工業英語

科目基礎情報

学校 有明工業高等専門学校 開講年度 平成31年度 (2019年度)
授業科目 工業英語
科目番号 0080 科目区分 専門 / 選択
授業形態 授業 単位の種別と単位数 学修単位: 1
開設学科 機械工学科 対象学年 5
開設期 前期 週時間数 1
教科書/教材 配布資料(参考資料:機械を説明する英語;野澤義延/工業調査会 他)
担当教員 篠崎 烈

到達目標

1.これまでに学習した技術用語を理解し,適切な英語による理解ができる.
2.専門分野に関する外国語の技術的な文章を読解して,内容を理解することができる.
3.技術的内容の説明を,英語で技術用語を交えながら行なうことができる.

ルーブリック

理想的な到達レベルの目安標準的な到達レベルの目安未到達レベルの目安
評価項目1技術的な用語について,英語による表記や理解が的確にできる.技術的な用語を知り,英語を交えた表記ができる.技術的用語の知識を有しておらず,英語表現ができない.
評価項目2専門分野の文章を読解でき,技術用語を入れて的確に説明できる.専門用語以外の文章の理解ができ,概要を説明できる.専門用語を含めた文章が理解できず,説明できない.
評価項目3説明したい事柄を,技術用語を用いて英語で適切に説明できる.説明する事柄を,技術英語を用いた表現で考えることができる.説明する内容を理解できず,英語による表現ができない.

学科の到達目標項目との関係

学習・教育到達度目標 A-3, 学習・教育到達度目標 B-2

教育方法等

概要:
各時間の講義で内容を説明し,講義内で内容をまとめて提出する.
グループワークを通して各自の知識を共有し,それをまとめることで,個人の知識と能力の向上を図る.
授業の進め方と授業内容・方法:
配布されたレポートについて講義時間内で内容を理解する.日頃の積み重ねも含めて,復習を中心とした勉強を行なう.
グループワークおよび個人学習による講義を実施する.
注意点:
技術用語は辞書にない場合が多いので,一般英語は十分に理解しておく.

授業計画

授業内容・方法 週ごとの到達目標
前期
1週 ガイダンスと基礎説明 講義の概要と基礎内容を理解できる.
2週 技術表現1 英語の技術用語を用い,内容を説明できる.
3週 技術表現2 英語の技術用語を用い,内容を説明できる.
4週 専門分野の英語表記 数字,数式に関する英語表記ができる.
5週 技術表現3 英語の技術用語を用い,内容を説明できる.
6週 技術表現4 英語の技術用語を用い,内容を説明できる.
7週 専門分野の英語表記 数字,数式に関する英語表記ができる.
8週 上記内容のまとめ 技術用語,技術文章を理解して表現できる.
9週 技術文章の読解1 英語による技術用語を理解し,読解できる.
10週 技術文章の読解2 英語による技術用語を理解し,読解できる.
11週 技術文章の読解3 英語による技術用語を理解し,読解できる.
12週 技術文章の読解4 英語による技術用語を理解し,読解できる.
13週 技術文章の基礎1 英語技術文章のタイトルを表現できる.
14週 技術文章の基礎2 英語技術文章を考えて,表現できる.
15週 期末試験
16週 テスト返却と解説

評価割合

試験発表相互評価態度ポートフォリオその他合計
総合評価割合70000300100
基礎的能力2000010030
専門的能力4000020060
分野横断的能力100000010