制御情報工学特論

科目基礎情報

学校 久留米工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 制御情報工学特論
科目番号 6S25 科目区分 専門 / 選択
授業形態 講義 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 機械・電気システム工学専攻(制御情報工学コース) 対象学年 専1
開設期 前期 週時間数 2
教科書/教材 各担当講師が配布するテキスト、資料など
担当教員 小田 幹雄

目的・到達目標

1.該当する分野の専門技術に関する知識の修得およびそれらを問題解決に応用することができる。
2.日本語による論理的な記述、口頭発表、討議などのコミュニケーションができる。
3.自主的、継続的に学習することができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1該当する分野の専門技術に関する知識の修得およびそれらを問題解決に応用することができる。該当する分野の専門技術に関する知識の修得およびそれらを問題解決に応用することがある程度できる。該当する分野の専門技術に関する知識の修得およびそれらを問題解決に応用することができない。
評価項目2日本語による論理的な記述、口頭発表、討議などのコミュニケーションができる。日本語による論理的な記述、口頭発表、討議などのコミュニケーションがある程度できる。日本語による論理的な記述、口頭発表、討議などのコミュニケーションができない。
評価項目3自主的、継続的に学習することができる。自主的、継続的に学習することがある程度できる。自主的、継続的に学習することができない。

学科の到達目標項目との関係

JABEE C-1 説明 閉じる

教育方法等

概要:
九州高専間の特別聴講学生制度に基づく単位互換科目として、サマーレクチャーと銘打ち、本校を中心に夏休み期間中1週間2単位の集中講義を実施する。その目的は、各高専の特徴を生かした専門特論を少人数の専攻科学生を対象に広く深く教授し、特化専門分野の高度技術の習得、今日の先端技術についての実践的技量の習得、および専攻科学生の交流である。
授業の進め方と授業内容・方法:
講義、演習、実習、実験、見学会などにより実施する。
注意点:
各担当講師がレポート、演習課題などで採点し、それらの成績を総合して評価を行う。総合成績が60点以上を合格とする。再試は行わない。
講義テーマについて、事前学習および復習をすること。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 本講義では、情報処理や制御工学に関するテーマを設定し、基礎知識から産業界現場の応用技術について学ぶ。また、テーマに則した演習、施設見学を実施する。先端技術を含む高度な講義にするため、講師は他の教育機関、企業からも招聘する。
2週
3週
4週
5週
6週
7週
8週
2ndQ
9週
10週
11週
12週
13週
14週
15週
16週

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
分野横断的能力総合的な学習経験と創造的思考力総合的な学習経験と創造的思考力総合的な学習経験と創造的思考力工学的な課題を論理的・合理的な方法で明確化できる。3前1
公衆の健康、安全、文化、社会、環境への影響などの多様な観点から課題解決のために配慮すべきことを認識している。3前1

評価割合

試験レポート、演習課題等相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合01000000100
基礎的能力040000040
専門的能力060000060
分野横断的能力0000000