準1(2) (e) 説明 閉じる
JABEE新基準1(2) (f) 説明 閉じる
JABEE新基準1(2) (g) 説明 閉じる
JABEE新基準1(2) (h) 説明 閉じる
学習・教育到達目標 2(E) 説明 閉じる
学習・教育到達目標 3(F) 説明 閉じる

教育方法等

概要:
卒業研究は建設工学の専門総合科目の一つであり、1年~4年生の間に修得した専門知識等を基礎として、指導教員とコミュニケーションを取りながら、より学術的な研究テーマに対して積極的に調査・研究・実験を1年間通じて実施するものである。最後に「卒業論文」、「卒業論文概要」、「研究日誌」を作成して、「卒業研究発表会」で口述発表を行う。土木学会四国支部技術研究発表会での報告も目標としている。
授業の進め方と授業内容・方法:
各教員(研究室)当たり3~4名配属され、指導教員の指導のもとで実施する。
1.研究の準備:研究テーマの決定と研究遂行のための大まかな研究スケジュールを計画する。
2.文献・資料収集:研究内容に関連する文献・資料を収集整理して内容の理解を深め、問題意識を明確にする。
3.実作業の実施:予備調査や予備実験などを経て、調査・計算・実験等を効率的に実施して結果を考察する。必要があればフィードバックする。
4.「中間発表会」の概要作成と口述発表:卒業研究の途中経過について概要作成と口述発表を行う。時期は10月中の金曜日とし、指定時間(5分:発表3分、質疑応答2分)内に発表できるように準備する。
5.「卒業論文」、「卒業論文概要」および「研究日誌」の作成・提出:作成要項に従ってパソコン等で作成する。指導教員の確認後、所定の期限までに提出する。
6.「卒業研究発表会」での口述発表:所定の日時に実施される卒業研究発表会において口述発表を行う。各人10分を目安とし、論文要旨を7分以内に発表し、その後2名以上の質疑に応答しなければならない。
注意点:
1.卒業研究は必履修科目で通年8単位である。もちろん3分の2以上の出席が必要である。卒業研究が合格でなければ卒業できない(卒業要件の一つ)。時間割表に組み込まれる卒業研究の授業時間数は週当たり前期5時間、後期7時間であるが、単位数は8単位(年間240時間以上)となっている。よって、卒業研究は授業で定められた時間以外に、別途放課後や休日、長期休暇中を活用し、指導教員のもとで少なくとも週当たり2時間分の研究を取り組む必要がある。また、卒業研究に取り組んだ実質時間数(昼休み等の休憩時間は除く)や研究内容は、必ず「研究日誌」に記録し、その都度指導教員の確認を受ける。
2.中間発表、卒業論文、卒論概要と卒研発表、研究時間における審査表に基づいて全教員が記入し、総合的に「合否」を評価する。技術者が身につけるべき専門基礎として、建設工学専門分野の課題を解決するために、学問的に深く考え、調べ、明らかにする方法及び専門基礎知識の理解の程度を評価する。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 研究の準備[1]:研究テーマの決定とスケジュールを計画する。 研究テーマに関する専門的知識や応用能力などを活用できる。
2週 文献・資料収集[2-9]:文献・資料を収集整理して理解を深める。 研究テーマに関する専門的知識や応用能力などを活用できる。
3週 文献・資料収集[2-9]:文献・資料を収集整理して理解を深める。 研究テーマに関する専門的知識や応用能力などを活用できる。
4週 文献・資料収集[2-9]:文献・資料を収集整理して理解を深める。 研究テーマに関する専門的知識や応用能力などを活用できる。
5週 文献・資料収集[2-9]:文献・資料を収集整理して理解を深める。 研究テーマに関する専門的知識や応用能力などを活用できる。
6週 文献・資料収集[2-9]:文献・資料を収集整理して理解を深める。 研究テーマに関する専門的知識や応用能力などを活用できる。
7週 文献・資料収集[2-9]:文献・資料を収集整理して理解を深める。 研究テーマに関する専門的知識や応用能力などを活用できる。
8週 文献・資料収集[2-9]:文献・資料を収集整理して理解を深める。 研究テーマに関する専門的知識や応用能力などを活用できる。
2ndQ
9週 文献・資料収集[2-9]:文献・資料を収集整理して理解を深める。 研究テーマに関する専門的知識や応用能力などを活用できる。
10週 作業の実施[10-15]:予備調査や実験を経て、研究結果を考察する。 調査や実験が自主的、計画的に実行することができる。
11週 作業の実施[10-15]:予備調査や実験を経て、研究結果を考察する。 調査や実験が自主的、計画的に実行することができる。
12週 作業の実施[10-15]:予備調査や実験を経て、研究結果を考察する。 調査や実験が自主的、計画的に実行することができる。
13週 作業の実施[10-15]:予備調査や実験を経て、研究結果を考察する。 調査や実験が自主的、計画的に実行することができる。
14週 作業の実施[10-15]:予備調査や実験を経て、研究結果を考察する。 調査や実験が自主的、計画的に実行することができる。
15週 作業の実施[10-15]:予備調査や実験を経て、研究結果を考察する。 調査や実験が自主的、計画的に実行することができる。
16週
後期
3rdQ
1週 中間発表の準備[16]:卒業研究の途中経過の概要を作成する。 研究成果を論理的にまとめることができる。
2週 中間発表の準備[17]:卒業研究の途中経過の発表の準備をする。 研究成果を制限時間内に分かりやすく説明できる。
3週 中間発表[18]:卒業研究の途中経過について口頭発表する。 研究成果を制限時間内に分かりやすく説明できる。
4週 作業の実施[19-23]:調査・計算・実験等の結果を考察する。 調査や実験が自主的、計画的に実行することができる。
5週 作業の実施[19-23]:調査・計算・実験等の結果を考察する。 調査や実験が自主的、計画的に実行することができる。
6週 作業の実施[19-23]:調査・計算・実験等の結果を考察する。 調査や実験が自主的、計画的に実行することができる。
7週 作業の実施[19-23]:調査・計算・実験等の結果を考察する。 調査や実験が自主的、計画的に実行することができる。
8週 作業の実施[19-23]:調査・計算・実験等の結果を考察する。 調査や実験が自主的、計画的に実行することができる。
4thQ
9週 卒業論文の作成[24-26]:研究成果を最終的に論文としてまとめる。 研究成果を論理的にまとめることができる。
10週 卒業論文の作成[24-26]:研究成果を最終的に論文としてまとめる。 研究成果を論理的にまとめることができる。
11週 卒業論文の作成[24-26]:研究成果を最終的に論文としてまとめる。 研究成果を論理的にまとめることができる。
12週 論文概要の作成[27]:卒論概要を作成する。 研究成果を論理的にまとめることができる。
13週 卒業研究発表会の準備[28]:卒業研究発表会での発表準備を行う。 研究成果を制限時間内に分かりやすく説明できる。
14週 卒業研究発表会[29]:卒業研究の最終成果を口頭発表する。 研究成果を制限時間内に分かりやすく説明できる。
15週 論文修正[30]:査読意見に基づき卒業論文の修正を行う。再発表の学生は口頭発表する。 研究成果を論理的にまとめることができる。研究成果を制限時間内に分かりやすく説明できる。
16週

評価割合

中間発表卒論概要卒業論文卒研発表研究日誌その他合計
総合評価割合20202020200100
基礎的能力1010101010050
専門的能力1010101010050
分野横断的能力0000000