専攻科インターンシップ

科目基礎情報

学校 久留米工業高等専門学校 開講年度 令和03年度 (2021年度)
授業科目 専攻科インターンシップ
科目番号 6C25 科目区分 専門 / 選択
授業形態 実習 単位の種別と単位数 学修単位: 2
開設学科 物質工学専攻(生物応用化学コース) 対象学年 専1
開設期 通年 週時間数 1
教科書/教材 実習内容に関連する文献、資料など
担当教員 笈木 宏和,小袋 由貴,黒飛 敬,川上 雄士

目的・到達目標

1.技術が社会に及ぼす影響・効果、技術者が社会に対して負っている責任を理解できる。
2.実験などを計画・遂行し、その結果を解析し、工学的に考察することができる。
3.該当分野の専門技術に関する知識を得て、それらを問題解決に応用することができる。
4.日本語による論理的な記述を行ったり、口頭発表や討議などを行うことができる。
5.自主的、継続的に学習することができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1技術が社会に及ぼす影響・効果、技術者が社会に対して負っている責任を理解できる。技術が社会に及ぼす影響・効果、技術者が社会に対して負っている責任をある程度理解できる。技術が社会に及ぼす影響・効果、技術者が社会に対して負っている責任を理解できない。
評価項目2実験などを計画・遂行し、その結果を解析し、工学的に考察することができる。実験などを計画・遂行し、その結果を解析し、工学的に考察することがある程度できる。実験などを計画・遂行し、その結果を解析し、工学的に考察することができない。
評価項目3該当分野の専門技術に関する知識を得て、それらを問題解決に応用することができる。該当分野の専門技術に関する知識を得て、それらを問題解決に応用することがある程度できる。該当分野の専門技術に関する知識を得て、それらを問題解決に応用することができない。
評価項目4日本語による論理的な記述を行ったり、口頭発表や討議などを行うことができる。日本語による論理的な記述を行ったり、口頭発表や討議などを行うことがある程度できる。日本語による論理的な記述を行ったり、口頭発表や討議などを行うことができない。
評価項目5自主的、継続的に学習することができる。自主的、継続的に学習することがある程度できる。自主的、継続的に学習することができない。

学科の到達目標項目との関係

JABEE G 説明 閉じる

教育方法等

概要:
本学科と専攻科で学んだ工学的知識や技術が、実践的にどの程度応用できるかを、企業等におけるインターンシップで経験し、実践的技術者としての資質を高めることを目的とする。各学生は企業からの評価を受け、その結果を参考にして、学生の自己啓発および専攻科の教育改善を促す。
実務経験のある教員による授業科目:この科目は、実務を行っている企業の担当者が、その経験を活かして行う授業である。
授業の進め方と授業内容・方法:
提示したインターンシップ受け入れ機関の中から、学生の希望と諸条件を考慮して、配属先の引き受け機関を決定する。実施時期は休業期間中の3週間以上を原則とする。企業や研究機関などにおいて実際の業務に従事する。担当教員は、学生の状況を把握するとともに、実施機関の引き受け責任者と連絡を密にする。学生は、インターンシップ終了後に報告書及び実施機関の引き受け責任者が記入・封印した評定書を提出する。
注意点:
複数のインターンシップ関連教員により次の割合で成績評価を行う。報告書20%、実施機関の評定書40%、報告会40%として総合的に成績評価を行う。具体的な評価項目、配点および評価基準については別途定める。
評価基準:60点以上を合格とする。
再試験は行わない。
令和3年度は開講しない 個別の実施については、担当教員に事前に相談すること。

授業の属性・履修上の区分

アクティブラーニング
ICT 利用
遠隔授業対応
実務経験のある教員による授業

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1stQ
1週 企業での業務による
2週 企業での業務による
3週 企業での業務による
4週 企業での業務による
5週 企業での業務による
6週 企業での業務による
7週 企業での業務による
8週 企業での業務による
2ndQ
9週 企業での業務による
10週 企業での業務による
11週 企業での業務による
12週 企業での業務による
13週 企業での業務による
14週 企業での業務による
15週 企業での業務による
16週
後期
3rdQ
1週
2週
3週
4週
5週
6週
7週
8週
4thQ
9週
10週
11週
12週
13週
14週
15週
16週

モデルコアカリキュラムの学習内容と到達目標

分類分野学習内容学習内容の到達目標到達レベル授業週
分野横断的能力総合的な学習経験と創造的思考力総合的な学習経験と創造的思考力総合的な学習経験と創造的思考力工学的な課題を論理的・合理的な方法で明確化できる。5前1
公衆の健康、安全、文化、社会、環境への影響などの多様な観点から課題解決のために配慮すべきことを認識している。5前1

評価割合

報告書実施機関の評定書報告会態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合204040000100
基礎的能力0000000
専門的能力204040000100
分野横断的能力0000000