日本語コミュニケーションⅡ

科目基礎情報

学校 有明工業高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 日本語コミュニケーションⅡ
科目番号 0015 科目区分 一般 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 機械工学科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 1
教科書/教材 『日本語コミュニケーション講義録・演習レポート集 2017焼山 廣志著(有明高専オリジナルテキスト)参考書:『ホンモノの文章力 自分を売り込む技術』 樋口祐一 (集英社新書)
担当教員 焼山 廣志

到達目標

1.書く前に必要なこと、書く時に必要なこと、書いた後に必要な事を具体的に示した文章作成の基本的知識を習得し、実践できる。
2.日常会話の基本的な表現技術 に(2)については手紙文の演習(3)については日常生活で求められる敬語の使い方を学びそれを実践応用できる。
3.自分の意見を述べるプレゼンテーション能力が身につきそれを実践できる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1書く前に必要なこと、書く時に必要なこと、書いた後に必要な事を具体的に示した文章作成の基本的知識の習得が的確にできている。書く前に必要なこと、書く時に必要なこと、書いた後に必要な事を具体的に示した文章作成の基本的知識の習得ができている書く前に必要なこと、書く時に必要なこと、書いた後に必要な事を具体的に示した文章作成の基本的知識の習得ができていない
評価項目2日常会話の基本的な表現技術が的確にできている日常会話の基本的な表現技術が習得できている・日常会話の基本的な表現技術が習得できていない
評価項目3自分の意見を述べるプレゼンテーション能力が身につきそれを的確に実践できる。自分の意見を述べるプレゼンテーション能力が身につきそれを実践できる。自分の意見を述べるプレゼンテーション能力が身につきそれを実践できない。

学科の到達目標項目との関係

学習教育到達目標 A-1, 学習教育到達目標 A-3

教育方法等

概要:
1・2・3年次で学習した「日本語表現」を更に発展させ、さらに4年次前期で学習した「日本語コミュニケーションⅠ」の基礎知識を生かして日本語を的確に理解し適切に表現する能力を養うとともに自己表現能力を伸ばし他人に日本語で正確に自己の思考内容を伝達出来る能力を習得出来るようにする。
授業の進め方と授業内容・方法:
適切かつ円滑に読解・表現ができること. <A-3(f):適切かつ円滑に読解・表現ができること>という教育目標を達成するためにさらに学習目標を細分化・具体化したものをいかに列記する。具体的には、「本科・専攻科7年間を通した学生の日本語文章能力の向上プログラム」(平成17年度 採択プログラム)の実践科目の一つとして実施する。その概要は 
①自己PR文書・エントリーシート書き方の理解と演習〈応用編)により客観的な自己表現の能力を習得する。
②手紙文の書き方・葉書の書き方
の理解と演習〈応用編)により主観的な自己表現の能力を習得する。
③小論文の書き方を演習することにより自己の考えを論理的に述べる能力を習得する。
すなわち他者の発信した情報や意見を理解し、自らの情報や意見を他者に伝える能力を身につけること。 <A-3(f):適切かつ円滑に読解・表現ができること>という教育目標を達成するために次の事柄の理解と習得の程度を評価する。.
○自己PR文書・エントリーシート書き方の理解と演習〈応用編)
○手紙文の書き方・葉書の書き方の理解と演習〈応用編)
それらを各演習課題のレポート成績及び学期末の試験問題成績で総合評価する。
注意点:
漢字検定試験準2級程度の語彙力
セミナー室で演習できる【定員20名】を受講者最大人数に限定して実施する。したがって
希望者が多い場合は抽選等により受講者の選別を行う。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 授業ガイダンス・受講上の留意点 授業の概要 留意点が理解できる。
2週 文章を書く(1) 履歴書の書き方(1)【復習】【個人別添削指導】が理解できる
3週 文章を書く(2) エントリシートの書き方(2) 【応用①】【個人別添削指導】が理解できる
4週 文章を書く(3) エントリーシートの書き方 【応用②】 【個人別添削指導】・【個人面談・清書が理解できる
5週 文章を書く(4) 手紙の書き方の基礎(1) が理解できる
6週 文章を書く(5) 手紙の書き方 実践編(1)が理解できる
7週 文章を書く(6) 手紙の書き方 実践編(1) 【学生相互評価】【個人別添削指導】が理解できる
8週 文章を書く(7) 手紙の書き方 実践編(2) が理解できる
9週 文章を書く(8) 手紙の書き方 実践編(2)【学生相互評価】【個人別添削指導】が理解できる
10週 文章を書く(9) 手紙の書き方 実践編(3)が理解できる
11週 文章を書く(10) 手紙の書き方 実践編(3)【学生相互評価】【個人別添削指導】が理解できる
12週 文章を書く(11) 手紙の書き方 実践編(3) 【個人別面接指導】【清書・個別添削指導】②が理解できる
13週 文章を書く(12) 敬語の使い方 概論説明が理解できる
14週 文章を書く(13) 敬語の使い方[実践問題 演習編]が理解できる
15週 期末試験
16週 テスト返却と解説 解説を聞き、理解不足の知識を補う事が出来る

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合2535001525100
基礎的能力25000152565
専門的能力0000000
分野横断的能力035000035