機械基礎製図

科目基礎情報

学校 有明工業高等専門学校 開講年度 平成29年度 (2017年度)
授業科目 機械基礎製図
科目番号 0026 科目区分 専門 / 必修
授業形態 授業 単位の種別と単位数 履修単位: 3
開設学科 機械工学科 対象学年 3
開設期 通年 週時間数 2
教科書/教材 機械製図(実教出版)
担当教員 明石 剛二

到達目標

1.製品のスケッチおよび製図ができる
2.公差と表面性状の意味を理解し,図示することができる
3.3DCADシステムの基本機能を理解し,利用できる

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安(可)未到達レベルの目安
評価項目1図面の役割を理解し,ものづくりに適した製品のスケッチおよび製図ができる製品のスケッチおよび製図ができる製品のスケッチおよび製図ができない
評価項目2公差と表面性状に対して機能・製作工程を考慮した図面指示ができる公差と表面性状に対して簡単な図面指示ができる公差と表面性状に対して簡単な図面指示ができない
評価項目3CADを用いて複雑な形状のモデリングができるCADを用いて単純形状のモデリングができるCADを用いて単純形状のモデリングができない

学科の到達目標項目との関係

 学習教育到達目標 B-3

教育方法等

概要:
前期]スケッチおよび製図
本科目の目的は,2 年次の機械基礎製図で習得した読図・製図の能力をさらに深化させ,また1~2 年次の機械基礎実習で得られた機械製作に関する知見を用いて,実際の製作に使うことのできるレベルの図面を描けるようになることである.また,単に図面を描くだけでなく,寸法や公差,表面性状の決め方についても学ぶ.これは,4~5 年次の機械基礎設計を行う前に習得する必要があるものである.
[後期]3DCAD演習
産業界では製品開発のスタイルが大きく変わってきており,製品のデザイン検討から設計、解析、試作、製作まで,3次元化と言う一つのキーワードのもと,一貫した開発スタイルが取られるようになってきた.それを可能にしたツールが3DCADである.従って,今後の実践的機械技術者としては,これまで学んできた製図、読図、写図ができる能力や技術に加え、3DCADを用いた基本的な操作や設計ができる能力や技術が不可欠である.そこで本講義の後期を3DCADの実習にあて,3次元的なものの見方や考え方を養う.
(1).基本操作演習 3DCAD上でのモデルの定義の仕方や2次元モデルから3次元モデルへの拡張方法,組み立て,2次元図面への変換の基本について.
(2).部品作成演習 基本操作方法をベースにいろいろな部品を対象として3次元モデルの製作,編集方法を習得する.
授業の進め方と授業内容・方法:
[前期]スケッチに入る前に,すでに作成されている組立図から部品図を起こす練習を行った後に与えられた製品のスケッチをし,公差等を含んだ図面の作成を行う.
[後期]3DCAD を用いて,部品の三次元モデルを作成する基本操作方法を習得し後に作成した部品を組み立ててアセンブリモデルを作成する応用操作方法を習得する.使用ソフトはSolidworks とする.
注意点:
2年次の機械基礎製図の復習および1,2年次の機械基礎実習で得られた知識を図面作成時に取り入れるようにする.

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 前期の講義目的と内容 前期の講義目的が理解できる
2週 組立図のバラシ(1) 組立図から部品図を作ることができる
3週 組立図のバラシ(2) 組立図から部品図を作ることができる
4週 組立図のバラシ(3) 組立図から部品図を作ることができる
5週 スケッチ(1) 部品の寸法を測定しスケッチができる
6週 スケッチ(2) 部品の寸法を測定しスケッチができる
7週 スケッチ(3) 部品の寸法を測定しスケッチができる
8週 製図(1) スケッチをもとに製図ができる
9週 製図(2) スケッチをもとに製図ができる
10週 製図(3) スケッチをもとに製図ができる
11週 製図(4) スケッチをもとに製図ができる
12週 製図(5) スケッチをもとに製図ができる
13週 投影とイラストレーション(1) イラストレーションの手法が理解できる
14週 投影とイラストレーション(2) イラストレーションの手法が理解できる
15週 投影とイラストレーション(3) イラストレーションの手法が理解できる
16週
後期
1週 3DCADの基本操作(1) 3DCADの基本操作ができる
2週 3DCADの基本操作(2) 3DCADの基本操作ができる
3週 3DCADの基本操作(3) 3DCADの基本操作ができる
4週 3DCADの基本操作(4) 3DCADの基本操作ができる
5週 3DCADの基本操作(5) 3DCADの基本操作ができる
6週 3DCADの基本操作(6) 3DCADの基本操作ができる
7週 3DCADの応用操作(1) 3DCADの応用操作ができる
8週 3DCADの応用操作(2) 3DCADの応用操作ができる
9週 3DCADの応用操作(3) 3DCADの応用操作ができる
10週 3Dモデルの作成(1) 3DCADにおけるアセンブリを含めたモデリングができる
11週 3Dモデルの作成(2) 3DCADにおけるアセンブリを含めたモデリングができる
12週 3Dモデルの作成(3) 3DCADにおけるアセンブリを含めたモデリングができる
13週 3Dモデルの作成(4) 3DCADにおけるアセンブリを含めたモデリングができる
14週 3Dモデルを用いた解析 モデルを用いた解析ができる
15週 3Dモデルを用いた解析 モデルを用いた解析ができる
16週

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合00001000100
基礎的能力0000000
専門的能力00001000100
分野横断的能力0000000