英語演習Ⅱ

科目基礎情報

学校 有明工業高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 英語演習Ⅱ
科目番号 0019 科目区分 一般 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 1
開設学科 機械工学科 対象学年 4
開設期 後期 週時間数 1
教科書/教材 For and Against 〜Expressing opinions and exchanging ideas〜; Gillian Flahert, Seibido.
担当教員 阿嘉 奈月

到達目標

1.基本的な英作文の構成や書き方について理解することができる。
2.自分の考えをまとめながら、英作文を完成することができる。
3.ディスカッションを通して、相手に自分の意見を伝えることができる。

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1与えられた読み物の概要を捉えて、さらに、賛成・反対の意見を理解することができる。与えられた読み物の概要を捉えることができる。与えられた読み物の概要を理解できない。
評価項目2英作文の基本的な書き方を理解し、英作文を書くことができる。英作文の基本的な書き方について理解することができる。英作文の書き方を理解していない。
評価項目3相手の意見を尊重しながら、自分の立場を明確にし、英語で意見を述べることができる。自分の立場を明確にし、英語で意見を述べることができる。英語で意見を述べることができない。

学科の到達目標項目との関係

学習教育到達目標 A-1, 学習教育到達目標 A-3

教育方法等

概要:
この講義では、英語でのグループディスカッションを通して、コミュニケーション能力の育成を目標とする。週ごとに与えられるトピックの問題点や課題点について理解を深めながら、自分の立場を明確にし、英語で意見を伝える能力を身につける。ディスカッションへ積極的に参加するためには、授業参加前に課題(読み物・英作文)を終わらせて、授業に臨む必要がある。英作文の書き方やディスカッションの進め方を学ぶことで、英語独特の文章構成や表現方法などについて理解を深めることができる。
授業の進め方と授業内容・方法:
グループワーク中心
注意点:
・ 授業前に与えられた課題を終わらせて授業へ参加する。
・ 期限を守り課題を提出する。
・ 図書館でのマナーを守り、グループワークを行う。

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
後期
1週 オリエンテーション ・英作文の書き方について理解ができる。
・ディスカッションの方法について理解する。
2週 1.The Internet “Is it a good way to meet people?” について自分の立場を明確にし、意見を述べることができる。
3週 2.NEETs “Are they a serious problem?” について自分の立場を明確にし、意見を述べることができる。
4週 3.Fashion “Do young people spend too much time and money on fashion?” について自分の立場を明確にし、意見を述べることができる。
5週 4.Environment “Should we continue to use nuclear energy?” について自分の立場を明確にし、意見を述べることができる。
6週 5.International marriage “Is it a good thing?” について自分の立場を明確にし、意見を述べることができる。
7週 6.Junk Food “Is it becoming a serious problem?” について自分の立場を明確にし、意見を述べることができる。
8週 7.Paternity Leave “Should men take paternity leave?” について自分の立場を明確にし、意見を述べることができる。
9週 8.Depopulation “Should we accept more foreigners?” について自分の立場を明確にし、意見を述べることができる。
10週 9.Examinations “Are they the best form of assessment?” について自分の立場を明確にし、意見を述べることができる。
11週 10.Animal Testing “Should it be allowed?” について自分の立場を明確にし、意見を述べることができる。
12週 11.Temporary Workers “Should we do more to reduce the number of temporary workers?” について自分の立場を明確にし、意見を述べることができる。
13週 12.Robot Care Should robots take care of the elderly and the sick? について自分の立場を明確にし、意見を述べることができる。
14週 13. Do you need to go to college to be successful? Do you need to go to college to be successful? について自分の立場を明確にし、意見を述べることができる。
15週 学年末試験
16週 テスト返却と解説

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合204000400100
基礎的能力200000020
専門的能力0000000
分野横断的能力0400040080